この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
日本コロムビア株式会社

日本コロムビア株式会社(本社︓東京都港区、代表取締役社長 阿部三代松)は、『リラックマ』や 『すみっコぐらし』など数々の人気キャラクターを生み出しているサンエックス株式会社(本社︓東京都千代田区、代表取締役社長 千田洋史)と共同で制作したキャラクターコンテンツ 『げっし~ず』の、ゲームシリーズ第3弾となる新作 『げっし~ず みんなでちょこまか村づくり』を、Nintendo Switchにて、2022年8月4日(木)に発売することを決定いたしましたので、お知らせいたします。


本ソフト 『げっし~ず みんなでちょこまか村づくり』は、遠い遠いどこかの森の中で暮らしている小さな仲間たち“げっし~ず”が、力を合わせて理想の村を作っていくことに、プレイヤーが協力していく、ハートウォーミングなシミュレーションゲームです。みんながのんびり暮らしているげっし~ずの森に、ある日、新しい仲間“ちんちら”がやってきて、「みんなでステキな村をつくろう!」と仲間を巻き込んでいきます。
プレイヤーは、村づくりを頑張るげっし~ずたちに食事を作ってあげたり、畑や家などの施設を作ってあげたり、効率よく作業できるように指示してあげる役目を担います。

【ゲーム概要】
◇ オリジナルな村づくりが楽しい!
ゲームは、げっし~ずが住む森に、“ちんちら”がやってくるところから始まります。
プレイヤーは、彼らの様子を見守りながら、畑や家を自由に配置したり、いろいろなお仕事を割り振ったり、さまざまなお世話をすることで協力します。


◇ げっし~ずのお世話が楽しい!
げっし~ずは、プレイヤーが指示してあげることで、お仕事をしたりご飯を食べたり、工作をしたりします。それぞれ得意不得意があったり、好き嫌いがあったりするので、工夫をしてお世話すると、村づくりが進みます。
また、お仕事に頑張っていたり、みんなで仲良くご飯を食べる様子がとても可愛く、見ているだけで癒されます。


◇ いろんなアイテム集めが楽しい!
げっし~ずが集めてきた材料などを使うと、いろいろなものが作れるようになります。さらに、作ったものを販売して、村で手に入らないものを買うこともできます。
作ったアクセサリーは、げっし~ずに付けてあげることができ、施設を作れば、その施設で新しい活動ができるようになります。


◇ パズルを遊んでしあわせポイントを貯めてアイテムを手に入れよう !
げっし~ずに何かさせるように指示すると、彼らの活動を待つ 「待ち時間」が必要になります。その間に、フィールドに施設を設置したり、新しいレシピで食べ物を作ったりできますが、さらに 「パズルゲーム」を遊ぶことで 「しあわせポイント」をゲットすることができます。

パズルゲームを遊ぶごとにもらえる「しあわせポイント」を、森の中にある「しあわせの木」にお供えすると、すてきなアイテムを手に入れることができます。

◇ 個性豊かなげっし~ずに新しい仲間が登場!
本作から、げっし~ずに、新しい仲間「ちんちら」が加わりました。
真っ白で真ん丸なボディに、大きなしっぽが特徴。なんでも作ることが大好き!
おねだり上手で、みんなを村づくりに巻き込んでいきます。

【応募者全員プレゼントキャンペーン】
本ソフトの発売を記念して、期間限定の応募者全員プレゼントキャンペーンを実施いたします。

ここでしか手に入らない、特製「ちんちらのぬいぐるみ」がもらえるチャンスです。ぜひ、応募期間内(2022年8月4日木曜日~2022年8月22日月曜日:最終日消印有効)にお買い求め頂き、奮ってご応募してください!

【商品概要】
■タイトル名 ︓げっし~ず みんなでちょこまか村づくり
■ジャンル ︓村づくりシミュレーション
■対応機種 ︓Nintendo Switch
■プレイモート゛/人数 ︓TVモード/1人、テーブルモード/1人、携帯モード/1人
■発売予定 ︓2022年8月4日(木)
■価 格 ︓5,280円(税抜価格4,800円)
■ゲームコード ︓HAC-P-A724A
■JANコード ︓4549767155043
■CERO ︓審査予定
■コピーライト ︓(C)2022 San-X Co., Ltd. / NIPPON COLUMBIA CO., LTD.


《日本コロムビアについて》
会社名︓日本コロムビア株式会社
所在地:東京都港区南青山6-10-12 フェイス南青山
代表者︓代表取締役社長 阿部三代松
事業内容︓ミュージックソフト、ゲームソフト等の制作、宣伝、販売および
音楽アーティストのマネジメント
URL︓http://columbia.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ