この記事はPR TIMESからの提供を受けています。記事内容についてはPR TIMESへ、記事で紹介している商品・サービスに関する詳細は発売・配信元のメーカーへお問い合わせください。
株式会社講談社

漫画家、イラストレーター、映像監督、シナリオライターなどのジャンルにとらわれず、世界的なタイトルを次々に生み出す創作者である大友克洋氏。自身が企画、時代順に全作品をまとめた全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の第一期・第一回配本が、本日2冊同時刊行開始となります。
※地域により発売日に遅れが生じることがあります。

第一回配本は、既存の漫画表現のレベルを一挙にアップデートし、漫画を革新したとうたわれる『童夢』(第8巻・漫画)。
そして、1988年に劇場公開され、漫画の域を超えてアニメの世界までも革新したアニメ映画版の設計図であり、大友氏が漫画連載と並行しつつ描き上げた絵コンテ集『Animation AKIRA Storyboards 1』(第21巻・アニメ映画『AKIRA』絵コンテ集 第1巻)の2冊です。



漫画、アニメと異なるジャンルにわたる注目の同時刊行となります。 本日発売日を迎え、これまで秘されていた、大友氏デザインの表紙を解禁いたします。

さらに、リアルな「本」にこだわるという大友氏のコンセプトが生かされた実物は、その素材などにも工夫が凝らされています。

ぜひ書店店頭などで、実物をお確かめください。


「OTOMO THE COMPLETE WORKS」概要

日本から世界中に衝撃をもたらした『AKIRA』をはじめとする、まったく新しい表現方法を生み出した大友克洋氏。その表現の模索の集積は、一人の作家のパーソナルな仕事集というだけでなく、1970年代から現代までの漫画、アニメ、映像までをも含む、現代文化の冒険を愉しめる作品集と言えます。ご期待ください。

◆第1期ラインナップ(刊行予定)
・第1回配本(2022年1月21日)
第8巻『童夢』(漫画)
第21巻『Animation AKIRA Storyboards 1』(アニメ映画『AKIRA』絵コンテ集 第1巻)

・第2回配本(20221年3月予定)
第2巻『BOOGIE WOOGIE WALTZ』(漫画)
第22巻『Animation AKIRA Storyboards 2』(アニメ映画『AKIRA』絵コンテ集 第2巻)

・第3回配本(2022年5月予定)
第3巻『ハイウェイスター』(漫画)
第25巻『Scripts 1』(シナリオ集 第1巻)

・第4回配本(2022年7月予定)
第20巻『Animation AKIRA』(映像Disc付き書籍)
第4巻『さよならにっぽん』(漫画)

・第5回配本(2022年9月予定)
第5巻『Fire-Ball』(漫画)
第35巻『The Live Action 蟲師』(映像Disc付き書籍)

・第6回配本(2022年11月予定)
第1巻『銃声』(漫画)

※第2期以降の続巻は随時発表予定となります。

◆基本情報
〈判型〉
B5判変型サイズ

〈税込定価〉
第1回配本=第8巻『童夢』 2,970円/第21巻『Animation AKIRA Storyboards 1』 4,400円 
第2回配本(予約受付中)=第2巻『BOOGIE WOOGIE WALTZ』 3,190円/第22巻『Animation AKIRA Storyboards 2』 4,400円
※以降、各巻予約開始時(刊行月の約2ヵ月前ごろ)に定価を告知いたします。

〈第1期全巻購入特典〉
・「大友克洋オリジナルデザイン 全集特製Tシャツ」(第1期全11巻に応募券封入)
・各巻ごとに異なる初版限定「大友克洋デザインステッカー」封入
・巻末に大友氏自身の解説入りのタイトルもあり

◆全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の詳細は、ホームページ等をご覧ください。
ホームページ https://otomo-complete.com
Twitter @otomo_zenshu
Instagram @otomo_zenshu
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ