株式会社ビーズインターナショナル

1994年にSONIC YOUTH(ソニック・ユース)のKIM GORDON(キム・ゴードン)と、友人のDAISY VON FURTH(デイジー・ヴォン・ファース)が立ち上げ、創業以来“REAL GIRL’S CLOTHING”をテーマに、ベーシックで飽きのこないアイテムを提案し続けるレディース ストリート ウエア ブランド「X-girl(エックスガール)」。

X-girlは日本が世界に誇るホラー漫画の第一人者で、「漂流教室」「まことちゃん」「わたしは真悟」「14歳」など著名な作品を世に送り出してきた、楳図かずお氏の「楳図かずお大美術展」開催を記念し、コラボレーションコレクションを1/21(金)より発売いたします。

美術展で初公開となる新作「ZOKU-SHINGO 小さなロボット シンゴ美術館」のワンシーンを使用したものや、「わたしは真悟」の扉絵を使用したもの、楳図かずお氏がX-girlのために描き下ろしたグラフィックの計3デザインのTシャツを展開いたします。



X-girl × UMEZZ THE GREAT ART EXHIBITION S/S TEE ¥5,500(税込)



X-girl × UMEZZ MY NAME IS SHINGO S/S TEE ¥5,500(税込)



X-girl × UMEZZ FACE S/S TEE ¥5,500(税込)

【X-girl × 楳図かずお】
発売日:1/21(金)
販売店舗:X-girl store、X-girl 大阪、X-girl 名古屋、X-girl 福岡、オンラインストア
◇X-girl stores https://x-girl.jp/stores/
◇X-girlオフィシャルオンラインストア「calif」https://calif.cc/pages/xgirl

【楳図かずお】
「別世界」「森の兄妹」をトモブック社から単行本で出版し、デビュー。「へび少女」「猫目小僧」などのヒット作により、“ホラーまんがの神様”と呼ばれる。「漂流教室」で小学館漫画賞受賞。一方、「まことちゃん」でギャグの才能も発揮。作中のギャグ、“グワシ”は社会現象となった。この他、「おろち」「洗礼」「わたしは真悟」「神の左手悪魔の右手」「14歳」など、数多くのヒット作を生み出す。

【楳図かずお大美術展】
楳図かずお氏の「比類なき芸術性」に焦点を当て、代表作を通じて気鋭のアーティストらとともに「楳図かずおの世界」を表現する、今までにない展覧会。4年の期間を費やした、27年ぶりの新作「ZOKU-SHINGO小さなロボット シンゴ美術館」を原画101点の連作絵画として初公開いたします。
会期:1/28(金)~3/25(金)
会場:東京シティビュー(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階)
公式サイト:【展覧会公式ポータルサイト】https://umezz-art.jp
【東京会場公式サイト】https://umezz.roppongihills.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ