株式会社NOKID
株式会社NOKID(本社:東京都八王子市、代表取締役 浜村 涼輔)は、アニメーション制作・チャンネル運用を行う「voiPic-ボイピク (https://nokid.jp/voipic/)」より、アニメーション制作とYouTube運用で培った制作・運用のノウハウを活かした「TikTokアニメ(https://nokid.jp/voipic/tiktok/)」の制作・運用サービスの提供を開始しました。voiPicは年間700件以上のアニメーションを制作する制作リソースとTikTokに適した企画立案力によって、商品・サービスの認知・購買やキャラクターIPのファン獲得を促します。


■TikTokアニメ提供の背景
年々、YouTubeショートやTikTokを利用したショートアニメの需要が高まりつつあります。voiPicは、1200名以上のクリエイターコミュニティとYouTube運用で培ったアニメーション運用のノウハウの活用により、制作費を安価に抑えながら長期的にファンを獲得するショートアニメの制作・配信ができる体制を構築しました。※共同でサービスを展開いただける代理手・パートナー企業様も募集しております。

■TikTokアニメとは?
TikTokアニメは10代、20代を中心に広まり新たな流行を生み出す動画投稿型SNSアプリ「TikTok」で展開するショートアニメーションです。TikTokは利用するユーザー数に対して、プロモーションやブランディングで導入する企業がまだまだ少なく、競合優位性を得やすい領域です。キャラクターを活用したTikTokアニメであれば、撮影コストを抑えて安価にキャラクターや作品によってファンを獲得しつつ、メディアミックスやコラボレーションなど幅広い展開が可能となります。

■TikTokアニメ運用のメリット
【 撮影場所や出演者の調整が必要なく自由なコンテンツの制作が可能 】


人物が登場する動画は撮影する場所や出演者を調整する手間とコストが発生するため、時間、場所、出演者の制限が発生しますが、アニメーションは比較的自由な表現で制作できるため、幅広い表現によって視聴者に伝えられます。



【 キャラクター中心のコンテンツのためIP展開が容易 】


作品やキャラクターのファンが増えればメディアミックスやタイアップ、グッズ化などによるリターンが得られます。またTikTokは閲覧して消費行動に結びつきやすいためヒットコンテンツが生まれやすい傾向があります。



【 一般的なアニメーションよりも安価に制作が可能 】


TikTokアニメは30秒~3分のショートアニメを制作するため、1本あたりの製作費を抑えつつ投稿本数を担保した運用が可能です。アニメーションの表現方法などにより金額は異なりますが、予算が少ない場合の制作、運用にも対応できます。



■voiPicが展開するTikTokアニメ
「SCP アニメーションズ From Japan」 共同創作コミュニティサイト「SCP財団」の記事をアニメ化し紹介するアニメーションチャンネルです。


作品URL:https://www.tiktok.com/@scp_animations_fromjapan/video/7019542340478045441

▼「SCP アニメーションズ From Japan」チャンネルURL
https://www.tiktok.com/@scp_animations_fromjapan https://www.youtube.com/channel/UCGzXUlx8mai4wq7YitIMqyQ

※「SCP アニメーションズ From Japan」の二次創作は コミュニティサイトSCP財団が提示するクリエイティブコモンズ BY-SA 3.0に従って作られています。 http://scp-jp.wikidot.com/licensing-guide





■株式会社NOKIDとは?
NOKID(ノーキッド)は既存の概念をクリエイティブの力で変革し、 クリエイターにとって居心地の良い世の中を作るため「NO KIDDING」なアイディアを探し続けます。 クリエイターのために「安定して創作できる場所」「しっかり生活していける力」「新しい知識を学べる環境」を作ることで、 クリエイターが正当に評価され、 最高のパフォーマンスを発揮できる世の中をめざします。

株式会社NOKIDへのTikTokアニメ運用のご依頼・お見積もりはこちら
https://nokid.jp/contact


■会社概要
会社名:株式会社NOKID
所在地:東京都八王子市明神町3-20-5 エイトビル3階
代表者:浜村 涼輔
設立:2020年5月8日
URL:https://nokid.jp/
事業内容:主たる事業はアニメーション企画・制作、マーケティング施策提案、運用支援等。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ