株式会社講談社
講談社ゲームクリエイターズラボによるサポートが決定。 詳細は11月6日(土)のINDIE Live Expo Winter 2021にて発表! Kodansha Game Creators Lab will be supporting the project. Further details will be announced at the INDIE Live Expo Winter 2021 on Saturday, November 6th.


【日本語】
講談社ゲームクリエイターズラボ(以下GCL)は、「年間1000万円支給しますから、好きなゲームを作りませんか?」でおなじみのインディゲームクリエイター支援プロジェクトです。
この度、『ペルソナ』シリーズや『真・女神転生』シリーズの作曲家・ディレクターとして知られる
目黒将司氏のサポートを、講談社ゲームクリエイターズラボが行うことになりました。
目黒氏は「Megarock」というペンネームで、5年ほど前からUE4(アンリアルエンジン4)を使ったゲームをたった一人で制作。その作品を昨年9月のGCL第1期募集に応募され、最終面接まで進みました。第1期生には選ばれませんでしたが、特別賞として50万円を提供しました。
その後のやり取りを経て、講談社からGCL第1期生とは別枠で
さらなるサポートをさせていただくことになりました。
制作中のゲームの概要は、2021年11月6日(土)に開催される
INDIE Live Expo Winter 2021にて発表されます。
目黒氏の生み出すゲーム、そして講談社ゲームクリエイターズラボの今後にどうぞご期待ください。

INDIE Live Expo Winter 2021:11月6日(土)16:00~
HP:https://indie.live-expo.games
Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpo


<目黒将司氏からのメッセージ>

こんにちは。目黒将司です。
突然ではございますが、
私、目黒将司は令和3年9月末日をもって株式会社アトラスを退社いたしました。
5年ほど前からプライベートの時間を使って一人でロールプレイングゲームを作っていたのですが、
昨年、講談社ゲームクリエイターズラボ第1期募集に応募したところ、最終選考まで残ることができ、
講談社の担当編集者についていただくことになりました。
そこで、思い切って株式会社アトラスを退社し、夢であったインディゲーム開発に注力することにいたしました。
とはいえ、アトラス社とは今後も良好な関係を継続していきます。
自分自身のインディゲームの開発に注力しつつ、アトラス社でのゲーム音楽の仕事も続けていく予定です。
突然の発表にご心配いただいた方は、ご安心いただければと思います。
最後に、私のわがままを聞いていただいた株式会社アトラス、私の挑戦を許してくれた家族、
そして私に挑戦のチャンスを与えてくださった講談社には大変感謝しております。
今後は目黒将司の音楽と共に、
制作中のゲームにもご期待いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

2021年10月27日(水) 目黒将司(https://twitter.com/s_megarock

目黒将司氏 メッセージ動画はこちら↓






≪本記事に関連して紹介された記事≫

『カイジ』を担当したベテラン編集者が語る、編集の極意。ゲームの話を聞きに行ったら、講談社111年の歴史に触れることになった (出展:電ファミニコゲーマー)
https://news.denfaminicogamer.jp/interview/102023c

講談社のインディーゲーム紹介番組「あなプレ!」2021年10月からYouTubeで配信へ。番組で紹介する作品の自薦応募受付もスタート (出展:電ファミニコゲーマー)
https://news.denfaminicogamer.jp/news/210719l

「講談社ゲームクリエイターズラボ」第1期メンバー7組が発表。年間1000万円が支給される、インディーゲーム支援プロジェクト(出展:AUTOMATON)
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210215-152089


【講談社クリエイターズラボ】
2021年6月に講談社第四事業局内に新設された部署。
「すべてはクリエイターのために」をスローガンに掲げ、
1.「DAYS NEO」などの投稿サイトの運営
2.インディーゲームクリエイター支援プロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」の運営
3.世界最大のクリエイター向けクラウドファンディングサイト「Kickstarter」( https://kickstarter.com )とのパートナーシップに基づく事業「KicstarterNavi」( https://kickstarternavi.jp
などを主業としている。
HP:https://creatorslab.kodansha.co.jp


【English】
Kodansha Game Creators Lab (hereinafter referred to as “GCL”) is an indie game developer support organization known for the slogan, “We’ll give you 10 million yen a year, so why don’t you develop the game you want to?” The Kodansha Game Creators Lab is a project to support indie game developers. GCL will be supporting Shoji Meguro who is known as the composer and director of the “Persona” and “Shin Megami Tensei” series.
Under the pseudonym, “Megarock”, Mr. Meguro had been making games using the UE4 (Unreal Engine 4) all by himself for about five years. He applied for the “GCL Round 1 Recruitment” last September and made it to the final interview. Although he was not selected as a Round 1 GCL member, we supported him with 500,000 yen as a special prize. After subsequent communication, we decided to assign Mr. Meguro a separate position from the first GCL members.
The game we are working on at the moment will be presented at the INDIE Live Expo Winter 2021 on Saturday, November 6th.
Stay tuned for the games created by Mr. Meguro and the future of Kodansha Game Creators Lab.

INDIE Live Expo Winter 2021:Nov. 6, 12:00 AM PDT
HP:https://indie.live-expo.games/en/
Twitter:https://twitter.com/INDIELiveExpoEN


<Message from Shoji Meguro>

Hello. I'm Shoji Meguro.
I know this is quite sudden, but I, Shoji Meguro, resigned from Atlus Co., Ltd. at the end of September 2021.
I‘ve been creating role-playing games by myself during my spare time for the past five years now, and I applied for a Round 1 Kodansha Game Creators Lab recruitment and was selected as one of the finalists. Then staff from Kodansha was assigned to work with me.
I decided to leave Atlus and focus on my dream of developing indie games.
However, I will continue to maintain a good relationship with Atlus. While focusing on my own indie game development, I will continue to work with Atlus on game music, so I hope that those of you who were concerned about the sudden announcement will feel relieved.
Lastly, I would like to thank Atlus Co., Ltd. and my family for accompanying me. I would also like to thank Kodansha for giving me a chance to take on the challenge.
I hope you will enjoy the music of Shoji Meguro as well as the games I am currently working on.

October 27,2021 Shoji Meguro(https://twitter.com/s_megarock

Shoji Meguro‘s Message Video:





≪Related Article≫

A veteran editor who worked on “Kaiji” talks about the secrets of editing. When I went to talk about games, I ended up hearing Kodansha’s 111 years of history. (Source: Denfaminico gamer)
https://news.denfaminicogamer.jp/interview/102023c

Kodansha's Youtube program, “Anaplay!”, that features indie games, will be released on the channel from October 2021. It will also start accepting self-recommendation applications for games to be introduced on the channel. (Source: Denfaminico gamer)
https://news.denfaminicogamer.jp/news/210719l

The first seven members of the Kodansha Game Creators Lab have been announced. Indie game support project to provide 10 million yen per year. (Source: AUTOMATON)
https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210215-152089


【Kodansha Creators Lab】
Kodansha Creators Lab is a newly established department within Kodansha’s Fourth Business Bureau in June 2021.
Under the slogan, “All for the Creators”, Kodansha Creators Lab has been working on the following projects:
1. Operation of digital platforms such as, “DAYS NEO”
2. Operation of the Kodansha Game Creators Lab - a project to support indie game developers.
3. Businesses (“KickstarterNavi” https://kickstarternavi.jp) based on a partnership with “Kickstarter”(https://kickstarter.com) which is the world’s largest crowdfunding website for creators.
HP: https://creatorslab.kodansha.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ