合同会社ライアットゲームズ
Riot Games, Inc.(米国)の日本法人である合同会社ライアットゲームズ(港区六本木、社長/CEO:小宮山 真司)は、プレイヤー人口1億人超のPCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」初のアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』のサウンドトラック「THE ARCANE SOUNDTRACK(OST)」のプレセーブ(事前予約)を本日より開始したことをお知らせします。OSTのフルバージョンについては、11月21日にリリースを予定しています。


Netflixで11月7日11時に公開される『Arcane』のリリースに伴い、素晴らしいミュージシャン達を集めて公式サウンドトラックを制作しました。本日より、すべてのストリーミングサービスでサウンドトラックのプレセーブを開始します。OSTは11月20日に全曲配信される予定で、さまざまなアーティストやジャンルの楽曲が11曲収録されています。楽曲は、『Arcane』のエピソードリリースに合わせて3回に分けて配信されます。
サウンドトラックに収録されているアーティストのリストと、各ストリーミングプラットフォームでの配信日は以下の通りです。


配信日、楽曲、アーティスト

・11月7日(日本時間)
Playground - feat. Bea Miller
Our Love - feat. Curtis Harding, Jazmine Sullivan
Goodbye - feat. Ramsey

・11月14日(日本時間)
Dirty Little Animals - feat. Bones UK
Enemy - feat. Imagine Dragons & JID
Guns For Hire - feat. Woodkid

・11月21日(日本時間)
Misfit Toys - feat. Pusha T, Mako
Dynasties and Dystopia - feat. Denzel Curry, Gizzle, Bren Joy
Snakes - feat. Pvris, Miyavi
When Everything Went Wrong - feat. Fantastic Negrito
What Could Have Been - Sting ft. Ray Chen

※Enemyは『Arcane』のタイトル曲で、エピソード5に収録されています。

『Arcane』にはオーケストラスコアが付属しており、Riot社は3話ごとに1巻をリリースする予定で、各巻にはエピソードから10~15曲のオーケストラ・セレクションが収録されています(1話あたり3~5曲)。

OSTとスコアのリリースは、ゲーム、音楽、エンターテイメントの融合を促進する上で、Riotの役割がますます重要になっていることを示しています。


ライアットゲームズについて



ライアットゲームズは世界でもっともプレイヤーに焦点を当てたゲームの開発、パブリッシング、プレイヤーサポートの提供を目指し、2006年に創設されました。ライアットは2009年にデビュー作となる『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』をリリースし、世界中で高い評価を獲得しました。本作は世界中でもっとも多くプレイされているPCゲームとなり、eスポーツの爆発的な成長の主要な牽引役となっています。
LoLが誕生から10年を迎えた今、ライアットは本作の進化を続けながらも、プレイヤーに新たなゲーム体験を提供できるよう、『チームファイト タクティクス』、『レジェンド・オブ・ルーンテラ』、『VALORANT』、『リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト』、その他にも複数のタイトルで開発を進めています。また、音楽やコミックブック、テレビなどのマルチメディアプロジェクトを通して、ルーンテラの世界の探索を続けています。さらにライアットは、パブリッシングを手掛ける系列会社Riot Forge(ライアットフォージ)を立ち上げました。Riot Forgeはサードパーティーのデベロッパーと連携し、LoLの世界を舞台にした新たなゲームの開発を行っています。Riot Forgeにとって第一作目となる『ルインドキング:リーグ・オブ・レジェンド ストーリー』は、Airship Syndicate社を開発に迎えたターン性のロールプレイングゲーム(RPG)となっています。

関連リンク:
ライアットゲームズ公式サイト: https://www.riotgames.com/ja
Riot Games Japan 公式Twitter: https://twitter.com/riotgamesjapan


Arcane(アーケイン)について



ライアットゲームズはNetflixと提携し、世界的な人気を誇る自社のゲーム『リーグ・オブ・レジェンド(LoL)』のアニメシリーズ『Arcane(アーケイン)』を制作しました。本作品は、中国のTencentビデオでも配信され、ライアットゲームズにとって初のアニメシリーズとなります。Fortiche Productionとの提携のもと、ライアットゲームズが企画と制作を務めるこの『Arcane』は、世界の人々にプレイされているライアットのゲームタイトル『リーグ・オブ・レジェンド』の世界を描いたアニメシリーズです。2021年11月7日11時よりNetflixで配信されます。

関連リンク:
Arcane公式サイト: https://arcane.com/ja-jp/
Arcane公式Twitter: https://twitter.com/arcaneshow


リーグ・オブ・レジェンドについて



2009年10月に米国でサービスを開始、2016年9月時点で月間アクティブプレイヤーが1億人を突破し、世界各地で大規模な大会が行われている人気オンラインゲーム。マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(通称MOBA)と呼ばれる5人対5人の対戦型PCゲームで、プレイヤーが操作する「チャンピオン」と呼ばれるキャラクターで相手本陣の攻略を競う。RTS(リアルタイムストラテジー)のテンポと迫力にRPG要素を加え、スピード感のある展開が特徴で、その競技性の高さから、eSportsの代名詞として世界中でプロリーグが開催されている。世界で最も人気なトーナメントの一つである「World Championship」の2020年の決勝戦では、1分あたりのオンライン平均視聴者数(AMA)が2,180万人に上り、eスポーツ界の最高記録を更新しました。多彩なキャラクターや作りこまれた世界観、映像や音楽、などゲーム以外のコンテンツも魅力で、コスプレやファンアートをはじめとした熱狂的なコミュニティ活動も各地で行われている。

関連リンク:
リーグ・オブ・レジェンド公式サイト: http://jp.leagueoflegends.com/
リーグ・オブ・レジェンド公式Twitter: https://twitter.com/loljpofficial
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ