株式会社EDLEAD-japan-
国と企業を越えた専門家約150名が所属する国際映像製作スタジオNOMA主催、業界初アニメーターに焦点を当てた、「アニメーションを飾る」アニメーター郷津春奈、単独個展を開催。デジタルならではの新しい表現をアニメーターとして発信。銀座個展を機に今後は世界に向けてNFTアートも予定。




世界中から注目される日本のPOPカルチャーであるアニメを支えているのが、アニメーター。アニメーター無くして世界中に感動を届けるアニメは存在しない。今回はアニメのキャラクターの細かい描写を手作業で描き、息を吹き込む生粋のアーティストであるアニメーター郷津春奈「GOZ」の初となる個展となる。

個展会場では、GOZの作品を展示。普段はスタジオで絵を描き続けている彼女だが、この期間はスタジオを個展会場に置き、普段の作業雰囲気が見れるとともに、アニメーターと話せる場を創出する。

郷津春奈:Gozu Harunaコメント:

「今回の個展のテーマは「呼吸」となっております。モノクロの原画アートがまるで息をしているかのような様子を会場でご覧ください。会場にきていただきいろんなアニメーションの表現の方法をみて感じていただけたら嬉しいです。また、今回の銀座個展を機に世界に向けてNFTアートもお届けできたらと考えております。デジタルならではの新しい表現をアニメーターとして発信し続けたたいと考えております。ぜひ会場でお会いしましょう。」




■G O Z:アニメーター 郷 津 春 奈 個 展 詳細
HP:https://g-o-z.com/
会期期間:10月15日~10月31日
時間:12:00~22:00
場所:SynchroArt銀座店
住所:東京都中央区銀座6-9-14 方圓ビル1F
※TOKYO GINZA SIX 徒歩1分
地図:https://maps.app.goo.gl/3m5fzSJuCvEp2cse6
主催:NOMA




■世界に誇る日本アニメ業界
日本が世界に誇る日本のPOPカルチャー、アニメ。近年アニメ需要は世界で急速に躍進し配信各社からの熱視線が止まらない。Netflixをはじめとしたストリーミング配信により、世界中の方々へアニメを届けることが可能になり、各界のストリーミングプロデューサーも世界のアニメファンが急速に拡大しているとコメントを残している。
実際、アニメ産業市場の海外売上高(玩具など関連商品のライセンス料を含む)は2018年に1兆円を超え、同市場全体の売上高の半分近くを海外が占めていると言う。また、コロナ禍にもかかわらず、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は歴史的大ヒットを国内外で記録(国内歴代興収No.1)しますます高い注目を集める。


■郷津春奈
ガンダムやULTRAMANアニメを手がけた巨匠アニメーター板野一郎を師とし、数々のメジャーアニメ、映画の作画、作画監督を担当。現在ではサンライズ、MAPPA、手塚プロダクションなどのアニメスタジオでアニメ制作を担当するとともに書籍や企業プロモーションアニメ制作など幅広く活動。2021年10月より公開完全オリジナル作品「鬼滅の刃:無限列車編の作画も担当する。
参加一部:鬼滅の刃 2021TVシリーズ 原画 / Netflix YASUKE #2 作画監督 / 岬のマヨイガ作画監督 2021年夏/ 2021東京オリンピック公式アニメーション 原画/ ONE PIECE FILM Z /ロトスコープアニメーター /ポケットモンスター XY 作画監督 50話

■NOMA
国と企業を越えた専門家約150名が所属している国際映像製作スタジオ。監督、プロデューサー、アニメーター、アクター、シネマトグラファー、作曲家などが多数所属し、企画開発から運営管理まで映像製作の全てをチーム内で完結。また、最新鋭の映像表現を追求するために、技術者、研究者、クリエイター、アーティスト、そして事業家などがサポートを行う。結成6ヵ月ですでに7作品の短編映画を製作。国際映画祭へのエントリーを続けている。

■イベントお問い合わせ
イベントお問い合わせ:03-6206-4614
取材等お問い合わせ:taichi@edlead-j.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ