株式会社SCRAP
世界中で820万人以上を動員している“リアル脱出ゲーム”を企画運営する、株式会社SCRAP(所在地:東京都渋谷区、代表者:加藤隆生)は、リアル脱出ゲーム「忘れ物探偵と消えた少女」を2021年10月3日(日)に発売することを決定いたしました。 ★特設サイト:https://www.scrapmagazine.com/wasuremono_tantei/


「忘れ物探偵と消えた少女」メインビジュアル




「忘れ物探偵と消えた少女」は、手元に届く”事件の証拠品”と、専用のWEBサイトや映像を見ながら謎解きを楽しむリアル脱出ゲームです。本ゲームのプレイヤーは、現場に残された物から持ち主の特徴や行動を推理する「忘れ物探偵」という設定。行方不明になった女子高生、光の残した忘れ物を調査し、彼女の行方を突き止めることを目指します。謎解きに使うゲームキットは、これまでのリアル脱出ゲームで使ってきたような封筒や紙だけではありません。少女が残した「忘れ物」である筆箱、文房具やレシートなども証拠品として封入されており、アイテムに隠された些細な違和感も見逃さず推理をする必要があります。

本ゲームは、SCRAPが2021年8月より開催している史上最大級のオンラインフェスティバル「オンラインリアル脱出ゲームサマーフェス」にて先行体験を実施。4,000人以上のお客様の手元に渡り、既に体験された方からは「手元にあるアイテムをしっかり見て進めていく感覚が楽しかった」「感動的なストーリーに心が震えた」という声をいただいています。

この度、本ゲームは2021年10月3日(日)より、全国のリアル脱出ゲーム店舗および東京ミステリーサーカス 、SCRAP GOODS SHOP(通販サイト)にて一般販売を行うこととなりました。また、発売に先駆けて、SCRAP GOODS SHOPでは予約受付をスタートしております。

証拠品が封入されたゲームキットが届いたら、好きなタイミングでいつでもプレイ可能。さらに、お好きな人数でプレイできるので、1人でじっくりと物語に浸ることも、家族や友人と協力しながら推理にチャレンジすることもできます。実際の証拠品を使って謎を解き明かす、新たな形のリアル脱出ゲームにどうぞご期待ください。


リアル脱出ゲーム「忘れ物探偵と消えた少女」概要


リアル脱出ゲーム「忘れ物探偵と消えた少女」


―残された証拠品を手に取り、真相に迫れ!―

【特設サイト】
https://www.scrapmagazine.com/wasuremono_tantei/

【ストーリー】
現場に残された物から持ち主の特徴や行動を推理する「忘れ物探偵」。
依頼者からあなたの元に届いたのは、行方不明になった女子高校生、光が残した「忘れ物」だった。

「また会える? たしかめたいことがあるから」

そう言い残して少女は消えたという。
光はなぜ姿を消したのか?
行方を追うごとにその謎は深まっていく。

筆記用具やシワだらけのレシート、町の地図、図書館の貸出カード……。
様々なアイテムを実際に手に取って調べ、光の行方を突きとめろ!
はたしてあなたはこの事件の真相にたどり着くことができるだろうか?

【発売スケジュール】
<予約受付>
受付期間:2021年9月16日(木)0:00~10月2日(土)23:59
SCRAP GOODS SHOP(通販サイト)にて予約受付。

<一般販売>
販売期間:2021年10月3日(日)~
SCRAP GOODS SHOP(通販サイト)、全国のリアル脱出ゲーム店舗にて販売。

【販売価格】
Go To イベントキャンペーン適用価格:2,400円(税込)
※通常価格:3,000円(税込)

【ゲームプレイ形式】
・参加人数:制限なし(1~2人プレイ推奨)
※お1人様1部ずつキットをご購入の上、お楽しみください。
・制限時間:なし
・想定所要時間:120分程度




補足情報



【SCRAPとは?】
2008年、株式会社SCRAPを設立。遊園地やスタジアムを貸し切ってリアル脱出ゲームを作ったり、本やアプリ、TV番組にも謎をしかけ、企業の謎解きプロモーション企画をお手伝いしているうちに、すっかり謎イベントの制作会社として世間に認知されてしまった京都出身のフリーペーパー制作会社(しかもフリーペーパーは絶賛休刊中)。勢いに乗ってファンクラブ「少年探偵SCRAP団」も結成。テレビ局・レコード会社などともコラボレーションを行い、常に新しいエンターテインメントを生み出し続けています。
★オフィシャルサイト⇒http://www.scrapmagazine.com/


【リアル脱出ゲームとは?】
2004年に発表された「クリムゾンルーム」というネットの無料ゲームを発端に、爆発的に盛り上がった「脱出ゲーム」。そのフォーマットをそのままに現実 世界に移し替えた大胆な遊びが「リアル脱出ゲーム」。マンションの1室や廃校、廃病院、そして東京ドームや六本木ヒルズなど、様々な場所で開催されています。07年に初開催して以降、現在までで820万人以上を動員。日本のみならず上海、台湾、シンガポールやサンフランシスコなど全世界で参加者を興奮の渦に巻き込み、男女問わずあらゆる世代を取り込む、今大注目の体験型エンターテインメントです。
※「リアル脱出ゲーム」は株式会社SCRAPの登録商標です。
☆公式サイト→https://realdgame.jp/   
☆ツイッターアカウント→@realdgame

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ