一般社団法人日本eスポーツ連合
一般社団法人日本 e スポーツ連合(会長:岡村秀樹 以下、JeSU)は、「東アジアeスポーツチャンピオンシップ」(Esports Championship East Asia、以下ECEA)が、9月10日(金)~12日(日)にかけて、韓国のソウルオリンピック公園にて開催されることをお知らせします。


ECEAは、韓国政府主導の下、初めて韓国の文化スポーツ観光省が主催するeスポーツの国際競技大会です。日本、中国、韓国それぞれから選抜された代表選手が、エキシビションを含めて5つのタイトルで競技を実施します。

本大会は、3か国の友好と、アジアにおけるeスポーツの価値向上を目指して企画されたもので、eスポーツ発祥の地とも言われる東アジア地区の大会として、世界最高峰のスキルを持った選手が出場する大会となることが期待されます。

当初、昨年秋の開催を計画しておりましたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染動向を受けて調整を重ね、今年9月に開催できる見通しが立ちました。競技日程の詳細や各競技タイトルの日本代表選手につきましては、決定次第お知らせします。

JeSUは今後も、日本におけるeスポーツの振興を通して国民の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指し、これをもって国民の健康とともに、社会・経済の発展に寄与することを目的として活動してまいります。


<大会概要>
 大会名称:Esports Championship East Asia (東アジアeスポーツチャンピオンシップ)
 開催日程:2021年9月10日(金)~12日(日)
 大会会場:ソウルオリンピック公園(韓国)
 参加国:日本、中国、韓国
 競技種目:
 「Clash Royale」
 「eFootball ウイニングイレブン」
 「League of Legends」
 「Player Unknown’s Battlegrounds(PUBG)」
 「Dungeon Fighter Online(アラド戦記)」 ※エキシビションマッチ
 ※アルファベット順 (エキシビションマッチを除く)
 


◆日本eスポーツ連合(JeSU)について
一般社団法人日本eスポーツ連合は、日本国内のeスポーツの普及と発展、そしてeスポーツの振興を目的に国民、とりわけ青少年の競技力の向上及びスポーツ精神の普及を目指しています。eスポーツの認知向上とeスポーツ選手の活躍の場の更なる拡大を目指し、競技タイトルの認定や選手のプロライセンス発行、そしてアジア競技大会をはじめとした国際的なeスポーツ大会への選手の派遣など様々な取り組みを行っています。また、以下のスポンサー企業や団体の支援を受け、国内のeスポーツ産業の発展に努めています。


オフィシャルスポンサー:
       KDDI株式会社
       サントリーホールディングス株式会社
       株式会社ローソン
       株式会社ビームス
       Indeed Japan株式会社
       株式会社ビックカメラ
       株式会社わかさ生活
       株式会社マウスコンピューター

活 動 助 成: 一般財団法人上月財団

協力: 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)
    一般社団法人日本オンラインゲーム協会(JOGA)

後援: 一般社団法人日本アミューズメント産業協会(JAIA)
    一般社団法人デジタルメディア協会(AMD)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ