株式会社白泉社
「大ベルセルク展~三浦建太郎 画業32年の軌跡~」では、世界に誇るダークファンタジーコミック『ベルセルク』の壮大な世界観を、300点を超える膨大な原画展示とともに「巨大ゾッド像」や「蝕の間」などのハイクオリティな造形物でリアルに体感いただけます。今年5月に逝去された三浦建太郎先生に最大の敬意と感謝を表し、『ベルセルク』を中心にその画業の軌跡を振り返る展示となります。 本展は、当初今年1月に開催を予定していた「大ベルセルク展」がコロナ禍で延期となり新しいタイトル・会期で行うものです。


(C)三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社


「大ベルセルク展~三浦建太郎 画業32年の軌跡~」開催概要

会期:2021年9月10日(金)~23日(木・祝)
営業時間:10:00~19:00 *最終日17:00閉場
会場:池袋・サンシャインシティ 展示ホールA
〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-3
サンシャインシティ ワールドインポートマートビル 4F
主催:「大ベルセルク展」実行委員会
協力:WOWOW、フィールズ
展示協力:株式会社謙信(ART OF WAR)、株式会社プライム1スタジオ、株式会社マックスファクトリー

◎入場時のご注意
※本展覧会には一部刺激の強い表現・描写が含まれております。ご了解の上ご来場ください。

◆チケット
一般:1,800円
記念グッズA(ART OF WAR製作 本展記念ベヘリット ペンダント)付き:5,000円
記念グッズB(ドラゴンころし ピンバッジ)付き:2,500円
音声ガイド:700円
※表示価格は全て税込み価格です。
※グッズは各個数制限を予定しているものもございます。
※購入時に入場券を確認させて頂きます。
※様々な状況を鑑み、前日程で企画しておりました「特別内覧会」は中止致します。ご理解賜りますよう、何卒お願い申し上げます。
<入場方法>
混雑緩和のため一部入場時間指定制とさせていただきます。

◎特別先行抽選発売
一般発売に先駆け、先行抽選発売を行います。
・対象入場日時:
2021年9月10日(金)~13日(月)
入場時間 10:00~11:00
・発売場所
WEBにて発売
URL:https://l-tike.com/event/berserk-ten/
Lコード:38500
※券面には整理番号が記載されております。
※整理番号により集合時間および入場時間が異なります。
※お申し込み状況により、10:45以降の入場になる場合もございます。
※整理番号および「10:00~11:00」間での入場時間の指定はできません。
・発売期間:7月1日(木)12:00~11日(日)23:59
・当落発表:7月14日(水)15:00~
・引取期限:7月14日(水)15:00~7月18日(日)23:00
※クレジット決済で当選された方は当選メールにてご確認下さい。
※申し込みにあたってローソンチケット会員登録(無料)が必要です
※お申込みは1会員さま1回のみとなります。
※お申込みは第3希望までとなります。尚、各希望における最大の申し込み枚数は各4枚までとなります。
※ご当選後システム手数料330円/枚が発生します。
※音声ガイドにつきましては、当選チケット引き換え期間中、店頭Loppiにてお買い求めください。

◎一般発売
チケットの一般発売につきましては、後日、「大ベルセルク展」公式サイト(https://www.dai-berserk-ten.com/)及び公式Twitter(https://twitter.com/b26478213)にてお知らせいたします。


『ベルセルク』とは

「月刊アニマルハウス」(白泉社)にて1989年に連載開始。その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移した。
重厚なストーリー、魅力あるキャラクター、圧倒的で緻密な作画、そして何者にも追随を許さぬ創造力。読者の心と人生に強い衝撃と感動を与え、日本の読者だけでなく世界の読者をも魅了。海外では、延べ20の国と地域で翻訳されている。
剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描く、全世界シリーズ累計発行部数5000万部(紙+電子)のダークファンタジーコミック。
1997~1998年にテレビアニメ化、2012~2013年に3部作で劇場アニメ化、2016~2017年に再度テレビアニメ化。
「大ベルセルク展」に際して実施した「大ベルセルク展に巨大ゾッド像を降臨させよう!!」クラウドファンディング(https://greenfunding.jp/lab/projects/3955)は、目標を達成。
公式サイト:https://www.younganimal.com/berserk/
公式Twitter:https://twitter.com/berserk_project
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ