株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ

6/13(日)に最終回を迎えたアニメ「魔道祖師」の番外企画として「魔道祖師しんどい対談」が決定した。
本作品の主題歌を務めたCIVILIANボーカル、コヤマヒデカズをはじめ、主人公魏無羨(ウェイ・ウーシエン)と藍忘機(ラン・ワンジー)を演じた木村良平と立花慎之介を交えてクロストークが繰り広げられる。
(C)2020 Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited
CIVILIAN アーティスト写真

対談動画はアニプレックスの公式YouTubeチャンネルにて7/2(金)に公開される。
また番組内では視聴者からの質問を募集しており、Twitterにて「#魔道祖師しんどい対談」とハッシュタグ付きで呟くことで応募可能となっている。

■「魔道祖師しんどい対談~コヤマヒデカズ(CIVILIAN)×木村良平×立花慎之介~」
・公開日時 7/2(金) 20:00
・アニプレックス公式YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/c/aniplex/videos
・視聴者質問募集中!
<応募方法>
Twitterにてハッシュタグ「#魔道祖師しんどい対談」をつけてツイート
応募期間:6/23(水)19:00~6/24(木) 22:00
※対象の質問は抽選にて選ばせていただきます。
※期間外の質問は対象外となります。

■6/2 release CIVILIAN 2ndアルバム「灯命」
タイトル「灯命」(読み:トウメイ)
2021年6月2日(水)リリース
・各種ストリーミング、ダウンロードはこちら
https://CIVILIAN.lnk.to/zRx3ZNWS

・初回生産限定盤(品番:SRCL-11803~4 価格:¥6,182+税)
CD:14曲 BD:CIVILIAN 4th Anniversary Live”FOUR”ライブ映像を収録
・通常盤(品番:SRCL-11805 価格:¥3,000+税)
CD:14曲

<CD収録内容>
01、遙か先の君へ
02、ぜんぶあんたのせい
03、何度でも
04、懲役85年
05、千夜想歌
06、導
07、本当
08、人間だもの
09、残火
10、夢の奴隷
11、正解不正解
12、フランケンシュタイナー
13、世界の果て
14、灯命

<初回盤BD収録内容>
CIVILIAN 4th Anniversary Live”FOUR”
1.セントエルモ
2.カッターナイフと冷たい夜
3.赫色 -akairo-
4.回転
5.記憶
6.君から電話が来たよ
7.ハロ/ハワユ
8.朧月夜に星は無く
9.I feat.まねきケチャ
10.サクラノ前夜
11.ハッピーホロウと神様倶楽部
12.何度でも
13.ぜんぶあんたのせい
14.正解不正解
15.メシア
16.顔
EN1.暁
EN1.花よ花よ

■各種販売サイト
▼CIVILIAN「灯命」初回生産限定盤(CD+BD)
https://CIVILIAN.lnk.to/SRCL-11803
▼CIVILIAN「灯命」通常盤(CD only)
https://CIVILIAN.lnk.to/SRCL-11805

■CIVILIAN結成5周年記念ライブを2021年7月18日に開催決定!
CIVILIAN 5th Anniversary Live “FIVE” -灯命、透明、答鳴-
日時 : 7月18日(日) 開場 17:00 / 開演 18:00
場所 : TSUTAYA O-EAST


*ファンクラブ入会はこちら
https://fanicon.net/fancommunities/2851

【CIVILIANプロフィール】
コヤマヒデカズ(Vo, G)、純市(B)、有田清幸(Dr)による3ピースロックバンド。ボーカロイドプロデューサー・ナノウとしても活躍するコヤマを中心にバンドを結成。2009年より「Lyu:Lyu」名義にて活動を始め、1枚のフルアルバムと4枚のミニアルバムをリリース。切実な思いを生々しく描き出す歌詞の世界で注目を集める。2016年7月にバンド名を「CIVILIAN」に改め、同年11月にシングル「愛/憎」でソニー・ミュージックレコーズよりメジャーデビュー。以降、人気テレビアニメ「将国のアルタイル」第二期OPテーマ「赫色-akairo-」やスクウェア・エニックスの超人気RPGゲーム「スターオーシャン:アナムネシス -TWIN ECLIPSE- 」テーマ曲「何度でも」で担当。2020年はテレビアニメ「魔王学院の不適合者」OPテーマとなった「正解不正解」がスマッシュヒット。
2021年にはアニメ「魔道祖師」OPテーマとして「千夜想歌」、「導」をリリース。
これらのアニメ・ゲーム楽曲が収録された2ndフルアルバム「灯命」を 2021年6月2日にリリースした。ヒリヒリとした切迫感を醸し出すコヤマのヴォーカルに加え、エネルギッシュなバンドサウンド、オーディエンスを一つにする高揚感を持った鮮烈なライブパフォーマンスで支持を広げている。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ