メガハウス
 ボードゲーム『オセロ』の小学生大会「オセロ小学生グランプリ2021」(一般社団法人日本オセロ連盟主催)が、2021年6月27日(日)から開催されます。オセロの販売メーカーである株式会社メガハウス(バンダイナムコグループ、代表取締役社長:佐藤明宏/東京都台東区)は、本大会を協賛致します。    「オセロ小学生グランプリ2021」は、小学生チャンピオンを決める大会で、予選大会は東日本と西日本地区にわかれてのオンライン対戦、決勝大会は予選を勝ち抜いた64名によるリアル対戦での大会を予定しています。参加費は無料で、小学1~6年生で一人で「オセロ」ができる方、オンライン環境で対戦ができる方であればどなたでも参加が可能です。是非、小学生チャンピオンを目指してご参加下さい。



オセロ小学生グランプリ2021



主催:一般社団法人日本オセロ連盟
協賛:株式会社メガハウス
https://www.othello.gr.jp/specialinfo/25779
参加費無料
<予選大会>オンライン対戦
西日本地区
第1回6月27日(日)受付締切日6月20日(日)
第2回7月25日(日)受付締切日7月18日(日)
東日本地区
第1回7月4日(日)受付締切日6月27日(日)
第2回8月22日(日)受付締切日8月8日(日)
・定員、地区等は右画像をご覧ください。
・定員になり次第受付終了となります。
・お住まいの地域の予選大会に、1人1回しか参加できません。
<決勝大会>リアル対戦での大会
日程:9月19日(日)
参加者:予選大会通過選手(64名)
開催場所:東京都台東区
<参加資格>
・参加対象者は小学校1年生~6年生、お一人で「オセロ」ができるお子様。
・予選はオンライン対戦になります。
パソコン、タブレット、スマートフォンを使用できる環境にある方。
・大会参加者は1人1台の端末と個々のメールアドレスが必要です。
その他、ホームページをご覧ください。https://www.othello.gr.jp/specialinfo/25779


オセロ

「オセロ小学生グランプリ」にむけてオセロ盤を使っておうちで練習をしよう!
おうちでオセロ!オススメ商品!

ベストオセロ



大きさも石のタイプもスタンダードなオセロです。遊ぶときも、しまうときも使いやすく美しいデザインです。石ケースがオセロ盤と一体になっています。
メーカー希望小売価格 3,080円(税込)


マグネットオセロ





                                 

コンパクトな折りたたみ式のオセロです。石の中にマグネットが入っているので盤面の石ズレを防ぎます。
メーカー希望小売価格 3,300円(税込)

一体オセロ





それぞれのマスに石が内蔵されたオセロ盤です。
盤面の丸い溝のふちを押すと、緑から黒、白と色が変わります。黒石の面に凸、白石の面に凹があり触ることでも石の判別ができます。2021年2月発売
メーカー希望小売価格 3,630円(税込)

その他、キャラクター付きのオセロ等様々なタイプがございます。
https://www.megahouse.co.jp/othello/


~Othello History~
今では誰もが知っている家庭用ボードゲーム「オセロ」は1973年に茨城県出身の故長谷川五郎氏(2016年6月20日死去83歳)の発明で誕生し、株式会社ツクダ(現在、株式会社メガハウスで販売)から発売しました。長谷川氏が中学時代に、仲間たちと「休み時間10分以内に決着のつくゲームを」という発想から考え付いたゲームで、原型は牛乳瓶のふたを使っていたそうです。
「覚えるのは1分、極めるのは一生」と呼ばれるほど、ルールは簡単でありながら奥の深いオセロ。発売から現在に至るまで、多くの家庭で親しまれ、初年度は30万個を売り上げ、累積出荷個数は 現在2,560万個(1973年4月~2021年3月)を更新、競技人口も年々増え続けています。今後もその魅力を日本から発信して参ります。
【歴史】
1972年10月   長谷川氏が (株)ツクダ(現在、(株)メガハウスで販売)へ商品企画持込→商品化決定
1973年      日本オセロ連盟設立
1973年4月7日  「第1回全日本オセロ選手権 (商品発表会)」開催 (以後毎年開催)
1973年4月29日  オセロ発売(当時:2,200円)
1977年     「第1回世界オセロ選手権」開催 日本人優勝(以後毎年開催)
ホームページ https://www.megahouse.co.jp/othello/      
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ