株式会社双葉社

福満しげゆきによる、久々のオリジナルストーリー漫画『ひとくい家族』が、6月17日より単行本発売となりました。
双葉社発のマンガ無料配信サイト「webアクション」への連載開始時より話題となり、総PV数はサイト全体のトップを争うほどの人気作品に。
単行本発売に際し、「webアクション」では読めない単行本書き下ろしエピソードも収録しています。
ひとくい家族/福満しげゆき/双葉社


作品紹介

人を食い物にしている家族と暮らす、女子中学生・凛子の青春物語です。






ネットの声

「詐欺師一家とか比喩で『人を食い物にしている』と思ったら本当に人を……」

「凛子ちゃんがとにかく健気で応援したくなります」

「最新はほのぼの子育てマンガ家としてTwitterがバズっている福満さんの原点回帰作! やった~!」


プレゼントキャンペーン実施

本作『ひとくい家族』と、同じく福満しげゆきによる『妻観察日記』(小学館)が、ほぼ同時刊行ということを記念し、「生原稿」を300名様にプレゼント致します!!

生原稿
当初は100名様にプレゼント予定でしたが、「生原稿」プレゼントを発表したところ、「倍率高そう」「当たる気がしない」というネット上のご意見を受けまして、当選者を2倍、いや3倍の300名に増やしました!!

■「生原稿」とは?
福満さんの原稿作成の過程
鉛筆でネームを描く→コピーしてペンを入れる(下描き)→スキャンしてデータ化→PC上でトーン処理→完成

完成原稿はデジタルなので物体として存在していません。
その前段階の
・「鉛筆描きのネーム」
・「ペン入れした下描き」
を「生原稿」と呼んでおり、それぞれ1枚ずつをプレゼントいたします。

※「ネーム」と「下描き」の作品はランダムです。過去の作品の場合もあります。
※「ネーム」と「下描き」は別作品になる場合もあります。
※今回のキャンペーンは、おハガキでのご応募になります。

『ひとくい家族』1.と『妻観察日記』1.の帯についている応募券それぞれ1枚ずつ計2枚を貼って所定の宛先にお送りください。ご応募の詳細は帯をご覧ください。

『ひとくい家族』第1巻(6/17発売/双葉社)

ひとくい家族/福満しげゆき/双葉社
「うちは貧乏で……ホントに貧乏で…… 人を食い物にして暮らしています」
現代日本の末端家族の生き方にネットが騒然!!


『妻観察日記』第1集(6/30発売/小学館)

妻観察日記/福満しげゆき/小学館
人生は辛いことばかり……、しかし僕には妻がいる!!
Twitterでも大人気、福満しげゆきが愛する妻に捧げるショートエッセイ!!

書誌情報


ひとくい家族/福満しげゆき/双葉社
タイトル:ひとくい家族
著者:福満しげゆき
発売日:2021年6月17日
定価900円(税込)
判型:A5判
発行元:双葉社
https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-85607-1.html
連載:webアクション https://comic-action.com/episode/13933686331613282916


著者プロフィール

福満しげゆき(ふくみつ・しげゆき)
工業高校中退後、定時制高校に入学。卒業後、夜間大学に進学するも中退。コンビニ、ガソリンスタンド、新聞配達などのバイトをするも、あまり長続きせず。5歳年下で九州生まれの「妻」と結婚、二人の子宝を得る。『僕の小規模な失敗』から始まる福満サーガは『妻と僕の小規模な育児』と『妻観察日記』で続行中。

著者Twitterアカウント
https://twitter.com/fukumitsuu

「ひとくい家族」創作秘話(のようなもの)はこちらからお楽しみください。
https://twitter.com/fukumitsuu/status/1396437128565772288
https://twitter.com/fukumitsuu/status/1397870027957686277
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ