ゲムトレ
ゲームのオンライン家庭教師を提供する株式会社ゲムトレは、これまでに提供したゲームトレーニング数が10000回を突破し、ゲムトレを通じて依頼したゲームトレーナーへの報酬総額が1000万円を超えた。(2019年10月サービス提供開始)


https://gametrainer.jp/

ゲームで教育を、ゲームで学べる力とは

多くの研究でも証明されているように、ゲームには脳の力を鍛える効果があり、情報処理能力や集中力などが身に付く。また、ゲームではチームプレイが重要になるため、コミュニケーション能力を高めることもできる。

ゲムトレはプロゲーマーを目指すことだけが目的ではなく、ゲームの教育価値に注目し、教育プログラムとしてゲームを提供している。

トレーニングを担当するゲームの先生は全国大会などで活躍するゲームスキルを持つだけでなく、代表との面接を経て採用されるため、採用率は10%以下と、かなり厳選されたゲームの先生(ゲームトレーナー)となっている。

【体験者の声】

国語と数学の成績が上がった

ゲムトレを始めてから、物事を深く考えるようになったと思います。

ただ遊んでいたときとは違って、上手くなるためにどうするかを試行錯誤する姿が頼もしいです。

わからないことを自分で調べて、できるまで練習するという経験が学校の勉強の理解にもつながっているようで、少しですが国語と数学の成績が上がっていてびっくりしました。

中学2年生、男の子のお母さんより

ゲームで生まれた人とのつながり

娘は不登校になってから昼夜逆転し、部屋で引きこもり、ゲーム三昧の日々を送っていました。私自身もどうしていいかわからないとき、偶然目にしたのがゲムトレです。

早速体験会を受けてみたところ、始めは『嫌だなー』と言っていたのに、実際にはじめてみると、声が明るくとても楽しそうでした。

終わってからの第一声は、いろいろ教えてもらえてすごく楽しかった~ またやりたい!と。

人との関わりに疲れた娘が、また人と関わりたいと言い出したのがとても嬉しかったです。

中学2年生、女の子のお母さんより

『プロゲーマー』への道筋として

プロゲーマーになりたいという息子。習い事はないだろうかと調べているところでゲムトレさんを見つけました。

eスポーツの専門学校などはありましたが、小学生が通えるところは無かったので大変ありがたいです。

ゲムトレさんはプロゲーマーを育成することが目的ではないとのことですが、トレーナーさんの腕前はプロレベルなので、我が家はプロゲーマーへの道筋として活用させていただいています。

小学5年生、男の子のお母さんより

【日本アントレプレナー大賞を受賞】

ゲムトレは、2020年 第5回目となる日本アントレプレナー大賞(後援 経済産業省)にて、エンタメ部門グランプリを受賞。

この日本アントレプレナー大賞は、新人起業家のビジネスプランの発掘、選考、及び産業化へのサポートをすることにより、次世代のアントレプレナーを創出する基盤、風土を作るために創設されたビジネスプランコンテストである。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000056150.html

【代表コメント】

僕はゲームで人生が救われました。

はじめまして。『ゲムトレ』代表の小幡和輝です。


僕は不登校でした。約10年間、学校にほとんど行ってない期間がありますが、
大学にも通い、自分の会社も立ち上げ、いま幸せに生きています。


不登校時代、僕はずっとゲームをしていました。
毎日10時間以上、合計で3万時間以上ゲームで遊んでいます。

僕にとってのゲームは、誰かとのコミュニケーションツールでした。

不登校になってからゲームのおかげでたくさんの友達ができました。
多くの大会に出場し、勝利を重ねる中で、自己肯定感も高まっていきました。

ゲームを人生を豊かにするツールとして使ってほしい。

そんな想いで『ゲムトレ』を立ち上げました。
ぜひ使ってもらえると嬉しいです。

小幡和輝 プロフィール

1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。高校3年で起業。ダボス会議を運営する世界経済フォーラムより、世界の若手リーダー『GlobalShapers』に選出。
著書にゲームは人生の役に立つ 生かすも殺すもあなた次第 などがある。

オフィシャルブログ https://www.obatakazuki.com/

ゲムトレHP (体験会は随時受付中)
https://gametrainer.jp/

本件についてのお問い合わせ先
gametrainer.info@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ