フレームシンセシス
フレームシンセシスは、2021年6月11日、Oculus Questアプリ「VR刺身タンポポ」を通常価格390円にて配信開始したことをお知らせします。「VR刺身タンポポ」は、インターネット・コミュニティでよく伝えられるところの「刺身の上にタンポポをのせるだけの簡単なお仕事」をVRで体験できる、刺身タンポポ・シミュレーターです。









本作はサークル「フレームシンセシス」の自主制作アプリで、代表のこりんこと古林克臣(こばやしかつおみ)がほぼ個人で開発しています。元々は2016年のインディーゲーム展示会「デジゲー博2016」の展示作品として初登場し、Twitterや各種メディアで紹介される等話題となりましたが、Oculus Questの新しいアプリ配信方式「App Lab」の開始にともない、グラフィックス・サウンド等を大幅にアップグレードしてアプリとしてリリースいたしました。

App Labとは:App Labは2021年2月から開始されたOculus Questアプリの新しい配信方式です。従来はOculus Questアプリの配信には厳しい審査があり、ゲーム会社等が開発した本格的なアプリでなければリリースできなかったのですが、App Labによって個人作品やインディー作品も配信できるようになりました。ただし、ダウンロードするにはアプリの配信ページを直接開く必要があり、また、配信ページを開くとApp Labのアプリであるという注意書きが表示されます。


Oculus Quest版「VR刺身タンポポ」には、1分間楽しく刺身タンポポができる「刺身タンポポモード」と、永遠に終わらない「無限タンポポモード」の2つのモードが用意されています。Oculus Questのコントローラーだけでなく、ハンドトラッキングにも対応し、手でVR空間のタンポポをつまむことができます。また、Oculus Quest 2ではリフレッシュレート90Hzで動作し、臨場感の高い体験が可能です。

さらに、作曲家・こおろぎさんによる書き下ろし楽曲と、VTuber・狛茉璃奈(こまつりな)さんによる声援が体験を盛り上げます。


インターネット・ミームとして広く知られるものの、実際に従事したことがある人がほとんどいない(制作者調べ)「刺身タンポポ」という仕事を誰でも体験することができるのが、本アプリ「VR刺身タンポポ」です。

仕様




クレジット
企画・制作・プログラム:こりん
音楽:こおろぎ
声:狛茉璃奈(こまつりな)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ