株式会社新潮社
家にいて、ずっと絵を描いているお父さん。ふつうじゃなくて、ふしぎでちょっと恥ずかしい。 ただの変わり者? それとも――。絵本作家の「お父さん」と幼い「ぼく」のほのぼの漫画 お笑い芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍し、初めて描いた漫画『大家さんと僕』がシリーズ累計120万部突破、第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞した矢部太郎さん。実の父である絵本作家・やべみつのりさんと、自身の幼少期のエピソードを描いた漫画『ぼくのお父さん』を6月17日、新潮社より刊行いたします。40ページ超の描きおろし、全編オールカラーの豪華版。 発売決定のお知らせから予約注文が殺到し、このたび発売前重版が決定しました。そして、谷川俊太郎さん、伊藤沙莉さん、阿佐ヶ谷姉妹さんからの推薦コメントも届きました!


 40年前の東京・東村山を舞台に、つくし採取、自転車の二人乗り、屋根から眺めた花火、普遍的でノスタルジックな心温まるストーリー。

 子どもを見守りながら、同じ目線で共に遊ぶ。常識にとらわれず、のびのびと子どもと向き合い、ときに親自身も成長していくエピソードはいまの子育て世代にこそ届けたい家族のすがたです。


やべみつのりさん×矢部太郎さん(C) 新潮社
■矢部太郎さんの父、やべみつのりさん
 1942年生まれ。絵本作家、紙芝居作家。絵本に『かばさん』『あかいろくん とびだす』、『ひとは なくもの』(共著)、紙芝居に『かめくんファイト!』『かわださん』などがある。96年に第34回高橋五山賞奨励賞を受賞。
 矢部太郎さんの最新作『ぼくのお父さん』のモデルに。


■『ぼくのお父さん』に寄せられた推薦の言葉
書店用POPに、以下の推薦コメントをお寄せいただきました。
矢部太郎『ぼくのお父さん』書店用POP

「なんでもない父と子のなんでもありの日々。 「仲間に入れて!」と言いたくなる。」――谷川俊太郎(詩人)

「あたたかい時間が 流れているのに、どうして こんなにも涙腺が 刺激されるんだろう。」――伊藤沙莉(女優)

「愛しさと切なさと 心許なさが!素敵!! 変テコお父さんNo.1!!」――阿佐ヶ谷姉妹(お笑いコンビ)


矢部太郎さん近影(C) 新潮社
■著者紹介:矢部 太郎(ヤベ タロウ)
 1977年生まれ。芸人・マンガ家。1997年に「カラテカ」を結成。芸人としてだけでなく、舞台やドラマ、映画で俳優としても活躍している。初めて描いた漫画『大家さんと僕』で第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。


■『ぼくのお父さん』サンプルページ

矢部太郎『ぼくのお父さん』(新潮社)サンプルページ1.
矢部太郎『ぼくのお父さん』(新潮社)サンプルページ2.
矢部太郎『ぼくのお父さん』(新潮社)サンプルページ3.
【タイトル】ぼくのお父さん
【著者名】矢部 太郎
【発売日】2021年6月17日
【造本】A5判(128ページ)
【本体定価】1,265円(税込)
【ISBN】978-410-351214-1
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/bokunootousan/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ