2019年7月25日発売予定の本格アドベンチャー『AI: ソムニウム ファイル』。打越鋼太郎氏&コザキユースケ氏タッグで話題のタイトルのゲームシステムや登場人物たちに関する詳細情報を紹介。

 スパイク・チュンソフトより、2019年7月25日発売予定のプレイステーション4、Nintendo Switch、PC(Steam)用ソフト『AI: ソムニウム ファイル』。本誌が先行入手した同作のゲームシステムや登場人物たちに関する詳細情報をお届けする。

【関連記事】

ソムニウムパート概要

 プレイヤーは、警視庁の特殊班に所属する刑事となり、現代の東京を舞台に連続猟奇殺人事件の捜査に参加。現実世界で行う“捜査パート”と、重要参考人の夢の世界に侵入する“ソムニウムパート”を行き来しながら、事件の真相に迫っていくことになる。

 夢世界で行うソムニウムパートでは、重要参考人の夢の中で、捜査の手掛かりを探すことが目的。手掛かりを得るためには、障害となる“メンタルロック”を解除して、“深層意識”の更に奥へと沈む必要がある。

ポイント1:【PSYNC装置】(≪夢世界≫に潜入できる装置)

 対象者と自分をセットして起動すると、対象者の夢(記憶)の中に潜入することができる装置だ。

ポイント2:6分以内にソムニウムの謎を解け

 対象者の夢世界にいられるのは6分間のみ。精神が崩壊する前に、謎を解く必要がある。

事件のショックで失声症を患ってしまった少女・みずきを助けるためにPSYNC装置で夢の中に入り込む

ポイント3:メンタルロック

 夢の中では対象者が手掛かりを思い出すための障害となっている“Mental Lock(メンタルロック)”がいくつか存在している。すべてのメンタルロックを突破することで、手掛かりが得られるという仕組みだ。

 ソムニウムパートは気になるモノを調べて、その対象物に対する行動を選んで進めていく。ただし、選択肢の行動にはそれぞれ消費時間が決まっており、制限時間の6分以内に目的が果たせるように慎重に選択する必要がある。

アイスピックを引き抜くと避雷針代わりに!?
つぎのメンタルロックへ

ポイント4:ルート分岐によるマルチエンド構成

 本作の物語はマルチエンディング構成。ルート分岐は数多く存在し、物語の結末は各ルートによってまったくの別物となっている。各ルートをクリアし、物事を多面的に見ることで事件の全貌が露わとなっていくというわけだ。

ルート分岐の例

(みずきの失声症を治せた)→
(新しい証言が!)
(みずきの失声症を治せなかった)→
(イリスに危機が?)

 ソムニウムパートは、捜査対象者ごとにまったく異なる世界が広がっている。

新キャラクター紹介

 主人公をはじめ、警視庁の特殊班“ABIS”のメンバーを紹介

伊達鍵(ダテカナメ)CV:新垣樽助

 警視庁の先進式人脳捜査部隊ABISに所属する警察官。PSYNC装置を用いて、容疑者や重要参考人の脳内に潜り込む力を持つ。6年前に左の眼球を失い、現在は高度な人工知能を搭載した義眼(AI-Ball)を嵌めている。

通称:アイボゥ ※正式名称AI-Ball (アイボール)CV:鬼頭明里

 ふだんは伊達の左目に入っているが、自宅などでは外に出て動き回っている。PSYNC装置で夢の中に入ったときには美しい少女の姿に。伊達の意識と脳内でリンクしており、伊達の分身のような存在として夢の中で活動する。

ボス CV:甲斐田裕子

 伊達の上司でABISの指揮官。伊達とは古くからの知り合い。日によって発言内容がころころと変わる能天気な楽観主義者……と見せかけながらも実は怜悧狡猾な策略家の面もある。

ピュータ CV:後藤ヒロキ

 ABISのエンジニアである天才メカニック。PSYNC装置の制御や調整を担当している。アイボゥを製作したのも彼であり、彼女の性格はピュータの趣味を反映している。