『ポケモン サン・ムーン』が2ヵ月連続で首位を獲得――2016年12月のソフト・ハード売上ランキング速報

ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2016年12月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。

●3DSとPS4の販売台数は前月比倍増

 ゲーム総合情報メディア“ファミ通”は、2016年12月の国内家庭用ゲームソフトおよびハードの売上データを発表した。集計期間は11月28日~12月25日(4週分)。

 以下、リリースより。


【家庭用ゲームソフト 月間売上本数】
1位 ポケットモンスター サン・ムーン(3DS)ポケモン 918,769本
2位 ファイナルファンタジーXV(PS4)スクウェア・エニックス 860,127本
3位 スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS(3DS)任天堂 743,388本
4位 妖怪ウォッチ3 スキヤキ(3DS)レベルファイブ 509,667本
5位 龍が如く6 命の詩。(PS4)セガゲームス 288,847本

【家庭用ゲームハード 月間売上台数】
1位 ニンテンドー3DS(合計)492,298台(先月1位 ニンテンドー3DS(合計)241,757台)
2位 プレイステーション4 397,607台(先月2位 プレイステーション4 204,015台)
(ニンテンドー3DSはニンテンドー3DS LL、Newニンテンドー3DS、Newニンテンドー3DS LL、ニンテンドー2DSを含んだ合計値、プレイステーション4はプレイステーション4 Proを含んだ合計値になります)

【家庭用ゲームソフト メーカー別売上本数】
1位 任天堂 148.2万本
2位 スクウェア・エニックス 98.2万本
3位 ポケモン 92.9万本

【2016年12月期の家庭用ゲーム市場について】
12月期のソフトランキングは、「ポケットモンスター サン・ムーン」(ポケモン/2016年11月18日発売/3DS)が2ヵ月連続で首位を獲得。月間で91.9万本を販売し、累計販売本数は300万本を突破しました。2016年に発売されたタイトルでは最大のヒットで、2017年もさらなる伸びが見込まれます。

新作ソフトでは、月間2位に「ファイナルファンタジーXV」(スクウェア・エニックス/2016年11月29日発売/PS4・Xbox One)のPS4版がランクイン。さらに、「スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS」(任天堂/2016年12月1日発売/3DS)が3位に、「妖怪ウォッチ3 スキヤキ」(レベルファイブ/2016年12月15日発売/3DS)が4位に登場しています。

そのほか、PS4向けの新作ソフトにおいては、「龍が如く6 命の詩。」(セガゲームス/2016年12月8日発売/PS4)が5位、「人喰いの大鷲トリコ」(ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア/2016年12月6日発売/PS4)が8位に入りました。

ハード市場では、年末商戦の勢いもあり、ニンテンドー3DSが前月から倍増となる49.2万台(5機種合計)を販売。また、プレイステーション4は「ファイナルファンタジーXV」の発売もあり、合計で39.8万台を販売し、こちらも11月期からほぼ倍増となりました。そのほか、11月10日に登場した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」は、月間で24.7万台を売り上げ、好調な販売が続いています。

2017年1月期は、「キングダム ハーツ HD 2.8 ファイナル チャプター プロローグ」(スクウェア・エニックス/2017年1月12日発売予定/PS4)や「ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期」(スパイク・チュンソフト/2017年1月12日発売予定/Vita・PS4)、「バイオハザード7 レジデント イービル」(カプコン/2017年1月26日発売予定/PS4・Xbox One)といった新作が登場。また、「Nintendo Switch」(任天堂/2017年3月発売予定)の発表・体験会が開催される予定で、大きな注目が集まります。年度末に向けて、家庭用ゲーム市場のさらなる盛り上がりが期待されます。

(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトのデータは、すべての種類を合計した数字となります。(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)