●両機種版とも大きくパワーアップ

 メディアスケープは、配信中のプレイステーション4、プレイステーション Vita用ソフト『東方紅舞闘V』について、本日2016年12月16日より最新アップデートを配信した。

以下、リリースより。


PS4/PS Vita「東方紅舞闘V」アップデート配信
PS4版は待望のPlayStation VR対応開始、PS Vitaはオンライン対戦対応に!

 メディアスケープ株式会社(東京都台東区 代表取締役:江崎 望)は、同社が推進する「Play,Doujin!」プロジェクト作品、サークル「CUBETYPE」開発のPlayStation4・PlayStation Vita用ゲームソフト、東方Projectファンゲーム「東方紅舞闘V(2016年11月2日より配信中)」の最新アップデートを2016年12月16日(金)より配信開始いたしました。
 本アップデートによりPS4版には「VRモード」が新たに追加されます。本モードはPlayStation VRを接続して360度視点のゲームプレイを楽しめるようになるものです。VRモードでは複数の視点モードに対応し、カメラの動きのゆるやかな酔いにくいモードから、VRヘッドセットに慣れている方向けのダイナミックな視点モードまで、お好みにあわせてお選び頂けます。文字通り、目の前で展開する360度の弾幕バトルをお楽しみください。
また、PS Vita版では本バージョンから、PlayStation Networkを介してのオンライン対戦「プレイヤーマッチ」に対応します。
 「東方紅舞闘V」はこのあとも引き続き、さらなる機能追加、調整を盛り込んだアップデート配信を予定しております。

▲VRモード/Battle
▲VRモード/Select
▲VRモード/Setting
▲PS Vita Online