CEDEC 2017が8月30日~9月1日に開催決定、セッション講演者は2月1日より募集開始

コンピュータエンターテインメント協会は、コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス”(CEDEC)の2017年開催日程を、2017年8月30日(水)~9月1日(金)に決定した。

●日本最大の開発者向けカンファレンス

 コンピュータエンターテインメント協会は、コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス”(CEDEC)の2017年開催日程を、2017年8月30日(水)~9月1日(金)に決定した。会場は、従来と同じく神奈川・パシフィコ横浜の会議センター。これにともない、セッション講演者の募集要項を発表。2017年2月1日(水)~4月2日(日)の期間で公募が行われる。

 以下、リリースより。


一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA、会長:岡村秀樹、所在地:東京新宿区西新宿)では、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス「コンピュータ・エンターテインメント・デベロッパーズ・カンファレンス」 (CEDEC=セデック:Computer Entertainment Developers Conference)の2017年開催日程を、2017年8月30日(水)から9月1日(金)に決定しました。会場は、これまで通りパシフィコ横浜会議センター(神奈川県横浜市)です。

また、開催決定に合わせて、「CEDEC 2017」セッション講演者の募集要項を決定しました。公募期間は、2017年2月1日(水)から4月2日(日)までです。募集要項は、別紙のとおりです。
CEDEC 2016は、210セッション、展示ブースは43、スポンサー数61社の規模での開催となりました。2016年は、多くのVRデバイスが一般に販売されたことで「VR元年」と言われました。こうした中、VR技術を特集した「VR Now!」を企画し、関係するセッション、デバイスやソリューションの展示、デモンストレーションを実施し、大きな注目を浴びました。
参加者数は、3年連続で6,000人を超え、過去最高の6,768人(2015年:6,373人)を記録しました。特に本年は学生だけが購入できる受講者パスを設けた結果、参加者に占める学生の割合が昨年を1.6ポイント上回る10.83%に、人数にして約200人増加して500人を超えました。このことから、CEDECが次世代のゲーム開発を担う人材の育成にも寄与し始めているものと推察します。

CEDiL(略称:セディル。正式名称:CEDEC Digital Library)ウェブサイトでは、CEDEC2016をはじめ過去のCEDECで発表されたセッションの資料などの情報が公開されています。コンピュータエンターテインメント開発者をはじめ、関連する産業、アカデミック、メディア等の方々にとって貴重な情報源となっています。現在、CEDEC 2016セッション資料と合わせて、合計1,586セッションの資料等を公開しています。CEDiLでは、無料の会員登録を行うことでセッション資料がダウンロード可能となるほか、セッション動画も閲覧できます。
※CEDiL

CEDEC運営委員会では、ゲーム開発にかかわる様々な技術における最新動向と、近い将来に活用される可能性のある技術等を編さんした「CESAゲーム開発技術ロードマップ」を2009年から毎年公開しています。CEDECでのセッションなどの傾向などから、近い将来のゲーム開発において重要と思われる技術テーマを選び出し、簡潔かつ判りやすく表現することで、概要をいち早く理解し、調査、研究、議論に活用できる内容となっています。2016年度版の公開は、2017年1月を予定しています。

●CEDEC 2017 セッション講演者 募集要項

・募集内容
CEDEC 2017では以下の各形式につきましてセッションを公募いたします。
<レギュラーセッション(60分)>:講演者が登壇し、講演して頂く形式です。
<ショートセッション(25分)>:レギュラーセッションより短い時間で講演して頂く形式です。
<パネルディスカッション(60分)>:あるテーマについて数人の討論者が討議を行う形式です。
<ラウンドテーブル(60分)>:テーブルを囲んでモデレーターと参加者が、あるテーマについて全員で討論します。
<インタラクティブセッション>:会場内に展示スペースを設け、発表内容の掲示及びデモンストレーションをして頂く形式です。
<ワークショップ>:参加者の作業する環境を整えて実施する参加型学習の形式です。
<チュートリアル>:主に入門、初心者を対象に基礎的な部分から応用までを解説し、一通りの基本的な内容を学べる形式です。
<CEDEC CHALLENGE>:決められたテーマや制限内で作成された成果物に対して、レビューやコンテストを実施する形式です。

・対象技術分野
次の部門に関連した技術やアイデア、ノウハウなど
エンジニアリング、プロダクション、ビジュアル・アーツ、サウンド、ゲームデザイン、ビジネス&プロデュース、アカデミック・基盤技術、ほか

・応募方法
CEDEC公式Webサイト上のWeb応募フォームに、必要な項目を記入し、ご応募ください。
※記載方法等詳細は、順次CEDEC公式Webサイトにて公開いたします。

・応募受付
2017年2月1日(水)~4月2日(日)必着

・採択審査
応募いただいた内容をCEDEC運営委員会が審査し、講演者としての採択を決定します。
※ 必要に応じて、追加資料を提出いただく場合があります。

・採択発表
2017年4月~6月頃、CEDEC事務局より応募者に直接ご連絡します。

・特典 <講演採択者>
・CEDEC 2017受講パス無償進呈
・講演者同士の交流を目的としたパーティへのご招待

<応募者全員>
・CEDEC 2017受講パスをCESA会員価格にてご提供
・CEDEC 2017基調講演への優先入場(要・別途受講者パス)
・CEDEC 2017ステッカー

・個人情報
ご応募いただいた内容および個人情報は、CEDEC運営目的以外には使用いたしません。

・問合せ先
CEDEC 事務局
e-mail speaker@cedec.jp