店内が『サガ スカーレット グレイス』一色になったコラボバーが銀座にオープン! “閃きスパークリング”など『サガ』らしいメニューが満載

東京・銀座にあるバー“銀座 B.E.HOUSE”が、2016年12月1日(木)~12月30日(金)の期間限定で、“サガ スカーレット グレイス Bar”としてオープン。本記事では、オープンに先駆けて行われたメディア向け内覧会をリポート。

●店内に足を踏み入れると、そこは『サガ スカーレット グレイス』の世界!

 東京・銀座にあるバー“銀座 B.E.HOUSE”が、2016年12月1日(木)~12月30日(金)の期間限定で、“サガ スカーレット グレイス Bar”としてオープン! これは、スクウェア・エニックスのプレイステーション Vita用ソフト『サガ スカーレット グレイス』(2016年12月15日発売予定)とのコラボレーションバーで、店内の装飾が『サガ スカーレット グレイス』一色になるほか、多数のコラボメニュー(ドリンク19種、フード12種)が展開される。

 オープンに先駆けて、メディア向け内覧会が行われたので、その模様をリポートしよう。

▲銀座 B.E.HOUSEが入っているビルの1Fに、“サガ スカーレット グレイス Bar”の看板が掲げられている。

▲エレベーターで7階に上ると……目の前にファイアブリンガーの姿が。待望の新たな出逢いに胸躍る!

▲いざ店内へ……。

 店内に入って驚いたのは、予想以上に“『サガ スカーレット グレイス』一色”であるということ。壁や衝立など、いたるところに小林智美氏のイラストがあしらわれている。テーブルには、印象的なスクリーンショットが配されており、なんとテーブルひとつひとつで場面が違う。

▲大きなスクリーンには『サガ スカーレット グレイス』のPVが映し出されている。

 メニューももちろん『サガ スカーレット グレイス』仕様。先述の通り、コラボメニューはドリンク19種、フード12種も用意されているため、どれを選べばいいか目移りしてしまう!

 なお、メニューの一部は、主人公キャラクターである“ウルピナ”、“レオナルド”、“タリア”、“バルマンテ”をイメージしたものになっている。気になる主人公のメニューを選んでみるのも一興だろう。

▲女の子らしさと武家の娘らしさを表現した、ウルピナのメニュー。花びらが美しいドリンク“ウルピナ”や、二刀が刺さった“ウルピナのピーチタルト”などが目を惹く。

▲農民であるレオナルドをイメージしたメニュー。“レオナルドのバーニャカウダ”には、レオナルドが作った野菜が使われている!?

▲テルミナ海の近くで工房を営むタリアのメニュー。“タリアの前菜盛り合わせ”には、テルミナ海をイメージした海産物を使用。

▲法廷処刑人バルマンテにちなんだメニュー。“バルマンテのポークグリル”には、彼のイメージカラーである黒と赤のソースがついてくる。お好みで付けて食べよう。

▲“瞬速の矢”や“隼斬り”などの技をイメージしたメニューも。

 また、メニューの中でユニークなものと言えば、陣形デザートだ。世界初!? の陣形を選べるデザートで、注文時に“フリーファイト”、“インペリアルクロス”、“アマゾンストライク”、“ゴブリンアタック”の中から好きな陣形を選んで頼むと、その陣形の通りに配置されたケーキ・ドライフルーツが届く。こんなメニューを本気で実現させてしまう“サガ スカーレット グレイス Bar”……その心意気、すばらしい!

▲手前にあるのが陣形デザート。こちらの陣形はアマゾンストライク。素早くなれそうな気がするが、残念ながら商品の攻撃力や素早さに変更はないらしい。

 もうひとつ、ユニークなメニューとして、“閃きスパークリング”を紹介しよう。『サガ』シリーズでおなじみの“閃き”をイメージしたドリンクで、電球型の入れものに入っている。このドリンクを注文すると、ふたつサイコロを振ることができ、出た目によっては特典がもらえるというのもおもしろい。6の目が揃うと、なんとお会計50%オフとのこと……そんな特典、用意しちゃっていいんですか!?

▲閃きスパークリングを注文した際に届くグラスの中には、ピカッと光る氷が入っていることがある。当たったらラッキー! ちなみに、閃きスパークリングを含む一部ドリンクはノンアルコールにも対応しているので、お酒が飲めない人でも安心。

 なお、コラボメニュー“ファイアブリンガー”を頼むと、ファイアブリンガーがデザインされたスペシャルコースターがプレゼントされる。さらに、土・日・祝はカフェタイム(12:00~17:00)も営業しており、この時間に来店すると、オリジナルランチョンマットをもらえるとのこと。

 くり返すが、このコラボレーションバーは2016年12月1日(木)~12月30日(金)の期間限定オープン。確実に楽しみたい人は、予約してから訪問するといいだろう。『サガ』好きの仲間とともに、コラボメニューに舌鼓を打ちながら、ゲームトークに花を咲かせてみては?

▲『サガ スカーレット グレイス』のゲームデザイン・シナリオを手掛ける河津秋敏氏と、プロデューサーの市川雅統氏も来場!

▲『サガ スカーレット グレイス』のパッケージと、プレイステーション Vitaのコラボモデル“緋の恩寵エディション(メタリック・レッド)”を披露した河津氏。コラボモデルの完成品を見るのは、この日が初めてだったとのこと。