ユービーアイソフトは、2016年4月7日に発売を予定しているプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ファークライ プライマル』にて、石器時代のコンセプトを解説するトレーラー第2弾と、開発の裏側を語る開発陣の解説トレーラーを新たに公開した。

●2本のトレーラーで『ファークライ』の魅力に迫る!

 ユービーアイソフトは、2016年4月7日に発売を予定しているプレイステーション4、Xbox One、PC用ソフト『ファークライ プライマル』にて、石器時代のコンセプトを解説するトレーラー第2弾と、開発の裏側を語る開発陣の解説トレーラーを新たに公開した。

 以下、リリースより。


 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、サバイバルアクションアドベンチャーゲーム『ファークライ プライマル』を2016年4月7日に発売いたします。本日、新たにトレーラーを2本公開しました。

石器時代コンセプト解説トレーラー2
 前半はウィンジャ族を再結成するために広大なオロスを旅するタカールが、ウィンジャを安全な地へと導き、仲間のスペシャリストからスキルを授かるまでの解説です。そして1万2千年前に絶滅した、インド・ヨーロッパ祖語を元にした「言語」を改めて創り出すための開発秘話です。この言語はゲームの全編に渡り使用され、さらに各部族の特徴を生かした3つのバージョンが必要という大規模なプロジェクトとなりました。

開発の裏側 解説トレーラー
 「ファークライ」シリーズの中でも要素を研ぎ澄まし、「プライマル(原始人)」というシンプルかつ、力強い世界を創りあげたかったという開発陣の解説トレーラーです。創り上げた世界に統一感を持たせることが重要と考え徹底的にリサーチを行い、舞台、部族の設定や言語の再現にこだわりました。リアルな石器時代を目指し原始人の動き方、話し方に現実味を持たせるための表現方法などを語っている興味深いトレーラーです。

【ファークライ プライマル ゲーム概要】
 イカれた石器時代を生き延びろ! 猛獣を操り、食物連鎖の頂点を目指せ!
 『ファークライ プライマル』はマンモスやサーベルタイガー等の大型の獣が地表を支配していた「石器時代」を舞台にしたアクションアドベンチャーゲームです。本作でプレイヤーは熟練の狩人となり、木材を集め、火を起こし、武器や道具を作成するなどして、「ヒト」が捕食対象であったこの時代を生き残り、食物連鎖の頂点に上り詰めるべく戦います。

新機能「ビーストマスター」とは?
 石器時代の人々は、食物連鎖の頂点に立っていませんでした。多くの専門家は、他の動物を飼いならす能力こそが人類が食物連鎖の頂点に立てた大きな要因だと考えています。本作の新要素である「ビーストマスター」の能力では、野生動物を意のままに操ることで、戦いや冒険を有利にすすめることができます。
 「ビーストマスター」の能力によりさまざまな猛獣たちを、餌を与えることなどで手なずけ利用することができます。野生動物をお供として偵察や攻撃に利用したり、フクロウをドローンのように偵察に利用することができます。一部のマンモスなどの大型猛獣は移動手段として使用することもできます。


ファークライ プライマル
メーカー ユービーアイソフト
対応機種 PS4プレイステーション4 / XOneXbox One / PCWindows
発売日 2016年4月7日発売予定
価格 パッケージ版:8400円[税抜]、ダウンロード版:7500円[税抜]
ジャンル サバイバルアクションアドベンチャー
備考 CERO:Z(18才以上のみ対象)