スマートフォン向けのリアル・ワールド・ゲーム『Ingress』や『Pokemon GO』の開発で知られるNiantic, Inc.。同社は『Ingress』が3周年を迎えたことを記念し、3周年レポートを公開。

●『Ingress』コミュニティはつねに進化し続けている

 スマートフォン向けのリアル・ワールド・ゲーム『Ingress』や『Pokemon GO』の開発で知られるNiantic, Inc.。同社は『Ingress』が3周年を迎えたことを記念し、3周年レポートを公開。また、Nianticの創業者・ジョン・ハンケ氏が、3周年を受けて、公式サイトへブログ(→こちら)を公開した。

 レポートでは、『Ingress』は200以上の国、地域でプレイされ、ダウンロード数は1400万を突破。2015年には『Ingress』を通じてエージェント(プレイヤー)たちの歩いた総距離が2億5800万キロメートル、ポータルの数が539万、ポータルを訪れた人が7億2900万人、レゾネーター(ポータルを確保するために配置するゲームアイテム)の配置された数が56億4000万に到達したことなどが報告されている。

 なお、週刊ファミ通2016年2月11日号(2016年1月28日発売)では、ナイアンティック社 日本法人の代表取締役社長 村井説人氏とアジア統括マーケティングマネージャー 須賀健人氏へのインタビュー記事を掲載。こちらもチェックしてみてください。

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER