東京ゲーム音楽ショー2016の前売り券が本日正午より販売開始 イベントへの想いを準備委員会代表に聞く

2016年1月23日に開催される東京ゲーム音楽ショー2016。ここでは、東京ゲーム音楽ショー準備委員会 代表 くまぁん氏に同イベントに向けての抱負などを聞いた。

●出展者、参加者双方が楽しめるイベントに

 既報の通り、2016年1月23日に晴海客船ターミナル4Fにて、東京ゲーム音楽ショー2016が開催される。“ゲーム音楽好きに贈る、ゲーム音楽コンポーザーが集う、ゲーム音楽の見本市”をテーマにした東京音楽ゲームショーは、ステージライブあり、トークショウあり、サイン会あり、物販ありとゲーム音楽ファンにはたまらない催し。今年も、ゲーム音楽を代表する豪華アーティストが集まり、盛大に開催される。

 ここでは、東京ゲーム音楽ショー準備委員会 代表 くまぁん氏にメールインタビューという形で、東京ゲーム音楽ショー2016に向けての抱負などを聞いた。

 なお、東京ゲーム音楽ショー2016の前売り券の販売は本日(11月28日)正午から開始される。気になる方は専用サイトでご確認を。

■東京ゲーム音楽ショー2016前売り券の詳細はこちら

――東京ゲーム音楽ショーは今回で3回めとのことですが、まずは、最初にイベントを開催するに至った経緯を簡単にお教えください。
くまぁん 私がもともとゲーム音楽イベントを主催していることもあり、同じ時期に「ファン向けのイベントができないか?」と複数のゲーム音楽家の方からご相談をいただいていました。自分自身が人生でゲーム音楽に救われたことが多かったので、「ゲーム音楽業界に恩返しがしたい」と思い快諾したのですが、準備期間もなかったため、お時間をいただいて、さまざまなファンの集まりに行って勉強させていただきました。
 100%いいところ取りというのは難しいと思いながらも、ゲーム音楽家の皆さんとご相談させていただいてから「やってみなきゃわからないことは、まずチャレンジしてみましょう」ということになり、第一回を開催することになりました。
 初めて実施する形のイベント形式だったため、非常に説明がしづらい状態だったにも関わらず、それでも「いいよ! おもしろそうだからみんなでがんばろう!!」と応じてくださった初回の出展者の方々、何だかわからない状態のままでも来場して楽しんでくださった450人の参加者の方々には、いまでも感謝しています。

――東京ゲーム音楽ショーの主旨はどのようなものになりますか?
くまぁん 全体に共通しているのは“出会い”です。「参加者がゲーム音楽家に会う」、「ゲーム音楽家がファンに会う」、「新しい音楽に会う」、「いままで知らなかったゲーム音楽の知識に会う」、「共通の趣味を持った参加者どうしで会う」など。当イベントでは参加者にいままで注目していたゲーム音楽家だけでなく、たくさんのゲーム音楽家と出会っていただきたいです。

――これまで東京ゲーム音楽ショーを開催されてきての手応えをお教えください。
くまぁん 一回目、二回目と会場内でお話した参加者で、「ゲーム音楽イベントには初参加です」という方が思ったよりも多かったので、いままで参加しなかった層がたくさん遊びに来てくださったのは、「まだまだやれることがある!」と思いました。手応えを感じるというよりも、「次回はここを直さなければ」、「今回のこれは残していこう」など、毎回努力と勉強ですね。

――これまでの東京ゲーム音楽ショーで、来場者の方にとくに好評だった点をお教えください。
くまぁん やはりゲーム音楽家本人と参加者の距離感が近いところですね。演奏、DJ、トークショーどれをとっても目線が近くに感じられるようにセッティングさせていただいています。
 会場内を歩いていても、ふつうにアーティストの方とすれ違いますから、いままでなかなかお話しできなかった方に気軽に話しかけることができたり、皆さんがお持ちのアルバムやゲームソフトなどにサインがもらえるチャンスですので、思い出も持って帰れるところも好評でした。

――ゲーム音楽関連の豪華アーティストが多数参加されていますが、ここまでアーティストさんに愛されている理由は何だと自己分析されていますか?
くまぁん 参加者の皆様の熱意と愛情が出展されるゲーム音楽家の方々に会場で直接伝わっているからだと思います。

――来年開催される東京ゲーム音楽ショー2016で、とくにテーマとしているポイントなどありましたらお教えください。また、とくに注目してほしいトピックは何ですか?
くまぁん じつは再来年以降の継続開催のために、定員が倍の会場へ引っ越すための計画を進めています。今回は会場内の様子や参加者の皆さん、出展者の方々の声をなるべく集めて、大きい会場へ移っても楽しんでいただけるよう運営側も勉強させていただきたいと思います。
 今年、とくに注目してほしいトピックは
・各出展ブース全部
・現時点で15あるステージ演目全部
 となると、つまり全部ですね(笑)。正直どれがおすすめを選ぶことはできないです。
 出展者の方々全員が「どうやったら参加者の皆さんに喜んでもらえるだろう?」と考えられて、中には半年前から準備をしていた方もいらっしゃいますし、ぎりぎりまで出展できないかスケジュール調整されている方もいらっしゃいます。時間がない中、出展のためにメーカー様に許可を取りにいかれる方もいらっしゃいます。参加者方の皆さんの気持ちを出展者の方々が受け取るだけでなく、出展者の気持ちを参加者の方々が感じて、双方の気持ちを通じてみんなが楽しめればいいですね。
 ステージに関しては、主催者側ではタイムテーブルで毎回頭を抱えているのですが、どうしても気になる演目が被ってしまうと思いますので、そこは申し訳ないですが、自己判断でお願いできれば……と。
 家族連れの方でもお楽しみいただけるように、保護者同伴の小学生までのお子様向けのサービスもご用意していますので「今度はパパが留守番する? ママが子どもを見ている?」ではなくて、いっしょに遊びに来てください。

――最後に、東京ゲーム音楽ショーを楽しみにしているファンの方に向けてのメッセージをお願いします。
くまぁん 初めて参加を予定されている方々には、「前売り2000円は安過ぎて間違い?」と言われますが、間違いではありません。お安くした分はイベント側からのお土産代です。
 お好きなアルバムにサインを付けて思い出としてお持ち帰りください。
 いままでも参加された皆様、皆様が楽しんでくださったおかげでイベントが大きく成長することができました。
 本当にありがとうござます。
 これからも参加者、出展者、みなさんで作る楽しいイベントにしていきましょう!
 当日会場でお待ちしております!!