2015年10月10日、『モンスターストライク』2周年を記念したユーザーイベント“超・超絶感謝祭 in nicofarre”が都内で開催された。その模様をリポートしよう。

●麒麟のMCでイベントは華々しく開幕!

 2015年10月10日、『モンスターストライク』2周年を記念したユーザーイベント“超・超絶感謝祭 in nicofarre”が都内で開催された。ニコニコ生放送で100万人が視聴した、その注目イベントの模様をリポートしよう。

▲ホールにはグッズコーナーもあり、長い行列ができていた。
▲等身大(?)の“オラゴン”が、来場者をお出迎え。
▲来場者の多くは、『モンスト』のTシャツを着用して、一体感を演出!

 同イベントはニコニコ生放送でも視聴できるということで、まずはMCを務める麒麟のひとり、田村さんが、視聴者に「おめでとう!」コメントの弾幕を要請。壁一面のモニターが「おめでとう!」で埋め尽くされたのちに、オープニングムービーが流され、イベントは華々しく開幕となった。
 ステージにはさっそく、麒麟のおふたりと、出演者一同が登場。ゲーム要員となるのは、マックスむらい氏とHIKAKIN氏などの面々だ。またファンにはおなじみの“モンストの中の人”であるスタッフも、サポートMCにバトル解説にと、その後のイベントの盛り上げ役になってくれた。
 オープニングに続いては、麒麟のおふたりが本日のラインナップを紹介。さらに、ニコニコ生放送の視聴者が20万人を超えるごとに、ユーザーに賞品をプレゼントするという、スペシャルな趣向も発表された。

▲「おめでとう!」コメントの弾幕で埋まったスクリーン。
▲ステージに並んだ出演者一同。左から、麒麟の田村さん&川島さん、HIKAKIN氏、AppBankのマックスむらい氏とマミルトンさんとあいたかはしくん、そして“モンストの中の人”の、さなぱっちょさん、ぱなえさん、テルーマン氏となる。
▲参加ユーザーに対応して賞品がグレードアップするという趣向だ。

●アニメの第1話&第2話をドーンと上映!

 イベントの最初の企画は、『モンスト』アニメコーナー。これは『モンスト』のオリジナルアニメが、イベント当日の10月10日にスタートすることを記念して、第1話と第2話を上映するという内容だ。ここでは解説役として、“モンストの中の人”の、りえっくすさんと、さしみさんも登場。ふたりによる登場キャラクターの紹介、そして本編上映により、ファンはいち早く、アニメの序盤の展開をその目で確かめることができた。
 なお、アニメの中に隠されたキーワードを見つけて、ゲームのメニューから答えを送ると、さまざまなアイテムをゲットできる仕組みとなっている。こうしたアニメとアプリとの連動企画も、大いに注目だ。

▲登場キャラクターを解説してくれた、りえっくすさん(左)とさしみさん(右)。
▲主要キャラのプロフィールが紹介された。
▲ファンはいち早くアニメの内容や、その魅力を確認できた。

 第1話と第2話のインターバルには、サプライズゲストとして、焔レン役の小林裕介氏と、若葉皆実役の木村珠莉さんが登場。声優おふたりが、完成したアニメを見ての心境を語ってくれた。
 「アニメを見て、ようやく始まったなと実感しています。絵がすごくキレイだし、音楽もアプリ内の曲をアレンジしているものが多いので、ゲームをプレイしている方にもなじみやすいのかなと思います」(小林氏)。
 「私もいち『モンスト』ファンとして、ゴゴゴゴ……といった文字が画面に出てくる演出がおもしろいなと思いながら、楽しく見させていただきました」(木村さん)。

▲特別ゲストとして、声優陣が登場。コメントを語ってくれた。

 また第2話終了後には、アニメ第1話とアプリの連動で実際に入手できる“オラゴン”をさっそく使用しての、エキジビジョンマッチを開催。マックスむらい氏や小林裕介氏など4人がタッグを組んでプレイに挑み、プレゼントキャラクターの技などを披露した。
 さらにここでは、アニメとも関連した最新情報ということで、ニンテンドー3DS版の『モンスト』も紹介された。スマホ版の魅力はそのままに、オリジナルモンスターや特別ゲストなど新要素が満載の期待作だ。ちなみにこの3DS版ソフトの紹介終了とともに、「ニコニコ生放送の視聴者、20万人突破!」が報告された。

▲本日最初のゲームプレイに、会場は盛り上がった。
▲新要素を引っさげて登場となる、3DS版『モンスト』。
▲最初の20万人を達成! 以降、この20万人ごとの演出がイベントを盛り上げた。