名越氏と横山氏がトークショーで『龍が如く 極』の魅力に迫る!【TGS2015】

2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの3日目となる19日に、セガゲームスのブースで、『龍が如く 極』のステージイベントが開催された。その模様をリポートする。

●原点となる『龍が如く』をブラッシュアップ

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの3日目となる19日に、セガゲームスのブースで、『龍が如く 極』のステージイベントが開催された。その模様をリポートする。


01.JPG

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。同イベントの3日目となる19日に、セガゲームスのブースで、『龍が如く 極』のステージイベントが開催された。同イベントには、開発陣の名越&横山の両氏も登場。多くのファンが詰めかけた、そのイベントの模様をリポートする。
 まずステージに飛び出してきたのは、芸人のほたるゲンジだ。『龍が如く』シリーズ通として知られる彼らがMCとなり、ひとしきり客席とのやりとりがあったのち、メインゲストのシリーズ総合監督・名越稔洋氏と、プロデューサーの横山昌義氏が登壇。以降は、ほたるゲンジが聞き役として、イベントが進行する展開となった。


02.JPG

▲司会のほたるゲンジ。じつはゲーム内で『龍が如く 5』に登場している。

 同タイトルは、原点となる『龍が如く』をリメイク、ブラッシュアップした作品。すべてを“極”レベルにしたということで、まずは作品紹介のビデオが流された。ここでまず司会者が振った質問は、10年以上前の作品を、なぜリメイクしようと思ったかだ。
 「いい作品ではあったのですが、技術的に劣っていた部分はありました。もしやり直せるなら、とは思ってました」という名越氏。続けて「新しく、ここから『龍が如く』に触れてくれる人もいるかもと思い、やってみることにしました」とも語った。1作目のうっぷんをはらすべく、新要素がふんだんに盛り込まれている仕様になりそうだ。


03.JPG

▲ゲストとしてトークを展開した、名越氏(左)と横山氏(右)。

04.JPG

▲ブースには多くのファンが詰めかけた。

 演者についても、「いま思える最高の形にするのがスジ、ベストだろう」(名越氏)ということで、豪華なラインナップ。新規シナリオもあることで、ボイスは全部取り直しになっているそうだ。ここでは、その一例として、ゲーム中で桐生の舎弟を演じる、杉田智和氏のセリフが流され、来場者が聞き入るシーンもあった。
 またミニゲームなど、お楽しみ要素も充実していて、こちらももちろん新規の内容が追加されている。
 「舞台は2005年なんですけど、当時の繁華街にあっておかしくない遊びは全部詰め込んだつもりですし、弊社の『ムシキング』をアレンジしたものも入れてます」(横山氏)。


05.JPG

▲豪華声優陣が人間ドラマを盛り上げる。