河津秋敏氏が『サガ スカーレット グレイス』は5人パーティーと明かす、実機画面も本当にチラリと公開【TGS2015】

PS Vita用ソフト『サガ スカーレット グレイス』のプロデューサー・シナリオを担当する河津秋敏氏が、SQUARE ENIX MUSIC Presents Composer Talk Showに出演し、新情報を明かした。

●タイトルの略称は『スカーレット』を推奨?

 2015年9月17日(木)から9月20日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2015(17日・18日はビジネスデー)。開催最終日となる9月20日、スクウェア・エニックスブースにて、SQUARE ENIX MUSIC Presents Composer Talk Showが行われ、ゲストとしてPS Vita用ソフト『サガ スカーレット グレイス』のプロデューサー・シナリオを担当する河津秋敏氏が出演した。

 なんと河津氏は、会場にPS Vitaを持ってきており、本当にちらりとだけ画面を見せた。また、バトルに参加するパーティーメンバーの数は5人とのこと。

 『サガ スカーレット グレイス』というタイトルについては「いつも意味があるのかないのかわかんないタイトルですけど、今回は内容に関係したタイトルです」、「“緋色の恩寵”といった意味です」(河津氏)。河津氏は略して『SSG』と呼んでいるが、ファンに対しては、美しく『スカーレット』と呼んでほしい、と語った。

 また、主人公は複数存在し、先日PVで公開されたふたりは若手担当。ほかにも、おじさんなどがいるそうなのでお楽しみに。

 SQUARE ENIX MUSIC Presents Composer Talk Showのリポートは、また改めてお届けする。