『Destiny 降り立ちし邪神』イベントステージリポート 開発陣がストライクミッションに挑む【TGS2015】

2015年9月17日から9月20日まで、千葉県・幕張メッセにて東京ゲームショウ2015(17日、18日はビジネスデイ)が開催。3日目のプレイステーションブースでは現在発売中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『Destiny 降り立ちし邪神』のステージイベントが行われた。その模様をお届けする。

●レベル40でもヒヤヒヤもの!

 2015年9月17日から9月20日まで、千葉県・幕張メッセにて東京ゲームショウ2015(17日、18日はビジネスデイ)が開催。3日目のプレイステーションブースでは現在発売中のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『Destiny 降り立ちし邪神』のステージイベントが行われた。その模様をお届けする。

 ステージイベントでは、発売中の拡張コンテンツ『Destiny 降り立ちし邪神』のストライクミッションに挑むというもの。ステージには米国Bungieのリードエンジニアルイス・ヴァレガス氏、システムエンジニアのスコット・カンケルボルグ氏、ローカライズマネジャーのトム・スラッタリー氏、SCEのPR担当トラビス氏が登場。
 まず始めにサービスから2年目となった本作の拡張コンテンツ『Destiny 降り立ちし邪神』で追加されるコンテンツについて説明。『Destiny 降り立ちし邪神』では、新しいストーリーミッションに邪神オリックスやその本拠の超巨大戦艦ドレットノートが登場。また、新たな対戦ルール“暁光“、“カオス”、“ゾーンコントロール”の追加、そして新たなサブクラスサブクラス“サンブレーカー”、“ナイトクローラー”、“ストームマスター”の3つが追加されている。
 プレイヤーの反響について聞かれるとトム氏は、「特にストーリーのフィードバックは好評で嬉しい」と述べた。


WA3_9381.JPG

▲リードエンジニアルイス・ヴァレガス氏(左)
システムエンジニアのスコット・カンケルボルグ氏(右)

WA3_9397.JPG

▲ローカライズマネジャーのトム・スラッタリー氏(右)
SCEのPR担トラビス氏(左)

 続いて実機プレイへ。今回は3人のガーディアンで組むファイアチーム向けに設計された“ストライクミッション”をプレイされた。しかし開始早々1分も立たないうちにトム氏が死亡。敵も非常に固く、「イベント時間に終了するのかな?」とさい先が不安になったのは内緒だ(笑)。


WA3_9552.JPG WA3_9580.JPG

 ミッションでは、スーパースキルを惜しみなく使う開発陣。スペルを駆使するマジシャンにエレクトリック・パワーが加わったウォーロックの新サブクラス“ストームマスター”のスーパースキルで、順調に敵を撃破していった。ルイス氏は戦略について聞かれると、「必ずスーパースキルを出せるときに出そう。出し惜しみはしない!」とコメント。拡張コンテンツでは、サブクラスのスーパースキルが攻略のカギとなりそうだ。


WA3_9493.JPG

▲プレイ中は自動的にマッチングした人たちと共闘することも。ゆるやかにほかのプレイヤーとマッチングされるのも、本作の魅力のひとつだ。

WA3_9508.JPG

▲移動すると、今度は別の宇宙船の中に。トラビス氏いわく、「ドレッドノートに墜落した宇宙船」とのこと。ドレッドノートが超巨大戦艦と言われるだけある。

WA3_9490.JPG

▲新エネミー“宿られた軍”。空中にポータルを展開し、その中から出てくる神出鬼没の敵だ。

WA3_9597.JPG WA3_9526.JPG

▲奥へ進むとシールドブラザーズと呼ばれる敵と遭遇。ガチガチな見た目と反して、スピード感と火力がある敵だ。

 無事クリアーできたものの、死亡回数も多くヒヤッとする場面も多々。決して開発陣のエイムや立ち回りが悪かったのではなく、入念な準備と仲間との連携を重視しないとクリアーが難しい高難易度のミッションであるのが伺えた。やりごたえのある本作、ぜひとも購入済みの人は装備を整えてチャレンジしてほしい。筆者も早く仕事を終えて、新しいサブクラスでプレイしたい。

 最後に本日9月19日より開催中のオンラインマルチプレイ無料キャンペーン“FREE MULTIPLAYER WEEKEND”が告知された。本キャンペーンは通常、PlayStationPlusに加入することで利用できるPS4のオンラインマルチプレイを、明日9月20日(日)まですべての対応タイトルにて楽しむことができる。2年目に入りさまざまなコンテンツが追加された『Destiny』を楽しむチャンス。気になる人はぜひこちらをチェックしてほしい。