『ストリートファイターV』ステージイベントリポート かりん参戦、ユーザー同士を繋ぎ自分の腕を磨くためのツールなど新情報が登場【TGS 2015】

千葉・幕張メッセにて、2015年9月17日から20日の4日間開催中の東京ゲームショウ2015。同イベントのカプコンブースにて開催された、“ストリートファイターⅤ スペシャルステージ”の模様をリポート。

●あの人気キャラクターが復活!

 千葉・幕張メッセにて、2015年9月17日から20日の4日間(一般公開は17日と18日)開催中の東京ゲームショウ2015。同イベントのカプコンブースにて開催された、“ストリートファイターV スペシャルステージ”の模様をお届けする。

 イベントでは、始めに『ストリートファイターV』プロデューサーの杉山晃一氏 と、アシスタントプロデューサーの綾野智章氏、そしてカプコンアメリカ オフィサーの小野義徳氏が登壇。改めて、本作で参戦が決定しているキャラクターを紹介した。


TAK_6591.JPG

▲左からプロデューサー杉山晃一氏 、アシスタントプロデューサー綾野智章氏、カプコンアメリカ オフィサー小野義徳氏

TAK_6613.JPG TAK_6617.JPG

 また、『ストリートファイターV』より登場する新規キャラクターの“ネカリ”、“ラシード”について、ネカリのコンセプトはダークヒーローがコンセプトで、髪型は蛇をイメージしておりまだ開かせられないがバッググラウンドもしっかり設定しているという。
 一方ラシードについては、風使いで風を使った飛び道具を出したり、風を利用して素早い移動したりと、トリッキーな動きが特徴と述べた。


TAK_6623.JPG

 さらに、復活キャラクターとして“神月かりん”の参戦が決定! かりんは『ストリートファイターZERO3』にて初登場したキャラクターで、その後は『カプコンファイティングジャム』に参戦。残念ながら『ストリートファイターIV』シリーズには登場しなかったが、ついに『ストリートファイターV』で復活を果たした。

 カプコンブース、プレイステーションブースで出展されている試遊台では、ステージ終了後より神月かりんの試遊が解禁されているので、ぜひ会場に足を運んでチェックしてほしい。


TAK_6689.JPG
TAK_6668.JPG TAK_6671.JPG

 続いて、本作独自のコミュニティーサービス“カプコン・ファイターズ・ネットワーク”が実装されることが発表された。このサービスは本作をプレイしているユーザ同士をつなぎ、気になったライバルやフレンドの詳細プロフィール、さらにはその相手に対戦を申し込むことが可能とのこと。相手がオフライン状態でも対戦を申し込める、いわゆる”対戦予約”のような機能もあるとのことだ(対戦相手がオンラインになったら通知が届くようにされている)。


TAK_6752.JPG

 またカプコン・ファイターズ・ネットワークでは勝敗数やキャラ使用率な、さらに“弱パンチがHITした数”、“投げ抜け成功率”、“コンボ平均ダメージ”といった詳細データをプレイヤーごとに記録し、集計されるので、気になった相手のプレイスタイルの分析にも使えそうだ。


TAK_6759.JPG

▲ヒートマップ
赤く表示されている界地図上に光る点ひとつひとつが、現在アクティブな格闘ユーザーとなる。

●ももち&ふ〜どがラシード、カリンで実戦に挑む

TAK_6786.JPG

 続いてステージには、スペシャルゲストとしてプロゲーマーのももち選手とふ〜ど選手が登場。杉山プロデューサー、綾野アシスタントプロデューサーとの4名で、スペシャルマッチが行われた。

 まず始めに綾野アシスタントプロデューサーとふ〜ど選手が対戦。綾野アシスタントプロデューサーはかりん、ふ〜ど選手はレインボー・ミカを選択し、対戦が行われた。レインボー・ミカを初めて使うというふ〜ど氏をよそに、綾野氏はしっかりコンボを決めていく展開に。綾野氏に一本とられたものの、2回戦目では上からナデシコやレインボータイフーンをしっかりキメていたが、惜しくも破れてしまった。

 杉山プロデューサー対ももち選手では、杉山プロデューサーがかりんで好戦を見せ、両者ともに打撃技や飛び道具で攻め合う果敢なファイトを展開するも 、ももち選手が2戦を連取する結果となった。

 かりんは『ストZERO3』のかりんは突進必殺技の“紅蓮拳”を主軸にしたキャラクターだったが、今回は紅蓮拳がVトリガー中の専用技に変更されていることがスペシャルマッチで確認できた。そのほか詳細なレポートはこちらで掲載しているので、ぜひチェックしてほしい。


TAK_6848.JPG TAK_6926.JPG

 ステージ最後には、第2回クローズドベータテストの実施が発表。応募期間は10月7日〜10月14日となる。第2回では日本を対象に10万人が参加できるとのこと。以前実施されたクローズドベータテストでは、延期などのトラブルもあったが、第2回では万全の状態で行うとのことだ。気になる人は忘れずに応募しよう!


TAK_6956.JPG
TAK_6564.JPG