闘会議2016で開催される各種ゲームの一大大会“闘会議GP(グランプリ)”。その地区予選が2015年9月13日、福岡県にて行われた“闘会議GP九州地区大会 in 中央ふ頭イベントヤード”を皮切りについにスタートした。

●来年1月末の闘会議2016への出場権を目指し、激戦が始まる

 闘会議2016で開催される各種ゲームの一大大会“闘会議GP(グランプリ)”。その地区予選が2015年9月13日、福岡県にて行われた“闘会議GP九州地区大会 in 中央ふ頭イベントヤード”を皮切りについにスタートした。

 闘会議GP九州地区大会では、スプラトゥーン甲子園、パズドラ インターナショナル チャンピオンシップ、あっちむいてホイ!日本最強決定戦の地区大会が行われた。

 なかでも注目は、現在、大ヒットしている『Splatoon(スプラトゥーン)』の全国大会、Splatoon甲子園。4人1チームでチャレンジする、4vs4のチーム戦によるトーナメントが行われ、出場チームした40チームのあいで、激戦がくり広げられた。チームの顔ぶれは、幼い子どももメンバーとして参加した家族や、学生の友だちどうし、社会人、女性プレイヤーも多数参加しており、まさに老若男女、誰でも楽しめる『Splatoon(スプラトゥーン)』を象徴する地区予選になった。

 そんな九州地区大会を勝ち抜き、2016年1月30日(土)・31日(日)の闘会議2016で実施される“Splatoon甲子園 全国大会”への出場権を獲得したのは、.Regen(ドットレーゲン)チーム。安定した強さで勝ち上がり、決勝戦では対戦相手の修羅チームと優勢・劣勢がコロコロ変わる激しい戦いになったものの、試合終わり間際残り10秒でも冷静に塗り替える勝負強さを発揮し、見事、九州地区を制覇した。

▲準決勝から3試合制で2試合先取したチームが勝ちというルールに。決勝戦の第2試合、互角の戦いだったが……。
▲第1試合、第2試合とも接戦を制し、ブルー側の.Regen(ドットレーゲン)チームが2連勝で優勝。
▲優勝した.Regen(ドットレーゲン)チーム。
▲老若男女が参加し、しかもチームワークがいいチームばかり。大会を解説していたイカ研究員さん(野上P・写真右)も、そんな大会の総括を聞かれ、感極まって声が詰まる場面も。

 なお、あっちむいてホイ!日本最強決定戦、九州地区大会はワイエムさん、パズドラインターナショナルチャンピオンシップ九州地区大会ではひろきーさんが優勝した。

 次回の闘会議GP地区大会は2015年9月19日、千葉県幕張メッセで行われる“闘会議GP関東地区大会 in 東京ゲームショウ”。こちらでも熱い戦いが期待できそう。お楽しみに!

※写真はニコニコ生放送の中継をキャプチャしたものです。