『攻殻機動隊ARISE』11月に舞台化決定! 藤咲淳一氏×奥秀太郎氏が描く“はじまりの物語”

原作誕生から25周年を迎えた『攻殻機動隊』シリーズより、アニメ『攻殻機動隊ARISE』の舞台化が決定。2015年11月5日~15日、東京芸術劇場プレイハウスにて上演される。

●キャストやチケットの詳細は順次発表予定

 原作誕生から25周年を迎えた『攻殻機動隊』シリーズより、アニメ『攻殻機動隊ARISE』の舞台化が決定。2015年11月5日~15日、東京芸術劇場プレイハウスにて上演される。

 演出は舞台『ペルソナ』シリーズや『BLOOD-C ~The LAST MIND~』の演出を手掛ける奥秀太郎氏、そして脚本は『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の脚本家でもあり、『攻殻機動隊ARISE』ではスーパーバイザーを務める藤咲淳一氏が担当する。

 舞台は11月5日~15日、東京芸術劇場プレイハウスにて上演予定。気になるキャストやチケット情報などは、続報が入り次第お届けしよう。

 以下、リリースより。



世界を震撼させてきた「攻殻機動隊」シリーズがまた世界を震撼させる!「攻殻機動隊ARISE」舞台化決定!

士郎正宗の原作誕生から25周年を迎え、現在「攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTURE」が放送中、そして6月20日には「攻殻機動隊新劇場版」の劇場公開がひかえている「攻殻機動隊」シリーズ。
ハリウッドでの実写映画化に続き、この度「攻殻機動隊ARISE」舞台化が決定致しました。


main

演出は舞台「ペルソナ」シリーズや「BLOOD-C ~The LAST MIND~」の演出も手がけ、映画監督でもある奥秀太郎、脚本は「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」の脚本家でもあり「攻殻機動隊ARISE」スーパーバイザーの藤咲淳一が担当します!

今作は藤咲淳一×奥秀太郎が贈る、攻殻機動隊結成前夜“はじまりの物語”。

公演は2015年11月5日~15日、東京芸術劇場プレイハウス。
今公演は特殊な映像演出の都合上DVD、ライブビューイング等の映像化は致しませんので是非劇場にて御覧下さい。

ハリウッドではスカーレット・ヨハンソンが演じる草薙素子役は今作では誰なのか。
そして、バトーやトグサ、荒巻大輔など9課の面々は誰が演じるのか。

出演者の発表、チケット情報など詳細は今後公式サイトなどで順次発表致します!

公演期間:2015年11月5日~15日
会場:東京芸術劇場プレイハウス
原作:士郎正宗
監修:冲方丁
演出:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一
製作:攻殻機動隊ARISE STAGE PROJECT
※公式サイト

攻殻機動隊とは
1989年に士郎正宗が漫画を発表。以来、映画・TVシリーズ・OVAとして映像化され、世界中にファンを持つSF作品。2013年より第四の攻殻機動隊プロジェクトとして「攻殻機動隊ARISE」がスタート。ヤングマガジン海賊版(講談社刊)にて連載を開始してから今年が25周年となる。




(C) 士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会