女児向けアミューズメントゲーム『プリパラ』新弾“2015 1stライブ”のライブ回数が100万回を達成! アニメ新キービジュアルも公開

タカラトミーアーツは、現在稼動中の女の子向けアミューズメントゲーム『プリパラ』について、ゲーム新弾“2015 1stライブ”のライブ回数が100万回を達成したことを発表した。

●子どもから大人まで『プリパラ』人気拡大中!

 タカラトミーアーツは、現在稼動中の女児向けアミューズメントゲーム『プリパラ』について、ゲーム新弾“2015 1stライブ”のライブ回数が100万回を達成したことを発表した。

 『プリパラ』は業界初のカメラ搭載プリンタ筐体で、ゲーム内に自分のプロデュースする“マイキャラ”を作り、ファッションコーディネイトとリズムゲームを楽しみながら“いいねポイント”を集め、“アイドルランク”のアップを目指していく。

 また、本日4月16日に、『プリパラ』の新キャラクター&キャスト発表会が開催。ナチュラル派の新アイドル“緑風ふわり”が公開された。こちらも要チェック!
※関連記事
『プリパラ』ナチュラル派の新アイドル“緑風ふわり”発表! ふわりを演じるのは声優の佐藤あずささん

 以下、リリースより。


 タカラトミーグループの株式会社タカラトミーアーツは、好評展開中の女児向けアミューズメント筐体『プリパラ』のゲーム新弾「2015 1stライブ」を2015年4月2日(木)より稼動開始し、この週のライブ回数が100万回を達成したことをご報告いたします。
 また、テレビ東京系6局ネットほかにて放送中の同タイトルのテレビアニメも非常に好評で、2015年4月4日(土)からは新シリーズがスタートしており、6月より新キャラクターが加わって更に盛り上がりを見せています。

アミューズメントゲーム『プリパラ』とは
 2014年7月10日より展開を開始した、業界初カメラ搭載プリンタ筐体です。ゲーム内に自分のアイドル「マイキャラ」を作り、ファッションコーデとリズムゲームを楽しみながらアイドルランクのアップを目指します(1プレイ100円)。

 ゲーム後に印刷されるチケットはパキッと2つに折ることができ、「マイチケ」と「トモチケ」に分かれます。自分の顔写真と「マイキャラ」が印刷された「トモチケ」は友達を交換して遊びます。友だちの「トモチケ」をゲームでスキャンすると、画面に友ダチの「マイキャラ」が登場し、一緒にアイドルチームを作ることができます。
 稼動から8か月で、120万人を超える“プリパラアイドル”がゲーム内に誕生しています。

4月2日よりゲーム新弾スタート! 1週間で100万ライブ達成!
 2015年4月2日(木)よりゲーム新弾「2015 1stライブ」が稼動開始しました。ゲーム内で遊べるキャラクターや曲が増えたことはもちろん、ゲームシステムを大幅にリニューアルし、様々な遊びの要素を追加いたしました。特に特徴的なのが、一定数プレイするとあらわれる新ステージ「ドリームシアター」です。より豪華な演出のこの「ドリームシアターライブ」をプレイした後には、通常の2倍の大きさの「ドリームチケット」が印刷されて出てきます。その特別感と圧倒的な存在感で、稼動直後から非常に好評を博していおります。

 このような人気を受けて、新弾「2015 1stライブ」が始まった最初の週(3月30日(月)~4月5日(日))には全国のゲーム筐体で系100万回のライブが行われました。『プリパラ』が稼動開始して過去最高の回数となっております。

▲プリパラパーク(アリオ亀有)

▲トモチケ交換ボード

全国各地に広がる“トモチケ交換”現象
 『プリパラ』のチケットをパキッと2つに折って(=“パキッて”)小さな方の「トモチケ」を友だち同士で交換することを、“トモチケ交換”と言います。この“トモチケ交換”は、名刺交換やシール交換のような昔ながらのアナログな交換遊びを楽しみつつ、ゲームの中に交換した「トモチケ」のアイドルが出てきて一緒にライブができるという、デジタルな楽しみも合わせ持っています。
 ゲームで遊んだあと、初対面の女の子同士が店頭で遠慮がちに“トモチケ交換”を始めたり、カリスマプレイヤー(「神アイドル」)のお姉さんを子どもたちが取り囲んで“トモチケ交換”してもらったり、という光景が各地で見られるようになり、ひとつの現象になっています。

 また、見ず知らずの人とも“トモチケ交換”ができる場所として「トモチケ交換ボード」があります。ボードに入っている「トモチケ」の中から好きなものを選び、自分の「トモチケ」と入れ替えて持ち帰ることができる場所で、『プリパラ』で遊んでいる様々な人が利用しています。「トモチケ交換ボード」はゲーム筐体の近くに店舗オリジナルのものが置かれていることが多かったのですが、4月のゲーム新弾稼動に合わせて、公式の「トモチケ交換ボード」を設置した「プリパラパーク」・「プリパラスポット」が全国に約300店舗導入されました。拠点となる8店舗の「プリパラパーク」とそれ以外の「プリパラスポット」は、主に量販店やアミューズメント施設にて展開中です。これにより全国の“トモチケ交換”現象がさらに活性化しています。

 『プリパラ』は、通信の発達した“スマホ時代”に、あえて手ざわりのあるアナログな交換遊びを取り入れたことで、今までになかったまったく新しい魅力のコミュニケーションを提供し、“開けたデジタルの遊び”を作り出すことに成功しました。

子どもから大人まで!『プリパラ』人気拡大中!
 3月7日に公開した『劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアー』は大ヒットとなり、特に一緒に声援が出来るイベント「アイドルおうえん上映」はオールナイト上映も開催さふれています。また、4月18日からは「東京ジョイポリス」とのコラボイベント「プリパラ in JOYPOLICE」がスタートし、アトラクション施設でも『プリパラ』を楽しむことができるようになります。
 東京ドームシティと福岡パルコに3月にオープンした「キャラクターショップ」は好調な売り上げを維持しています。また、子どもはもちろん、大人の間にも『プリパラ』に人気が広がっています。