ベヒーモスとの死闘も! 『ファイナルファンタジーXV』体験版で楽しめる要素を紹介

2015年3月19日にスクウェア・エニックスから発売予定の『ファイナルファンタジー零式 HD』の初回生産特典として、ダウンロードコードが付属する『ファイナルファンタジーXV』体験版。本稿では、その体験版にどんな要素が含まれるのかを公開しよう。

●3月19日、『XV』の魅力の一端をついに体験

 2015年3月19日にスクウェア・エニックスから発売予定の『ファイナルファンタジー零式 HD』の初回生産特典として、ダウンロードコードが付属する『ファイナルファンタジーXV』体験版。内容は製品版の序盤を特別編集したもので、“ダスカ地方”での冒険が楽しめるという。今回の記事では、体験版にどんな要素が含まれるのかを公開しよう。

[関連記事]気になるバトルの基本システムがわかった! 『ファイナルファンタジーXV』体験版の内容が判明!

■武器アビリティを駆使するバトル

 主人公のノクトは、複数の武器を切り換えながら戦う。武器にはアビリティが備わっている場合があり、それらを駆使して立ち回ることになるのだ。各地で個性豊かな武器を集めていくのも醍醐味となるだろう。

▲アビリティ“ジャンプ”。武器に備わったアビリティの入手も楽しみのひとつ。

■時間の流れる世界では夜間が危険

 本作には時間の流れがあり、朝、昼、夕、夜と世界はその表情を変えていく。体験版では、1時間ほどでゲーム内の1日が経過するようだ。1日のうちで、とくに警戒が必要なのが夜間。それまで洞窟などに潜んでいた強力な魔物が地表に現れ、徘徊する時間だからだ。

■その日の経験を消化する場となるキャンプ

 本作では、バトルで経験値を取得しても、その場ではレベルアップせず、キャンプをすることで、それまで取得していた経験値が消化され、レベルアップする仕組みだ。なお、キャンプはどこでもできるわけではなく、安全な場所でのみ実行可能。下の画像の“プルモの標”も、そんな場所のひとつなのだろう。

 また、キャンプでは、仲間どうしで語らうイベントが発生する場合があるほか、装備の調整を行えたり、仲間のイグニスが作った料理を食べられたりもする。料理によって、ステータスが強化されるなど、旅に役立つ効果が得られるのだ。画面には、体験版には反映されないのか、灰色の文字で“COOKING LV”の表示も。調理の腕が上がると、豪勢な料理が作れるようになるのかもしれない。同じく、“ABILITY”の欄も詳細は不明。こちらは、まだ公開されていないシステムに関係するものだろうか?

■ベヒーモス討伐ミッション

 どこかで情報を仕入れてきたグラディオが、角の欠けた“噂のベヒーモス”について話し出す。懸賞金が出るためか、一行はその討伐へと乗り出すことに。看板に書かれている“スモークアイ”が、魔獣の名前らしい。

▲“ダスカに棲みついた猛獣”というこのミッションでは、まず“薄霧の森”を探索し、ベヒーモスの生息地を特定しなければならない。仲間の声に耳を傾けつつ、ベヒーモスの痕跡を探そう。もちろん、その先に待つ戦闘に備えて、装備などを整えることも忘れずに。

 ベヒーモスは、初見のタイミングで挑むには、相当な覚悟が必要な相手。このバトル画面で注目したいのは、右のステータス表示。ノクトはHPがゼロになっているが、倒れるなど、いわゆる戦闘不能の状態にはなっていない。どうやらHPがなくなると、瀕死にはなるものの、すぐに戦闘不能に陥るわけではないようだ。また、唯一HPが残っているプロンプトが、ノクトに駆け寄っているのもポイント。瀕死のあいだに仲間から回復行為を受ければ、戦闘に復帰できるのだろう。

■ノクトの瞳が赤く輝く理由とは?

ノクトの瞳は、特別な状況下で赤く光ることがある。光る理由も、光ることで何が起こるのかも不明だが、これは仲間たちには起こらない現象で、ノクトのみに見られるのだという。ルシス王国の王子たる彼が秘める能力……それがもたらすものとは、いったい?



(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. MAIN CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA
※画面は開発中のものです。