スクウェア・エニックス・ホールディングスは、2015年3月期第3四半期(2014年4月1日~2014年12月31日)連結業績を発表した。

●ブラウザゲーム、スマホ、家庭用、各分野のゲームが好調

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは、2015年3月期第3四半期(2014年4月1日~2014年12月31日)連結業績を発表した。

 当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は1188億7400万円(前年同期比16.0%増)、営業利益は148億1400万円(前年同期比89.6%増)、経常利益は165億4300万円(前年同期比65.6%増)。四半期純利益は109億1600万円(前年同期比110.8%増)となった。

 デジタルエンタテインメント事業における当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高が754億5600万円(前年同期比33.4%増)、営業利益は141億500万円(前年同期比107.6%増)と大幅な増収増益となった。
 スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツにおいては、ブラウザゲーム「戦国IXA(イクサ)」やスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」が引き続き好調に推移。当年度にサービスを開始したスマートフォン向けゲーム「スクールガールストライカーズ」、「ファイナルファンタジーレコードキーパー」、「乖離性ミリオンアーサー」なども好調に推移した。
 また、家庭用ゲーム機向けタイトルにおいても、「キングダム ハーツ -HD2.5リミックス-」など新作タイトルの販売が増加したことや、昨年度発売したタイトルのリピート販売が好調であったことに加え、多人数参加型オンラインロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジーXIV」及び「ドラゴンクエストX」の運営が好調に推移したとしている。

 一方でアミューズメント事業では、アミューズメント機器の販売が減少したほか、アミューズメント施設運営において消費税率の引き上げによる影響もあり当第3四半期連結累計期間の売上高は312億4600万円(前年同期比13.6%減)、営業利益は32億5000万円(前年同期比25.9%減)となった。

 そのほか出版事業では売上高が92億5200万円(前年同期比22.6%増)、営業利益が26億7800万円(前年同期比60.8%増)。ライツ・プロパティ等事業も売上高が31億2000万円(前年同期比16.3%増)、営業利益が10億5800万円(前年同期比64.8%増)と、それぞれ増収増益となった。