D4エンタープライズは、レトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”において、新規コンテンツ『純情忍者ハナ血の爆弾丸 Vol.2』(PC-9801版)の無料リリースを本日2015年2月3日より開始した。

●ユニークなキャラたちの掛け合いとクイズを楽しもう

 レトロゲームの復刻ビジネスやデジタルコンテンツの配信を行なっているD4エンタープライズは、同社が運営するレトロゲーム配信サービス“プロジェクトEGG”において、新規コンテンツ『純情忍者ハナ血の爆弾丸 Vol.2』(PC-9801版)の無料リリースを本日2015年2月3日より開始した。本ゲームは、飛騨忍者の景虎爆弾丸となって、クイズをテーマに過酷で愉快な戦いに身を投じるという内容になっている。

以下、リリースより。


■純情忍者ハナ血の爆弾丸 Vol.2(PC-9801版)

ジャンル:クイズ
メーカー:コンパイル
配信サイトコチラ
発売日:2月3日
価格:無料(※プロジェクトEGG月額会員登録が必要です)

 爆弾丸、爆弾丸よ! おぬしに頼みがある。究極奥義、忍法金縛りを、事もあろうに私利私欲に使う輩がおる。「なんと。では、そ奴を消して参りましょう。」まあ、待て。消してはならん。第一、不貞と言うても究極奥義を使う男。一筋縄ではいくまいて。「では、どうしろと。」問答で勝負するのよ!!「ははっ。で、問答勝負とは、また、何ゆえに!?」それもまた、人生だからじゃ!

 本作は1992年に発売されたDS#19に収録されていたクイズゲーム。プレイヤーは飛騨忍者の景虎爆弾丸となって、今回もクイズをテーマに過酷で愉快な戦いに身を投じることになります。

 今回は前作の続きともいえる第4話“第3の女”からストーリーが始まります。前作と同様にユニークなキャラたちの掛け合いは、本作の見どころのひとつ。クイズをテーマにしているけれども、しっかりとしたコメディになっているあたりは、コンパイル作品ならではの魅力といえるかもしれません。

【ご注意】
 発売当時、クイズ終了後のパスワードを郵送してユーザー順位を競う企画があった関係で、クイズパート本選のクイズの正誤、結果はユーザーには開示されない仕様となっております。当時の企画はすでに終了しておりますので、あらかじめご了承ください。

純情忍者ハナ血の爆弾丸 #2 for PC-9801 (1992)

※“プロジェクトEGG”とは
 PC-9801、FM-7、X1といったようにプラットフォームが乱立していた1980年代。この時期に発売されたPCゲームは、いまのゲームに大きな影響を与えました。しかし記録メディアの劣化やプラットフォームなどの変化により、それらは次第に遊べなくなっています。
 D4エンタープライズでは、レトロゲームを文化遺産のひとつと考え“EGG”というプロジェクトを発足しました。過去の名作をWindows上に復刻し、いつまでも楽しめるようにすること。それが“プロジェクトEGG”の役割と考えております。