2014年12月6日(現地時間)、ソニー・コンピュータエンタテインメントは、アメリカ・ラスベガスにて、2015年に発売予定のタイトルを中心にお披露目するファンイベント“PlayStation Experience”を開催。

 同イベントは、今回が初開催となるだけに、どんなイベントになっているのか、わからないことだらけ。午前中には、Keynote(いわゆる発表会)が行われ、プレイステーション4を中心とした新作が多数発表された。Keynoteは試遊会場の隣で行われ、Keynote終了後、試遊会場への扉が開かれ、発表されたタイトルがすぐに遊べる、という流れ(Keynoteだけで発表され試遊できないものもある)。ここでは開幕直後の会場の様子を写真を中心にお届けしよう。

 広大な会場では、各タイトルごとに展示ブースが設けられ、東京ゲームショウなどと比べると、かなりゆったりした作りで見てまわるのはもちろん、試遊もかなり快適にできる印象(有料イベントのため、大混雑にもならない)。インディータイトルも多数出展され、どれから遊んでいいか目移りがするほど。

 また、別のホールでは、デベロッパーなどによるパネルセッションも多数予定されている。その模様は、→こちら で中継(ただし、英語のみ)されているので、興味がある人はぜひチェックしてほしい。パネルセッションの模様は、ファミ通.comでもピックアップしてお届けする予定なのでお楽しみに。