アークシステムワークスより2014年12月4日に発売予定の対戦格闘ゲーム『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』。週刊ファミ通2014年12月18日増刊号(2014年12月4日発売)では、6ページにわたって作品の注目要素を紹介。初心者に向けた立ち回りの指南や『ギルティギア』シリーズファンの声も紹介しています!

●家庭用の発売でアツい対戦の日々が始まる!

 アークシステムワークスから2014年12月4日に発売予定のプレイステーション4、プレイステーション3用ソフト『GUILTY GEAR Xrd -SIGN-(ギルティギア イグザード サイン)』(以下、『イグザード』)。本作は、『ブレイブルー』シリーズと双璧を成す、アークシステムワークスの看板格闘ゲームだ。全国のゲームセンターですでにアーケード版が稼動している『イグザード』だが、家庭用版にはダウンロードコンテンツとして新キャラクターのシン=キスク、エルフェルト=ヴァレンタイン、レオ=ホワイトファングの参戦が明らかになっている。さらに、システムが充実しているオンライン対戦や、アーケード版の“その先”を描いたアドベンチャーゲーム風のSTORYモードなど、多彩なオリジナル要素が導入されているのだ。週刊ファミ通2014年12月18日増刊号(2014年12月4日発売)では、『イグザード』の魅力を紹介しつつ、初心者に向けた基本的な立ち回りかたを伝授。『ギルティギア』シリーズのファンを対象としたアンケートの結果も掲載している。また、レオ=ホワイトファングに関しての新情報も公開しているので、ぜひチェックしてほしい!

 詳細は週刊ファミ通2014年12月18日増刊号(2014年12月4日発売)でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER

(C) ARC SYSTEM WORKS