2014年11月29日、『アラド戦記』のオフライン大会“天下一決定戦2014”において、2015年上半期までのアップデート予定が発表された。

●新キャラクター&新コンテンツがバリバリ実装!

 2014年11月29日、オンラインアクションRPG『アラド戦記』のナンバー1プレイヤーを決めるオフライン大会“天下一決定戦2014”が開催された。会場は東京・品川インターシティホール。決闘(PvP)とダンジョンタイムアタックの2部門の試合が実施され、白熱の対戦の連続に会場は大いに盛り上がった。

 本稿では試合開始に先駆けて発表された今後のアップデート予定を中心にお届けする。大会リポートは後日公開予定だ。

▲左から、大会解説のpa-in氏(左)、実況のyukishiro氏、MCの唯川明日香さん。
▲アップデートの発表を行ったGMガンジス氏(左)、グローバル室 アジアサービスチーム コンテンツ企画のク・ギョンモ氏、GMフォルテ氏(右)。

●新キャラクター&新職業が追加

 最初に発表されたのは、2014年12月3日実装予定の新キャラクター“ナイト”。ナイトは16歳の女の子で、剣と盾を装備する近接戦闘タイプ。適正武器は大剣だ。さまざまなパラレルワールドに存在する別の自分とシンクロし、その能力を借りて戦う戦闘スタイルが特徴。キャラクターボイスは人気声優の内田真礼さんが担当する。

 『アラド戦記』ではレベル15になると上位職に転職可能で、ナイトと同時実装される上位職は“エルブンナイト”と“カオス”の2種類。

■エルブンナイト
 エルブンナイトは妖精の女の子。自然の力と騎士の力を融合させた戦い方を得意とする。鹿や猪といった森に住む動物の力を借りることができ、騎乗スキルや防御スキルといった多彩な技を使いこなす。
 レベル50での覚醒(職業の能力をさらに高めること)後は“ピースメーカー”という名称に変化。剣で敵を押し出した後、ペガサスに騎乗して地上の敵を攻撃する覚醒技“天馬閃光”などを使用可能になる。

■カオス
 魔界人と悪魔の間に生まれた少女。凶暴で残酷な性格をしており、尖った耳とオッドアイが特徴。かわいらしい悪魔を呼び出して戦うのが得意で、適正武器は小剣だ。覚醒後はカオスから“魔王”に変化し、悪しき神アテンの手を召喚して敵を殴りつける覚醒技“悪神乱舞”などを使用可能に。

●2015年上半期アップデート! 大規模コンテンツ“アントンレイド”実装

■アントンレイド
 続いて、2015年上半期に予定されているアップデート内容が発表された。新規コンテンツ“アントンレイド”が実装され、冒険者たちは強大な敵“アントン”と対峙することになる。アントンへの進撃の準備は“ノーブルスカイ”という待機室で行える。

▲“ノーブルスカイ”は対アントン用に改造された船。冒険者たちはこの船に乗り込み、アントンが次元の亀裂にたどり着く前に打倒し、天界の平和を取り戻すことが目的。

【ノーブルスカイのNPC】

 “アントンレイド”のシステムについて、ク・ギョンモ氏は「冒険者たちに、これまでとは違う新しいプレイ経験を提供します」と語る。アントンレイドに登場するモンスターは既存モンスターのコピーではなく、すべてが新開発だという。

▲韓国では未公開の開発原画で、今回のイベントが初公開。

 アントンレイドには20人の攻撃隊を編成して挑戦し、フィニッシュまでの所要時間は約40分間。統合チャンネルが使用されるため、別サーバーの冒険者ともいっしょにプレイ可能だ。アントンレイドでのみ獲得できるエピック、レジェンダリー装備が登場するほか、クロニクル装備をアップグレード可能な“次元のエネルギー付与書”も入手できる。

▲アントン体内の溶岩があふれる地域に出現するモンスター。“アントンの守護者”というイメージで制作された。
▲アントンの中心部にある、アントンの心臓。アントンレイドのフィナーレになるマップらしい。

■シーフの3番目の職業 くノ一
 ローグ、死霊術師に続くシーフの3番目の職業として“くノ一”が実装される。変則的な攻撃をくり出し、これまでにない戦闘スタイルになるという。実装時には、韓国でも導入されていないオリジナル要素が加わる予定とのこと。

■プリースト2次覚醒
 レベル75に到達して“2次覚醒”を行うことでキャラクターをさらに強化できる。2015年上半期にはプリーストの2次覚醒が4職業ぶん同時に実装されるという。

【クルセイダー2次覚醒 セイント】
バフタイプもバトルタイプも両方とも満足させる形で改変し、新規スキルを追加。


【インファイター2次覚醒 ジャスティス】
インファイターは操作の面白さに対してキャラが弱いという評価を受けてきたとのこと。ジャスティスになると、操作する楽しさは維持しつつ、技術を高めるほど強くなるように改変されている。


【退魔士2次覚醒 太乙仙人】
物理・魔法タイプのどちらも満足できるよう、それぞれの特性を活かした改変になる予定だ。


【アベンジャー2次覚醒 イモータル】
アベンジャーは悪魔に変身して戦う、独特のプレイスタイルのキャラクター。2次覚醒により、悪魔になったときのドットイメージを改善し、ビジュアル的にも進化。悪魔化以外に、半人半魔という新しい追加段階が追加される。

■松田慶三クリーチャー
 2015年春に、プロレスラー松田慶三氏をモチーフにしたクリーチャー(いわゆるペットキャラ)として実装予定。松田慶三氏は2013年夏に実施された『アラド戦記』イメージキャラクターオーディションで特別賞を受賞しており、公式の生放送にも出演するなど、ユーザーにはおなじみの存在。

▲ここで本人登場。松田氏は「需要はあるんですか?」と不安そうな素振りを見せていたが、会場からの反応は上々。

 『アラド戦記』のクリーチャーはゲーム中に吹き出しで話すことがあるので、その場でセリフを決定することに。松田氏はおちゃめなクリーチャーにしたいらしく、その場で台詞パターンを提案した。無茶ぶりもいいところである。

台詞(1)クリーチャー装備時
「さぁ、やろうぜ!」

台詞(2)名前を呼ばれたとき
「は~い!(元気に)」

台詞(3)お腹が空いたとき
「肉、肉くわせろ~」

台詞(4)レベルアップしたとき
「ぃよっしゃぁぁぁ!」

台詞(5)主人(装備しているプレイヤー)が死んだとき
「ありがとうございました」

■そのほかのアップデート

▲【修練の部屋】多彩なモンスターを召喚して戦闘の訓練を行える施設。
▲【状態異常改変】精錬によって状態異常ダメージが追加されるようになる。