●終焉を予知された帝都東京で、運命の幕が上がる――

 コーエーテクモゲームスは、2015年に発売予定のプレイステーション Vita、プレイステーション・ポータブル用ソフト『遙かなる時空の中で6』について、ゲーム中に登場する主要キャラクター3名と出演声優を公開した。

 今回公開されたキャラクターは、本作の主人公で“黒龍の神子(みこ)”の高塚梓(たかつか あずさ)と、帝国軍・精鋭分隊隊長の有馬一(ありま はじめ)、“鬼の一族”の首領・ダリウスの3名。
 不思議な声に誘われ大正時代に似た異世界へ時空移動をした主人公は、鬼の一族であるダリウスに保護され森で暮らすことに。新たな文化・思想が行きかう帝都・東京にて、鬼の一族たちと龍神の力を高めるために戦いに奔走していく。

 登場キャラクターのボイスは、前作『遙かなる時空の中で5』で主要キャラクターを演じた、寺島拓篤さん、鈴村健一さん、阿部敦さん、岡本信彦さん、立花慎之介さん、竹本英史さん、四反田マイケルさん、安元洋貴さんが引き続き担当。フルボイスで物語を盛り上げる。

■あらすじ
 ふつうの女子高生だった高塚梓(たかつかあずさ)は、不思議な声に誘われ大正時代に似た異世界へ時空移動してしまう。
 新たな文化・思想が行き交う帝都の街は、怨霊と呼ばれる異形の存在が蔓延っていた。
 【鬼の一族】であるダリウスに保護され、森で密やかに暮らすことになった梓は、自分が【龍神の神子】であることを教えられる。
 怨霊を倒し、もとの世界に戻ることを目指して鬼の一族たちと龍神の力を高めるために戦いに奔走していく――。

■登場キャラクター

◆高塚梓(16歳 主人公/黒龍の神子)
「私に力があるのなら、この世界を壊させたりしない」
 女子高生。自分が龍神の神子のうち、黒龍を司る神子であることは知らされていない。冷静な判断ができるが、意外と情にもろい面も。

◆有馬一(23歳 帝国軍・精鋭分隊隊長/声:寺島拓篤さん)
「精鋭分隊だ ――そこを退け」
 帝国軍の対怨霊討伐組織、精鋭分隊の隊長。怨霊討伐の腕において、帝国軍内で右に出る者はいない。軍人らしく、めったに愛想を振り向かない高潔な人物。

◆ダリウス(24歳 鬼の一族・首領/声:鈴村健一さん)
「ようこそ、歓迎するよ ――君は俺の運命だから」
 鬼の一族として、異質な美しさを持つ青年。幻術に秀でており、術を駆使して帝都の森の奥に潜んで暮らしている。異世界に時空移動した主人公を邸にかくまった人物。

▲声:阿部敦さん
※詳細は後日発表予定
▲声:岡本信彦さん
※詳細は後日発表予定
▲声:立花慎之介さん
※詳細は後日発表予定
▲声:竹本英史さん
※詳細は後日発表予定
▲声:四反田マイケルさん
※詳細は後日発表予定
▲声:安元洋貴さん
※詳細は後日発表予定