『ドラゴンクエストX オンライン』プレイリポート その97

2012年8月2日に発売された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、そして2013年12月5日に発売された追加パッケージ『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』(以下、『DQX』)をプレイして、おもしろかった出来事や日々感じたことを、気ままに綴ります!

●サントラゲット! 音楽を聴いてテンションMAX!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 2014年7月23日に発売された、『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オリジナルサウンドトラック』をゲットしました! このサントラには、バージョン2で使われている曲が収録されています。発売日がバージョン2.2後期アップデートの前日だったので、音楽を聴きながらワクワクしていました(笑)。

 俺は過去シリーズの曲に思い入れが強すぎて、このサントラにも収録されている名曲の数々を聴くと、思わず涙腺が緩んでしまうほど。「大げさに言ってるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、本当なのです(笑)。

 そんな感じでテンションが最高潮まで上がったところで、バージョン2.2後期のアップデートも無事に実施されてよかった! このサントラには、特典アイテムとして“天空のオルゴール”が付いていたので、さっそく家に設置してみました!

▲いいですね! 今後も、名曲が聴けるオルゴールシリーズをたくさん出して欲しい!

 そして、肝心のバージョン2.2後期アップデートですが、内容はすばらしいのひと言! バージョン2.2前期では気分転換に人間の姿で暮らしていた俺ですが、今回からまたオーガの姿に戻してプレイを始めたいと思います!

▲ひさびさのオーガ。よろしくです!

●王家の迷宮が超楽しい!

 まず手始めに、楽しみにしていた追加ストーリーをクリアー! 今回も堪能させていただきました。そして、今回のアップデートで追加されたストーリーを途中まで進めることで、アンルシアや仲間モンスターといっしょに冒険できるソロ向けコンテンツ“王家の迷宮”が遊べるようになります。

 俺は、以前のリポートで書いたように、バイキルトを習得させたホイミスライムを連れて、自分は武闘家で挑戦してみました!

▲アンルシアの部屋に、王家の迷宮への扉が出現します。

 王家の迷宮では、“王家の墓”にある扉を調べることで行き先を選択できます。最初は、地下1階“薄明の空園”からスタート。

▲キ、キター!ヽ(゚∀゚ )ノ

 こ、この曲は! 王家の迷宮で流れるBGMは、『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』のフィールド曲“果てしなき世界”でした! そして、戦闘曲も『DQII』! これは涙腺がヤバイ!

 さて、ここからは王家の迷宮について解説していきます。

 迷宮の第1の領域(最初の階層)では、“勇気の輝き”が200の状態からスタートします。勇気の輝きは時間とともに徐々に減少していき、ゼロになる前につぎの階層へ進む扉まで到達しないと強制退出させられてしまう、という仕組み。道中にいる敵を倒すと、“光の霊玉”を獲得でき、勇気の輝きも少し回復します。つまり、道中の敵を倒して勇気の輝きを補充しつつ、光の霊玉を集めてつぎの階層にいく、という感じで進んでいくわけですね。

▲光の霊玉は、つぎの階層で必要になるアイテム。集められるだけ集めるのが理想です。

 第1の領域をクリアーすると、休息の地へと移動になります。

▲休息の地では、勇気の輝きが減少しません。ゆっくり滞在して、つぎの階層の準備ができます。

 ここで、先ほどの階層で集めた光の霊玉が、つぎの階層へ挑戦する際の勇気の輝きに変化します。光の霊玉1個につき勇気の輝き30になるみたいです。霊玉10個で勇気の輝き300という感じですね。

 さらに、休息の地には魔人がいます。魔人に話すと、勇気の輝きを渡す代わりに、さまざまな特殊効果を付加してくれます。どんな特殊効果を付加してくれるかは、完全にランダムの模様。もちろん、不必要な特殊効果だった場合はスルーしてかまいませんが、移動速度1.3倍や、獲得経験値2倍、攻撃力と攻撃魔力を20%アップなど、かなり便利な特殊効果もあるので、そのときの状況で判断して決めましょう。

 休息の地を抜けると、第2の領域に入ります。こちらも第1の領域と同じく、敵を倒しながらつぎの階層の扉を目指せばオーケー。

▲第2の領域をクリアーすると、神殿への道に到着しました。

 名前は違えど、神殿への道も勇気の輝きを失われない休憩場所となっています。そして、休息の地や神殿への道、そして第1、第2の領域では、“ゆめみの箱”を発見できることも。ゆめみの箱の説明は後でするとして、神殿への道を進むと、ボス戦となります。

▲ボスを倒すと、つぎのエリアへ進む扉を開放してクリアー。

 クリアー後は、手に入れたゆめみの箱が“うつしよの箱”に変化して“どうぐかばん”に入り、アンルシアの部屋へと戻ってきます。

 ……と、ここまでが王家の迷宮の基本的な流れとなります。

 地下1階をクリアーすれば、つぎに挑戦するときには、地下2階へ進めるようになります。このようにどんどんクリアーしていき、最深部を目指していくのが目的のようです。

 さて、先ほどチラっと出てきた“ゆめみの箱”について。ゆめみの箱は、銅箱、銀箱、金箱の3種類あり、入手するには勇気の輝きを使う必要があります(銅箱=20 銀箱=40 金箱=60)。

 手に入れた箱は、迷宮をクリアーしたときに“うつしよの箱”へと変化します。それをアイテムとして使うと、各種オーブやふくびき券、ボスカード、そして王家の迷宮でしか入手できない腰アクセサリー“輝石のベルト”などなど、多彩なアイテムに変わるのです。

 要するに、おみくじアイテムみたいなものですね。変化するアイテムの質は、銅→銀→金の順によくなっていくと思われます。

 ゆめみの箱を取る際に気をつけたいのが、勇気の輝きの残数。目に入るゆめみの箱を片っ端から回収していくと、恐らく勇気の輝きが足りなくなって、クリアーできずに強制退出になる危険があります。強制退出時は、手に入れたゆめみの箱は没収されてしまうので、いかに勇気の輝きをゼロにさせずに、ゆめみの箱を集めていくのかがポイントですね。

 深い階層になるほど、銀箱や金箱が出やすくなりますが、敵も強力になるので、自分や仲間モンスター、アンルシアの能力と相談しながら決めていきましょう。

 ちなみに、俺も何度か挑戦して“輝石のベルト”を入手できました。輝石のベルトは、“+2”や“+3”といった、すでに合成済みのものが入手できます。付加される合成効果も非常に多彩で、たぶん数十種類はあるんじゃないかと思われます。その中からランダムで合成効果が付加されるので、お目当ての性能を持った輝石のベルトを手に入れるのは、相当な運が必要になりそうですね。

 というのも、輝石のベルトは、合成屋リーネの力も及ばない(=合成できない)アクセサリーなのです。まさに、入手したときの性能がすべての一発勝負! レアな合成効果がついた輝石のベルトを求めて、何度も挑戦したくなりますね!

 ちなみに、俺がいくつか入手した輝石のベルトの中で、「そこそこよさそう」と思ったものがコチラ。

“攻撃時 2.5%で猛毒”がついているので、短剣のポイズンスケイルと合わせれば有用そうです。幻惑と、スライム系にダメージアップもそれなりにいいかな?

 こちらは、“戦闘勝利時に MP1~3回復”が付いたもの。重要なのは、腰アクセサリーでMPが回復できるというところ。ソーサリーリングと合わせれば、戦闘が終了するたびにMP回復が4~8も回復することになります。特技のMP消費が少ない職業ならば、輝石のベルトだけ装備して指は“ちからのゆびわ”にしても楽しそうですね。

 もし、合成結果が理論値に達しているソーサリーリングを持っている人ならば、MP回復が7~11回復になりますね。オノで蒼天魔斬を使ってもMPが減らなくなるんじゃないですかね、コレ……(笑)。

 それにしても、王家の迷宮が本当におもしろすぎます! 今回は、王家の迷宮のリポートだけでかなり長くなってしまったので、それ以外の新要素については、次回またリポートしていきます。

 では最後に、勇者姫アンルシアのスキルラインをご覧ください。まさに勇者と呼ぶにふさわしい能力です(笑)。

 俺はいまのところ、“闘士”と“正義”にスキルポイントを振っています。アンルシアに“はやぶさの剣”を装備させるのが、かなり強いです。基本攻撃力が低いはやぶさの剣でも攻撃力500くらいまで上がり、行動ターンもメチャクチャ早くなるので、アンルシアがとんでもないアタッカーへと変貌します!

 「アンルシア、どういう感じで育てようかなー」と決めかねている人は、ぜひお試しください。それでは、また次回!

▲こ、これは……!?

●お知らせ

 Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトはこちらからダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

 駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

■過去のプレイリポートはコチラ
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30
その31 その32 その33 その34 その35 その36 その37 その38 その39 その40
その41 その42 その43 その44 その45 その46 その47 その48 その49 その50 
その51 その52 その53 その54 その55 その56 その57 その58 その59 その60
その61 その62 その63 その64 その65 その66 その67 その68 その69 その70
その71 その72 その73 その74 その75 その76 その77 その78 その79 その80
その81 その82 その83 その84 その85 その86 その87 その88 その89 その90
その91 その92 その93 その94 その95 その96


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / PCWindows / WiiWii
発売日 サービス中
価格 30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』は各3800円[税抜](各4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は2014年8月7日発売予定、4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』をプレイするには、バージョン1『目覚めし五つの種族』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 2014年9月4日発売予定
価格 30日間 1500円[税抜](1620円[税込])※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●ソフト価格は3800円[税抜](4104円[税込]) ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込])、30日間利用券は1500円[税抜](1620円[税込]) ●専用ダウンロード番号、60日間利用券引き換えコード、特典アイテムコード、ポスター、ふくびきカード付き ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力


ドラゴンクエストX dゲーム版
メーカー スクウェア・エニックス
発売日 サービス中
価格 10日間 650円[税抜](702円[税込])※詳細は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●Wi-FiまたはLTE対応 ●対応機種は『DQX』公式サイト(http://www.dqx.jp/)をご確認ください ●プレイにはdocomo回線およびSPモードの契約が必要です ●3日間利用券は350円[税抜](378円[税込])、10日間利用券は650円[税抜](702円[税込]) ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2014年7月29日時点のものです。