『フリーダムウォーズ』ノベライズ化&Web連載決定! 牢国都市パノプティコンの中枢機関“歴史編纂室”で新たな物語が描かれる!

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから発売中の、プレイステーション Vita用ソフト『フリーダムウォーズ』。本作のノベライズ化、そしてファミ通.comの『フリーダムウォーズ』特設サイト“ファミ通PT広報部”での連載スタートが決定した。

●2014年8月28日からスピンオフノベライズ連載スタート!

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアから発売中の、プレイステーション Vita用ソフト『フリーダムウォーズ』。荊(イバラ)を使ったアクションだけでなく、重厚な世界観も好評な本作のノベライズ化、そしてファミ通.comの『フリーダムウォーズ』特設サイト“ファミ通PT広報部”での連載スタートが決定した(ファミ通PT広報部は→こちら)。

 ノベルのタイトルは『フリーダムウォーズ 牢獄のアオイバラ』で、新進気鋭の作家・小林正親氏によって描かれる。気になる内容は、牢国都市パノプティコンの中枢機関のひとつである“歴史編纂室”を主軸に、本編では語られなかったストーリーが描かれるということだ。詳しい内容は、下記にリリースを引用するので参照してほしい。


フリーダムウォーズ 牢獄のアオイバラ
著/小林正親
イラスト/渡邊圭+井手えりか(Shift Inc.)

牢国都市の中枢に秘められたエピソードを描くスピンオフ・ノベライズ登場!!

 パノプティコンの中枢機関の一つ、歴史編纂室。その任務は、PTの秩序を乱す“あってはならない事象”を“正しい歴史”へと“改竄”すること。

 咎人が法を遵守【まも】るように、市民にも保護【まも】るべき法がある。たとえ目の前に転がる人間性の欠片を、見て見ぬふりをしてでも。すべてはこの理不尽な世界で生き残るために。

 そんな“汚れ仕事”は、PTの枠に収まり切らないshazでアウトローで、少しだけ心優しいヤツらにこそ相応しい。

 これは、人知れずPTを守る“正義の味方たち”の物語――。


●主要キャラクターのラフも公開!

 今回、『フリーダムウォーズ 牢獄のアオイバラ』に登場するキャラクターのラフイラストも公開された。公開されたキャラクターは若い男女で、ふたりともスーツを着ているようだ。イラストを手掛けるのは、『フリーダムウォーズ』のアートディレクターを務めるシフトの渡邊圭氏と、同じくシフトの井手えりか氏。渡邊圭氏は、おもにキャラクターデザインや設定デザインを担当する。

 上記の通り、ノベルは、2014年8月28日に連載スタート予定。今後、詳細が判明次第、ファミ通.comでお伝えしていく予定なので、続報を待っていてほしい!

▲ファミ通.comでは、“フリーダムウォーズ ファミ通PT広報部”を開設中。本作の最新情報に加え、ここでノベルが展開される。(画像をクリックすると、特設サイトへ移動します)



(C)2014 Sony Computer Entertainment Inc.