●吉田修平氏は仮想現実をテーマに講演

 コンピュータエンターテインメント協会およびCEDEC運営委員会が、2014年9月2日から9月4日までの3日間にかけて開催する、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”の特別招待セッションに、ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏が登壇することが決定した。以下、リリースより抜粋。

■“CEDEC 2014”と“CEDEC AWARDS 2014”について
 2014年9月2日(火)から4日(木)までの3日間、パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)において開催する、日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス 2014”(略称:CEDEC 2014、CEDEC=セデック:Computer Entertainment Developers Conference)は、このほど、特別招待セッションに、ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデントの吉田修平氏を迎え、“VR ~Project Morpheusで体感する未来~”をテーマに講演いただくことを決定しました。なお、Project Morpheusについては実機を体験できるプレイアブル出展を9月2日に行います。

 また、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称える“CEDEC AWARDS 2014”において、コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する“特別賞”に作曲家のすぎやまこういち氏、ゲーム関連書籍の著者に贈る“著述賞”にDeNA(ディー・エヌ・エー)をそれぞれ決定しました。

■CEDEC 2014特別招待セッション
 CEDEC 2014特別招待セッションは、VR(Virtual Reality:仮想現実)を使用したコンピュータエンターテインメントの未来を実感いただくもので、“Project Morpheus”の開発経緯を紹介するとともに、開発を通して見えてくる新しいVRの可能性と、その先に広がる世界感を共有します。

講演タイトル:“VR ~Project Morpheusで体感する未来~”
講演者:吉田修平氏 ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイド・スタジオ プレジデント プロフィール
・昭和61年(1986年)4月 ソニー入社
・平成5年(1993年)11月 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE) 業務部
・平成8年(1996年)4月 制作部 吉田グループ プロデューサー
・平成9年(1997年)10月 制作本部 制作部 吉田グループ エグゼクティブプロデューサー
・平成12年(2000年)4月 ソニー・コンピュータエンタテインメント・アメリカ バイス・プレジデント
・平成19年(2007年)2月 ワールドワイド・スタジオ USスタジオ シニア・バイス・プレジデント
・平成20年(2008年)5月 ワールドワイド・スタジオ プレジデント
現在に至る

■CEDEC AWARDS 2014 特別賞・著述賞
 このほど、CEDEC運営委員会では、コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称える“CEDEC AWARDS 2014”のうち、コンピュータエンターテインメント開発全般に貢献した方を表彰する“特別賞”と、ゲーム関連書籍の著者に贈る“著述賞”を決定しました。

 特別賞は、数々のゲーム音楽の楽曲制作および演奏活動に携わってきた、作曲家のすぎやまこういち氏です。また、著述賞は、『Mobageを支える技術 ~ソーシャルゲームの舞台裏~』(技術評論社・刊)の著者DeNA(ディー・エヌ・エー)としました。

◆CEDEC AWARDS 2014 特別賞
・すぎやまこういち氏
<授賞理由>
 国民的RPG“ドラゴンクエスト”シリーズの作曲家であるすぎやま氏は、同作品をはじめとする数々のゲーム音楽の楽曲制作および演奏活動に携わってきました。音源の性能に頼らなくとも純粋に譜面の力でプレイヤーを魅了できることを証明し、今日のゲーム音楽発展の礎を築きました。また、すぎやま氏自らがタクトを振るう交響組曲“ドラゴンクエスト”のフルオーケストラコンサート開催など、ゲームユーザーに留まらない幅広い層の支持を受け続けています。

◆CEDEC AWARDS 2014 著述賞
『Mobageを支える技術 ~ソーシャルゲームの舞台裏~』(技術評論社・刊)
著者 DeNA(ディー・エヌ・エー)
執筆担当:小野篤司、城戸忠之、小林篤、渋川喜規、嶋田裕二、武部雄一
立花 啓、濱田晃一、藤井正義、松信嘉範、山口徹(敬称略)
<授賞理由>
 ソーシャルゲーム開発においては、フロントエンドからバックエンドまで、広く深い知識が求められます。本書では、これら各領域の開発・運用テクニックを網羅的に解説しています。初心者は技術を俯瞰的に把握でき、経験者は再検討に役立てることができる充実した内容となっています。

◆CEDEC AWARDSについて
 CEDEC AWARDSは、2008年に初めて開催し、今回で7回目となります。コンピュータエンターテインメント開発の進歩へ顕著な功績のあった技術にフォーカスし、技術面から開発者の功績を称え表彰することで、開発技術の普及・啓蒙と産業の発展を目指しています。

 去る7月11日(金)には、“CEDEC AWARDS 2014”の、“エンジニアリング”“ビジュアル・アーツ”“ゲームデザイン”“サウンド”“ネットワーク”の5部門・計25の個人とグループの優秀賞授賞者(最優秀賞ノミネート)を決定しました。この優秀賞の中から、CEDEC 2014受講申込者と、CEDEC運営委員会の投票により、栄えある各部門の最優秀賞授賞者を決定します。受講申込者の投票は、9月2日(火)まで、CEDEC 2014公式サイトの受講者専用“マイページ”にて受け付けています。“特別賞”“著述賞”の授賞式および、各部門の最優秀賞の発表・授賞式は、CEDEC 2014会期2日目の9月3日(水)夕刻よりCEDEC会場のパシフィコ横浜にて行います。

■CEDEC 2014開催概要
会期:2014年9月2日(火)~4日(木)
テーマ:“Go for it!”
会場:パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)

※関連記事
コンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンス“CEDEC 2014”が7月より受講受付開始 セッション情報の第1弾が公開
“CEDEC 2014”の講演者とテーマが決定 冲方丁氏、塚本昌彦氏、名越稔洋氏が基調講演に登壇