『ドラゴンクエストX』プレイリポート その92

2012年8月2日に発売された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』、そして2013年12月5日に発売された追加パッケージ『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』(以下、『DQX』)をプレイして、おもしろかった出来事や日々感じたことを、気ままに綴ります!

●今回も“DQX TV”は楽しかった!

皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

去る2014年6月20日にニコニコ生放送で配信された“DQXTV”の中で、『DQX』の今後の予定などがいろいろと語られました。それらの中から、俺が気になったものをまとめてみます。

■ハウジング住宅村利便性格差問題
いわゆる、旅人バザーや郵便局など、便利な施設が近い土地に人気が集中しちゃっている件ですね。この件については、住宅村の全エリアに、旅人バザーなどを利用できるNPCを配置することで解決を図るそうです。これで、いままではあまり人気がなかった土地も賑やかになるといいですねー。

■所持品がいっぱい問題
バージョン2.2後期で、アイテムを入れられる“どうぐかばん”を10個分拡張予定のようです。装備品を入れる“そうびぶくろ”も25個分増やすとのことですが、こちらの実装時期は未定のようです。

ちなみに俺は、各種イベントでもらった装備品だけで、預かり所の半分が埋まっている状態です。これらのイベント用アイテムは、捨てても再入手が簡単にできるようにする予定とのことでした。個人的には、「せっかく手に入れた装備品を捨てる」という行為には若干抵抗もあるので、“イベント装備用倉庫”みたいなのを作ってもらえるとありがたいんですけどね。それが難しいようであれば、イベント用装備を“だいじなもの”に変換してレンタル衣装屋で着替えられるようにするとか……できたらうれしいなぁ、と。

ともあれ、これ以上イベントで装備などが増えると本当に倉庫がヤバいので(笑)、ぜひとも解決策をお願いします(;´∀`)

続いては、ゲストとして出演された声優・菅沼久義さん(ガチ沼さん)の一問一答からの、気になる内容。

■強ボスへ向かうのが楽になるのはいつですか?
あるクエストをクリアーすると、“強戦士の書”というアイテムが“だいじなもの”扱いで入手できます。あとは、このアイテムを使うことで、魔法の迷宮のコインボスように、すぐに強ボスと戦うことができるようになるそうです。これは超便利そうですね!

俺自身、強ボスに行きたくても「移動がたいへんだから今日はやめておこうかな」と思ってしまうことがあります。でも、移動の手間がなく強ボスに挑戦できるようになれば、とてもお気楽です。各種オーブのバザー相場は、現状より下がるかもしれませんけどね。実装時期についての発言はありませんでしたが、所持品問題と同じく、早いとうれしいですね! 

あとは、この場を借りて、俺からも質問というか、ひとつだけ希望を書いてみます。

バージョン2.2前期で追加された新髪型について。“ゆるめの三つ編み”をものすごく楽しみにしていたのですが、俺がプレイしているオーガ女性と人間(大人)の女性は、この髪型を選択できませんでした……。コンテストで入賞した髪型は、ぜひ種族関係なく選べるようにしていただけないでしょうか。すぐにとは言いません。そのうち何とか……お願いいたします!(;´Д⊂)

●“アトラス強”、“バズズ強”、“ベリアル強”に挑戦してきました

バージョン2.2前期で、アトラス強、バズズ強、ベリアル強と戦えるようになりました。挑戦するためには、スペシャルふくびきの5等の景品でもらえるボスカードが必要になります。

その名の通り、コインボスのアトラス、バズズ、ベリアルの強バージョンという位置付けで、それぞれとても強くなっています。その代わり、勝ったときに宝箱からアクセサリーが出る確率が高くなっていて、もし出なかった場合でも、アクセサリーの破片が最高5個、最低でも2個は出ます。さらに、討伐モンスターリストにもきちんと載るようなので、ぜひ1度は行きたい!

ということで、自分やフレンドたちとボスカードを持ち寄って、3種類のボスと戦ってきました。

▲各ボスとも、しっかりと討伐モンスターリストに載ります。アトラス強だけ、“みやぶる”し忘れてしまいました……。

●vsアトラス強

パーティ編成は、戦士、魔法戦士、僧侶、僧侶。アトラス強は攻撃力が通常のアトラスよりも高く、“大地の怒り”を食らうとほぼ確実に即死するので、“聖女の守り”は必須と言えます。そのため、僧侶をふたり入れて、つねにメンバー全員に“聖女の守り”がかかった状態を維持するのが重要ですね。

▲ちなみに、アトラス強、バズズ強、ベリアル強には、弱体系や妨害系の特技はほとんど効きませんでした。

▲“大地の怒り”の発動時間は、通常のアトラスと変わらない感じです。とはいえ、少しでも離れるのが遅れると即死級のダメージ。やはり“聖女の守り”は必要です。

でも、注意すべき技は“大地の怒り”くらいで、それ以外はさほど脅威になるものはありませんでした。

▲戦士が壁役をこなしつつ、ダメージを与えていきます。

最初こそビビりましたが、各攻撃への対処法は通常のアトラスと同じなので、“大地の怒り”を避けつつ攻撃。

▲勝ちました! が、報酬は破片2個でした……。

●vsバズズ強

パーティ編成は、戦士、どうぐ使い、賢者、僧侶。バズズ強は自分にズッシードを使ってくるので、ゴールドフィンガーか零の洗礼があるといいでしょう。また、攻撃呪文も使ってくるので、マジックバリアを使えるどうぐ使いを入れてみました。正直、「ズッシードをかけた戦士でバズズを抑え込んで戦えば余裕でしょ」と、若干ナメた感じで挑戦したのですが……。

▲バズズ押せない! 押しにくい!

バズズ強は通常のバズズよりも重さが増しているのか、ズッシードをかけた戦士でも抑え込めません。逆に、ジワジワとこっちが押されます。

そんな感じで、当初予想していた展開とは大きく変わり……。

▲後衛とバズズ強を引き離すことができず、ついに犠牲者が……!

バズズ強が使う“ツインクロー”は、一撃450ダメージほどの攻撃を2連続で出してきます。2回攻撃という点も厄介で、“聖女の守り”は機能せず。つまり、食らうと待っているのは“確実な死”です(笑)。もしツインクローを使われたら、すっぱりと気持ちを切り替えて、早急に蘇生させましょう。

▲低確率でしたが、オノの“鉄甲斬”で守備力低下の状態にはできました。

▲“たいあたり”も効くようです。バギムーチョを止められました。

“たいあたり”が効くとは言っても、そう毎回バズズ強の行動を止められるものではないので、バギムーチョや“かがやくいき”対策として、呪文耐性やブレス耐性を高めておくと安心です。

▲耐性を高めていても頻繁に犠牲者が出るので、つねにギリギリの戦いになります。

戦士は、バズズ強の前進を阻止しながら、ひたすら攻撃。タイミングが合えば“たいあたり”で呪文を止めます。どうぐ使いは、戦士にバイシオン。あとはマジックバリアを使い、どうぐ倍化術、どうぐ範囲化術でのMP回復。そしてハンマーのスタンショットで行動封じ。僧侶は、とにかく蘇生と回復ですね。

そんな感じで、最後はどうぐ使いの必殺技“強化ガジェット零式”からの“かいしんの蒼天魔斬”で勝利!

▲蒼天魔斬で1999ダメージを受け、バズズ強はコロコロと転がっていきました(笑)。

さて、ワクワクの宝箱タイムです!

▲Σ(°д°lll)

●vsベリアル強

パーティ編成は、パラディン、魔法使い、賢者、僧侶。いわゆる呪文アタッカー編成です。ベリアル強はバイキルトを使ってくるので、ゴールドフィンガーか零の洗礼は必須。ということで、賢者を入れてみました。

ベリアル強は、ジゴスパークやイオグランデなど、ベリアル強の周囲にダメージを与える範囲攻撃を数多く使ってくるので、距離を離して戦う作戦です。

▲戦闘開始直後、いきなりジゴスパークで僧侶が戦闘不能に!

「ジゴスパークつよっ!」と思っていたら……。

▲つぎつぎにバタバタと倒されていくー(笑)。

パラディンがスタンショットで動きを封じて、そのあいだに態勢を立て直します。

▲スタンショットは、もしもの場合に備えて、ふだんは温存しておいたほうがいいかもです。ちなみに、キャンセルショットはまったく効きませんでした。

態勢を立て直したあとは、パラディン以外の3人がベリアル強と一定距離を保ちながらダメージを与えていきます。

▲魔法使いは攻撃に専念で問題ないですが、賢者は回復をメインにしつつ、余裕のあるときだけ攻撃に参加するくらいの心構えがよさそうでした。

▲怒り状態になるとベホマを使ってくるのは、通常のベリアルと変わらず。

言い忘れましたが、アトラス強、バズズ強、ベリアル強ともに、特技を使うとすぐ怒り状態になるようでした。ベリアル強の場合は、少しでもロストアタックが遅れるとベホマで回復されてしまうので要注意ですね。

パラディンは、ジゴスパークなどの範囲攻撃を回避するため、特技の“ツッコミ”にカーソルを合わせつつ、ベルアル強を抑え込みます。そして範囲攻撃の構えが見えたら、ツッコミを遠くにいる仲間に使って回避(ちまたで言う“ツッコミ避け”というテクニックですね)。ベリアル強が怒ったら、すぐにロストアタックで対処します。

ベリアル強をひとりで抑え込めるほどパラディンの“おもさ”が高ければ、この戦法でかなり安定して戦えるでしょう。もし、“おもさ”が足りない場合は、ターゲットされていないほかのパーティメンバーと協力して抑え込むことになるので、リスクが多少高まるかもしれませんね。

▲そんなこんなで、無事にベリアル強を撃破!

「さすがに3戦すれば1回くらいはアクセサリー出るでしょー!?」ということで、討伐報酬の宝箱を開けてみると……。

▲( ゚д゚)……。

3戦すべて、最低報酬となる“破片2個”を引き当てることができました!

やった! 俺はやったよ!(´;ω;`)

●“強”と戦ってみて

3戦を戦い終えての感想。強かった順で考えると、個人的には【バズズ強 > ベリアル強 > アトラス強】という感じでしょうか。

ベリアル強は、ひとりで抑え込めるパラディンがいれば、アトラス強と同等くらいの難度になるかもしれません。やはり頭ひとつ抜けて強いと感じたのが、バズズ強ですね。現状ではツインクローに対策できないのがきびしいと感じました。運悪くツインクローを2連発で出されたりすると、パーティ全滅の危険も大いにあると思います。

というわけで、討伐モンスターリストを埋めたい人や、手応えのある戦闘を楽しみたい人は、1度挑戦してみてはいかがでしょうか。アクセサリー入手を目的にする場合は、通常のアトラス、バズズ、ベリアルのほうが断然オススメです! なんせ勝っても破片2個しか出ませんから!(泣)

それでは、また次回!


Windows版『ドラゴンクエストX』のベンチマークソフトは<コチラ>(※クリックするとダウンロードが開始されます)からダウンロード可能です! 興味を持たれた方はぜひ一度お試しください!

●駆け出し冒険者応援サイト“アストルティア冒険案内所”はこちら

■過去のプレイリポートはコチラ
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30
その31 その32 その33 その34 その35 その36 その37 その38 その39 その40
その41 その42 その43 その44 その45 その46 その47 その48 その49 その50 
その51 その52 その53 その54 その55 その56 その57 その58 その59 その60
その61 その62 その63 その64 その65 その66 その67 その68 その69 その70
その71 その72 その73 その74 その75 その76 その77 その78 その79 その80
その81 その82 その83 その84 その85 その86 その87 その88 その89 その90
その91


ドラゴンクエストX
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 ●サービス中
価格 ●30日間1000円[税込] ※ソフト価格は備考欄参照
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●バージョン1『目覚めし五つの種族』、バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』ともに各3800円[税抜](4104円[税込])(※Wii版はパッケージ版のみ)●『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』は2014年8月7日発売予定、4800円[税抜](5184円[税込])(※Wii U版とWii版はパッケージ版のみ)●バージョン2『眠れる勇者と導きの盟友』をプレイするには、バージョン1『目覚めし五つの種族』のソフトおよびプレイ用レジストレーションコードが必要です ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁、齋藤力

(c)2012-2014 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2014年6月24日時点のものです。