『真 流行り神』三村勇貴(hakus)氏によるWebマンガの公開がスタート、背筋の凍る“恐怖体験”も募集中

日本一ソフトウェアは、2014年8月7日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『真 流行り神』について、公式サイトにてWebマンガを公開した。また、Webマンガの公開にあわせて恐怖体験の募集を開始する。

●木曜日はWebマンガをチェック!

 日本一ソフトウェアは、2014年8月7日発売予定のプレイステーション3、プレイステーション Vita用ソフト『真 流行り神』について、公式サイトにてWebマンガを公開した。また、Webマンガの公開にあわせて恐怖体験の募集を開始する。
 本日6月12日より公開されたオリジナルホラーマンガは、本作でキャラクターデザインを担当した三村勇貴(hakus)氏の手によるもの。詳しいことが語られない謎多き展開となっており、本日以降は6月19日、26日に追加の更新が予定されている。


漫画001 漫画002

▲第1回めの更新にも関わらず、タイトルはなぜか“FILE:02”。

▲第1回は主人公と赤ちゃんのストーリーのようだが、詳細は語られない。

※本WebマンガはPC版の公式サイトでのみご覧いただくことができます。スマートフォン版のサイトではご覧いただくことができませんのでご注意ください。

■公式サイトで恐怖体験を募集!
 Webマンガの公開にあわせて、本作公式サイトで恐怖体験の募集が開始される。恐怖体験は“実際に体験した話”でも“友だちの友だちの話”でもオーケーで、とにかく“あなたの知っている怖い話”を募集中とのこと。
 投稿された恐怖体験は本作スタッフが選考を行い、とくに怖い話については三村勇貴(hakus)氏が挿絵イラストを描きおろし、ストーリーとともにWebマンガとしてアップされる。
 募集期間は6月12日から7月10日まで。応募方法は公式サイトをチェックしよう。




(C)2014 Nippon Ichi Software. Inc