●『MGSV GZ』、『DOM スーパーライト』、故・飯野賢治氏が残した企画書をそれぞれ分析!

 
 本日(2014年2月20日)発売の週刊ファミ通2014年3月6日号では、ゲーム業界にまつわるニュースを徹底分析する報道特集を3本ご用意しました。

 1本目は、KONAMI・小島秀夫監督の最新作『メタルギア ソリッド V グラウンド・ゼロズ』(以下、『MGSV GZ』)に関する“ネットの噂”に注目してみました。
 2本目は、スクウェア・エニックスのiPhone、Android向けアプリ『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』で起こった“まほうの地図ふくびき”の報道や今後の運営についてを緊急取材!
 そして3本目は、2013年2月20日に高血圧性心不全でこの世を去った飯野賢治氏が生前に残した“ゲームの企画書”を形にする新規プロジェクトについて、キーパーソンにインタビューを実施しております(詳細はこちら)。いずれも非常に濃い特集となっておりますので、ぜひお買い求めのうえ、じっくりとお読みください!

 
 詳細は本日(2014年2月20日)発売の週刊ファミ通2014年3月6日号でご確認ください!

■週刊ファミ通のご購入はこちら
※ebten(エビテン)

■電子版のご購入はこちら
※BOOK☆WALKER