台湾の台北で開催中の“2014台北ゲームショウ”。Sony Computer Entertainment Taiwanブースでは、バンダイナムコゲームスステージとして、『真・ガンダム無双』と『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』が紹介された。

●『ガンダム』シリーズ新作2本にさらなるサプライズが……

 2014年1月23日から27日で台湾の台北で開催されている、2014台北ゲームショウ(TAIPEI GAME SHOW)。現地法人のSony Computer Entertainment Taiwan(以下、SCET)ブースでは、ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(以下、SCEJA)関連や、サードパーティーのゲームにまつわるトークイベントを開催している。2014年1月24日のSCETブースでは、バンダイナムコゲームスステージが開催。台湾で昨日(2014年1月23日)発売されたばかりの『真・ガンダム無双』の紹介とともに、日本で発表されたばかりの『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』の中文版(中国語版)が発表された。

●日本同様にDLCも展開する『真・ガンダム無双』

▲ステージ開始前に、コンパニオンがガンプラを持ってステージをアピール。このガンプラは、ステージの最後にプレゼントされた。
▲後藤能孝氏。
▲鯉沼久史氏。

 まずは『真・ガンダム無双』のコーナーが行われ、ステージにはバンダイナムコゲームスの後藤能孝シリーズプロデューサーと、コーエーテクモゲームスの鯉沼久史シリーズプロデューサーが登壇。前述の通り、台湾では日本から約1ヵ月遅れで、『真・ガンダム無双』が発売されたばかり。ちなみに、『ガンダム無双』シリーズで初の中文版ということで、現地ファンからの注目度も高いようだ。後藤氏と鯉沼氏の解説により、本作の概要が紹介される中、日本でも配信中のダウンロードコンテンツ(DLC)の話題に。日本ですでに配信中の“ウイングガンダム ゼロ(EW版)”、“ダブルオークアンタ”に加え、日本でも今後配信される“クロスボーンガンダムX1改”(日本では2014年1月29日に配信)、“ガンダム試作3号機ステイメン”(日本では2014年2月5日に配信)、“フルアーマーユニコーンガンダム”(日本では2014年2月12日に配信)が紹介され、この中から“ガンダム試作3号機ステイメン”と“フルアーマーユニコーンガンダム”の動画が公開された。

 鯉沼氏いわく、「ダウンロード用の機体はより派手なモビルスーツに仕上げているのでご期待ください」とのこと。とくに、“フルアーマーユニコーンガンダム”は、攻撃を出すごとに武器のパーツが落ちていくという仕様で、元に戻すにはスペシャル攻撃を出さないといけないという。また、“ガンダム試作3号機ステイメン”は、本作のなかで、もっとも派手な攻撃ができる機体で、「オプションパーツが多くて作るのがたいへん」と鯉沼氏が苦笑いで語っていた。

●コミカライズも決定! 『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』

 続いて、日本でも発表されたばかりの『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』について、発表が行われた。登壇したのは、B.B.スタジオの大野聡氏と、バンダイナムコゲームスの白陸周佑氏。本作では、地球連邦の特殊部隊スレイヴ・レイスと、ジオン公国のマルコシアス、ふたつの部隊の物語が描かれる。オリジナルキャラクターも多数登場し、それらのキャラクターデザインは、『機動戦士ガンダムSEED ASTRAY』のキャラクター原案を担当した、植田洋一氏が手掛けているという。また、オリジナルのモビルスーツも公開。スレイヴ・レイスから3機、マルコシアスから3機の合計6機のモビルスーツが公開されたが、「ここで紹介したもの以外にも多数出ますので、ご期待ください」(白陸氏)とのことだ。

▲大野聡氏。
▲白陸周佑氏。

 ゲームシステムの詳細は語られなかったが、本作は地上と宇宙を舞台にしたハイスピードアクションで、爽快な新しいアクションが楽しめるものになるようだ。また、要所要所では、映画のようなハイクオリティーなムービーが挿入される。本作の開発を担当しているのは、大野氏が所属するB.B.スタジオ。「クオリティーは満足いただけると思います」と白陸氏は語る。なお、本作の中文版(中国語)も同時開発中で、続報なども日本とあまり離れないように出していく予定だという。また、最後には会場での初公開情報として、『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』の“月刊ガンダムエース”でのコミカライズを発表。詳細は不明だが、今後の続報が待たれる。

 イベントの最後は、プレゼントコーナー。“ガンダムが好きな人”、“『無双』シリーズをいままで買って遊んだことがある人”などの質問に手を挙げて、選ばれた人が“サザビー”などの“ガンプラ”がプレゼントされた。

そして、プレゼントコーナーも終わり、締めとして、登壇した4人のクリエイターからメッセージ。

大野氏 『ガンダム外伝』という冠がつくタイトルは、11年ぶりになります。チーム一同、一生懸命作っていますので、ぜひご期待ください。
白陸氏 この『ミッシングリンク』ですが、皆さんが驚くような情報がまだまだあります。近いうちにお知らせできると思います。本日公開されたPVの日本版、中国語版も公式サイトで見られるようになっていますので、ぜひご覧いただければと思います。
鯉沼氏 昨日発売された『真・ガンダム無双』ですが、『ガンダム無双』シリーズで初めての携帯機、プレイステーション Vitaへの対応をして、初めての中文版と、初めてのことをいろいろとやっていますので、ぜひこの会場でも遊べるようになっていますので、気に入ったら買って帰っていただけるとうれしいです。
後藤氏 今回発表したタイトルだけでなく、今後も中文版、アジア版を一生懸命作っていきたいと思いますので、バンダイナムコゲームス、そしてコーエーテクモゲームスさんにご期待ください。そして、最後に、もう一個サプライズを用意していますので、モニターに注目してください。おそらく皆さんが好きなタイトルが発表されますので、それを見てお帰りください。

 イベントが終了と思いきや、後藤氏の発言の通り、さらなるサプライズの映像が。それは、日本では2014年4月24日に発売予定のプレイステーション Vita用ソフト『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』の中国語版の発表。公開されたPVは日本語のものに、中国語の字幕が足されたものだったが、映像の終わり際には来場者から大きな拍手が贈られていた。原作、アニメと日本でも人気が高い作品だけに、台湾のアニメファンからも人気が高そうだ。

 『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』は、白陸氏のコメントにあった通り、すでに公式サイトがオープン(公式サイトはこちら)。日本語版だけでなく、中国語版のティザーPVが見られるので、ぜひチェックしてほしい。

機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク ティザーPV 日本語版

 また、週刊ファミ通2014年2月6日号では、『機動戦士ガンダム外伝 ミッシングリンク』を4ページにわたって紹介。開発者インタビューも掲載されているので、こちらも合わせて読んでいただきたい。なお、写真の一部はこちらの記事に掲載されている。

●今回の2作品の話題は、いつしか『EXVS』、そしてPS4へ……

 ステージイベントの終了後に行われた、台湾メディア向けのメディアセッション。今回ステージで紹介されたタイトル以外の質問も飛び出すという、レアなインタビュー機会に懸ける、現地メディアの情熱がうかがえる。

――今回の『真・ガンダム無双』ではモビルスーツとモビルアーマーが登場しますが、それぞれの動きの特徴を教えてください。
鯉沼久史氏(以下、鯉沼) モビルスーツは、従来作でも作ってきましたが、それが新しいナンバリングになるので、より爽快に遊べるようにしています。モビルアーマーに関しては、小さい敵を倒す形になるので、敵をAIの部分からいじって、虫けらを踏み潰すような圧倒的なパワーで進める気持ちよさに振って開発しました。カメラの調整も、敵を見下ろす新しい楽しさに気をつけています。

――『ミッシングリンク』に関する質問です。11年振りの『ガンダム外伝』ということで、11年前の作品はセガサターンの『機動戦士ガンダム外伝』だと思うのですが、あの作品にはコクピット視点があって、そこに人気があったと思います。今回はコクピット視点は入りますか?
大野聡氏(以下、大野) 11年前の『ガンダム外伝』というのは、プレイステーション2の『めぐりあい宇宙』に入っていた『機動戦士ガンダム外伝 宇宙、閃光の果てに…』というものになります。今回は、コクピット視点ではなく、『ガンダム戦記』などの第三者視点で作っていまして、現時点でコクピット視点を入れる予定はありません。

――『ミッシングリンク』は、連邦とジオンでそれぞれのストーリーが展開するというお話でしたが、モビルスーツの強化アイテム、武器などは、連邦は連邦、ジオンはジオンと分かれているのでしょうか? 強化アイテムなどは、共有できるのでしょうか?
白陸周佑氏(以下、白陸) まだ公開できない情報もあるので、何とも言えませんが、ストーリーモードでは、連邦は連邦、ジオンはジオンのストーリーを楽しむ構成です。ストーリーモードという部分では、何かを共有するということはありませんが、まだ出していない情報もありますので、ご期待いただければと思います。

――『ミッシングリンク』の中には、『ガンダム外伝』の11年振りの作品として、いままでに『外伝』に登場したキャラクター、モビルスーツなどが出るといった設定はありますか?
白陸 舞台が一年戦争ですから、アニメ本編に出るキャラクター、モビルスーツはクロスオーバーという形で戦場に出るようになっています。

――後藤さんにうかがいます。『ソードアート・オンライン -ホロウ・フラグメント-』のローカライズ版の制作はいつ決まったのでしょうか?
後藤能孝氏(以下、後藤) もともと『ガンダム』を作っている途中で「中文版、アジア版をやろう」という話が出てきたので、同じように人気のある『ソードアート・オンライン』も中文版を出そうと決めました。具体的にいつとは言えませんが、『ガンダム』と近しい時期ですね。

――『ガンダム』シリーズは、続々と発売されますが、前作の続編を作るとき、または新作を作るときの苦労点を教えてください。
大野 B.B.スタジオの場合は、『ガンダム』シリーズと言うと、コーエーテクモゲームスさん、アートディンクさん、バンダイナムコゲームスの内製といろいろな開発がありますので、そういうものとかぶらない企画にしようと意識します。まず登場するモビルスーツも、B.B.スタジオはたとえば一年戦争の泥臭い部分にスポットを当てたりしてて、今回の『ミッシングリンク』もおじさんが主人公だったりするので、そういうほかの開発チームとかぶらないようにしているのが、苦労のポイントと言えるかもしれません。
白陸 今回の『ミッシングリンク』では一年戦争を題材にしていますが、『ガンダム』の史実を扱う作品の場合、この時代にこの時期に、このモビルスーツや武器があっていいのかと、いままであったあらゆるシリーズを振り返って時代考証を行うんです。いろいろと新しいものを出そうとするときには、そこに非常に時間をかけるので、それが新しいものを作るときの困難かなと思っています。
鯉沼 我々、コーエーテクモは『ガンダム無双』シリーズしかやっていないので、差別化というよりは、もともと“気持ちよく敵をたくさんぶっ飛ばす”というのが、『無双』シリーズのいちばんいいところだと思っていて。そもそもオフィシャルモードとかをやりつつも、“ザク1000機も出ねーよ”ということもあるんですが(苦笑)、そこはゲームとして気持ちよく敵を倒せるところを追求していけば、自然にほかの『ガンダム』ゲームと差別化されるのかなと思っています。
後藤 僕がいちばんいろいろなシリーズをやっていたので、コメントしづらいのですが……。たとえば、『Gジェネ』シリーズだったり、『バーサス』シリーズだったり、『ガンダム無双』シリーズもそうですが、シリーズを重ねていくごとに、シリーズを続けるからこそ、あってしかるべきパワーアップポイントと、それとプラスして予想を裏切るという両方があると思っていて、そういった部分で行くと、続編を作るうえで企画の元を変えてはいけないけど、でも変えなくてはいけない部分もあって。その部分は、自分たちでも悩ましいのですが、結果的にお客さんの声がすべてで、それがいま、昔と違って、すぐにご意見をいただけるということがあるので、昔と変わってタイムラグなく出てきたものを、つぎにどう活かすか。出てきた以上、そのタイトルだけでなく、ほかのタイトルにも反映させるということは難しくもあり、やらなきゃいけない、当たり前のことだと思っています。

――後藤さんに質問です。『エクストリームバーサス フルブースト』でオンライン協力プレイが可能になったきっかけを教えてください。
後藤 僕、『エクストリームバーサス』の1作目のプロデューサーで、今回は別のプロデューサーなので、あまり言えないんですが……。じつは協力プレイは、前作のときにも入れたかったんですが、技術的な理由などでできなかったのが、前作からの時間経過などで技術の問題解決などもあって、ようやくできるようになったんだと思います。たぶん、これは言っても怒られないはず(苦笑)。

――『ミッシングリンク』でオンライン要素はありますか? また、オンラインモードがあるとしたら、課金はありますか? そして、最後に後藤さんに質問です。プレイステーション4で『ガンダム』シリーズが登場するのはいつでしょうか?
白陸 まず『ミッシングリンク』ですが、ストーリーモードが通常になっていまして、オンラインモードは入っておりません。通常の戦闘システムを楽しんでいただいて、そこだけでも長く遊べるような仕組みにしています。
後藤 答えにくい質問のほうですが……(苦笑)。具体的な時期は会社的にも言えないんですが、まずそもそも日本でまだプレイステーション4が発売されていないので……。我々は、世界で同時発売を目指すんですが、まず自分の国でしっかり売っていきたいという想いがあるので、日本でプレイステーション4がバーンと売れてくれれば。アジアや台湾でもすごく売れていると聞いていますので、当然のように、作れば、海外でも出しますので。時期はいつかはわかりませんが、たぶん、鯉沼さんより後じゃないかなと思います。それしか言えません(苦笑)。

▲大野氏が着ているのは、『機動戦士ガンダム外伝』シリーズの『コロニーの落ちた地で…』に登場した、ホワイトディンゴ隊のTシャツ。インタビュー終了後、メディアがこぞってTシャツを撮影していた。