『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』プレイリポート その54

2012年8月2日に発売された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(以下、『DQX』)をプレイして、おもしろかった出来事や日々感じたことを、気ままに綴ります!

●しばらくは、まったりプレイ宣言!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!
 
 ついに、『DQX』の追加パッケージ『ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン』が発表されましたね!(※関連記事は→【コチラ】) 2013年9月19日から開催される東京ゲームショウ2013で、最新情報が発表されるとのことなので、期待しましょう!

 さて、現在の俺は、全職業がレベル75になり、職人レベルも40という状態です。なので、ここ最近は、ふくびき券がもらえるクエストや日替わり討伐クエスト、魔法の迷宮といった、いわゆる“日課”をこなして楽しんでいます。

 神話篇のクエストも、現在実装されている部分まではすべて終わっているので、バージョン1.5の中期アップデートまでは、すこしまったりプレイすることにしました。まあ、いままで飛ばし気味でプレイしてきたので、こういうのんびりする時間も必要ですよね。

 『DQX』は、サービス開始からまだ1周年を迎えたばかり。あまり飛ばしすぎて燃え尽きないように、少しギアを落としてアストルティアで生活していくことにします(笑)。

●サポート仲間で強ボスに挑戦してみました

 「何かおもしろそうなことはないかなー」とフレンドと話をしていると、先日(2013年8月27日)にニコニコ生放送で放映された“ドラゴンクエストX TV バージョン1.5”の番組内で、“サポート仲間のみで強ボスを倒す”という企画をやっていたよ、と聞きました。

 そのときは、別の用事が重なって番組を観ることができなかったので、どんな内容だったかわからなかったのです(タイムシフト予約しとけっていう話ですが……)。でも確かに、サポート仲間だけで強ボスと戦ってみるというチャレンジはおもしろそうなので、俺もマネして早速やってみました。

 自分+サポート仲間3人で強ボスと戦うのは初めてということもあり、手始めに宿屋が近いメギストリスの強ボス“魔軍師イッド強”をチョイスしてみました。あとから聞いたところ、前述した番組でもこの強ボスに挑戦していたそうですね。カブってしまいすみません……。でも一応リポートします!(笑)

 強ボスに挑戦するパーティは、バトルマスター(俺)、バトルマスター×2、僧侶という編成にしました。これといった戦術はなく、“すてみ”を使って、魔兵ヒプノス強、魔兵タナト強、魔軍師イッド強の順番で殴り倒すだけという単純なもの。サポート仲間のバトルマスターの作戦は“ガンガンいこうぜ”、僧侶は“いのちだいじに”です。あとは、サポート仲間のがんばり次第!

▲戦闘開始直後に“すてみ”を使い、あとは殴るだけ。簡単なお仕事です!

▲しかし、サポート仲間は行動が若干遅いこともあり、僧侶の回復が後手後手に。結果、回復が追い付かなくなり、バトルマスターが戦闘不能になってしまいました。

 うーん。やっぱりきびしいのかな。

▲この後も、僧侶はHPの回復に追われ続けて、仲間を蘇生できるチャンスが巡ってきません。

▲そんな中でも、敵が“いてつくはどう”などの行動を取ったときは、回復の手が緩むチャンス。何とか僧侶がザオラルを使ってくれました。

 魔兵ヒプノス強のHPも少なくなっていたので、もうとにかく殴ります。俺は無心でひたすら殴るだけの、“殴りマシーン”と化したのです。アイテムで回復補助すらしません(笑)。

▲魔兵ヒプノス強を倒したから、楽になるんじゃないかな?

▲……とか思っていたら、またピンチになりました!

 サポート仲間は、強力な範囲攻撃などがきても逃げようとしないので、立ち位置によっては、かなり戦況が苦しくなることがありますね……。

▲僧侶が“天使の守り”を使っていたおかげで、何とか立て直しに成功しました。

 魔兵タナト強を倒して残り1体になれば、さすがにそうそうピンチにはなりません

▲ひたすら殴り続け、見事撃破成功! クリアータイムは5分7秒でした。

 このタイムが早いのか遅いのかはわかりませんが、とりあえずサポート仲間のみの強ボス初挑戦は、勝利で飾ることができました。オーブは出ませんでしたけど。

 実際にやってみた感想としては、運がかなり絡みそうなので、クリアータイムにこだわらなければ、バトルマスター×2、僧侶×2というパーティ編成のほうが安定しそうな気がしました。

 というか、俺自身が僧侶をやればもっと楽に倒せるはずなのですが、対強ボス用の装備を持っていないのです。しばらくはバトルマスターで挑戦してみて、サポート仲間での強ボス討伐が安定しそうなら、僧侶用の装備を買い揃えることにしよう(・∀・)

 「ひとりで気楽に遊べて、楽しいことないかな?」なんて思っている方がいたら、挑戦してみてはいかがでしょうか。割と白熱しますよ(笑)。俺自身も、また気が向いたときにでも、別の強ボスにチャレンジしてみようかなと思います。

 そんな感じで、また次回!

■過去のプレイリポートはコチラ
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30
その31 その32 その33 その34 その35 その36 その37 その38 その39 その40
その41 その42 その43 その44 その45 その46 その47 その48 その49 その50 
その51 その52 その53


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 Wii UWii U / WiiWii / PCWindows
発売日 ●Wii U版:2013年3月30日発売 ●Wii版:2012年8月2日発売 ●Windows版:2013年9月26日発売予定
価格 ●Wii U版:通常版、ダウンロード版ともに6980円[税込] (Wii版ですでにオンラインモードをプレイしている方は、SQUARE ENIX e-STOREで販売中のダウンロード版に限り、3490円[税込]で購入可能)、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii Uプレミアムセット』は42000円[税込] ●Wii版:通常版は6980円[税込]、Wii USBメモリー同梱版は8980円[税込] ●Windows版:通常版、ダウンロード版ともに3990円[税込]、スペシャルパックは980
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁

(C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2013年9月9日時点のものです。