『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』プレイリポート その47

2012年8月2日に発売された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(以下、『DQX』)をプレイして、おもしろかった出来事や日々感じたことを、気ままに綴ります!

●称号“ゴールド女神”をゲット!

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です!

 預かり所に1000万ゴールドを預けることが取得条件の称号“ゴールド女神”(※男性キャラクターの場合は“ゴールド神”)をゲットしました!

▲称号によってふくびき券をもらえるクエストもあるので、称号は多ければ多いほどいい!

 と言っても、実際に自分で1000万ゴールドを貯めたわけではありません。フレンドたちでゴールドを持ち寄り、一時的に1000万ゴールドにして称号をゲットしたのです(ちょっとズルっぽいですが)。

 しかし、これで称号のために1000万ゴールドを貯めなくてよくなったのはデカい! 今後は気兼ねなくゴールドを使っていくことができます(´∀`)

★★★ ご注意! ★★★
ゴールドの貸し借りは自己責任で、必ず信頼できるフレンドとだけ行いましょう!

 あと、専用の立ちポーズになる称号ってありますよね。各職業レベル50到達時に獲得できる称号や、“ラッキーガール”などなど。これは俺が思っているだけかもしれないけど、あれ、称号と立ちポーズをそれぞれ別々に設定できるようにしたくありませんか? せっかく貴重な称号やおもしろい称号を獲得しても、お気に入りの立ちポーズにしたいから、しかたなく専用の称号を優先している人もいると思ったりするのです。いないですかね? 俺だけかなぁ(´・ω・`)

●悪霊の神々に初挑戦!

 さて、世間はドラゴンガイアで賑わっている昨今ですが、フレンドがふくびきで“悪霊の神々コイン”を3枚も引き当てたうえ、旅人バザーには出品せずに「みんなで行こう」と言ってくれたので、お言葉に甘えて悪霊の神々に挑戦してきました! ありがとう! 

 ちなみに、コイン提供者は“悪霊の神々”戦を経験済み、俺も含む残り3人は初挑戦です。

 “悪霊の神々コイン”を魔法の迷宮の種族神像に捧げると、アトラス、バズズ、ベリアルが3体同時に出現します。討伐に成功すると、低確率で顔アクセサリーの“悪霊の仮面”(※戦闘開始時6%で必殺チャージ)が入手できます。また、それ以外にも各ボスから入手できるアクセサリー“バトルチョーカー”、“ソーサリーリング”、“銀のロザリオ”も入手できる可能性があるようです。

 ……が、せっかく“悪霊の神々コイン”を使うからには、“悪霊の仮面”が欲しい! 性能的には職業を選ぶアクセサリーだと思いますが、魔法戦士と盗賊で遊ぶときは、とくに有用なんじゃないでしょうか。魔法使い、レンジャー、賢者あたりも、あるとうれしいですね~。

 さて、そんなこんなで、悪霊の神々に挑戦です! パーティ編成は、武闘家(俺)、スーパースター、僧侶、僧侶の4人。すでに多くのプレイヤーたちに知れ渡っている、安定の編成です。

 簡単に戦いかたを説明すると、スーパースターが“ボディガード”を呼び出しつつ耐えながら、ラリホーマでアトラスとベリアルを寝かせ続け、そのあいだに武闘家と僧侶ふたりでバズズを撃破する、という流れになります。もちろん、ラリホーマが効かないこともあるので、そこはお互いにフォローし合うなど、臨機応変に立ち回る必要があります。

▲戦闘開始後、アトラスとベリアルはしばらく動かず、バズズだけが即行動してきます。

 まずは、バズズを押しつつ“心頭滅却”でブレス耐性を上げます。

▲……が、いきなりバズズのツインクローで僧侶が戦闘不能! さらに立て続けでイオグランデという、なかなかの連携をしてきました。

▲いきなりボロボロになる我がパーティ(笑)。

▲そこからなんとか持ち直します。

 開幕こそ崩れそうになりましたが、何とかアトラスとべリアルを寝かせ、バズズのみと戦える状況になりました。あとは、通常のバズズ戦と同じように、タイガークローでダメージを与えていきます。

▲いい感じにオーガの胸がドアップだったので載せてみました。やはり武闘家の必殺技“一喝”は強力ですね!

 あと、バトルのポイントとしては、各ボスの怒り状態をできるだけ持続させないことも重要になります。「そろそろ敵のHPの色が変わるかな?」と思ったら、コマンド入力を少しだけ待ちつつ、相手の行動を確認しながら対応します。

▲コマンド入力可能な状態になっても、ちょっとだけ相手の動きを観察。これで、相手が怒り状態になっても、すぐに“ロストアタック”で鎮められます。

▲バズズを倒したら、もう勝ったも同然!

 無事にバズズを倒せたら、それまでと同じようにベリアルを寝かせながら、アトラスを倒していきます。この状態に持ち込めれば、ほぼ負けることはないと思います。

▲会心のタイガークローでアトラスをふっ飛ばしました。すげえ腕力(笑)。さあ残すはべリアルのみ!

▲ベリアルさまの勇姿。

▲ベリアルさま撃沈。目が怖いです。そして何気にチームクエストも達成!(笑)

▲おおー! レア宝箱からいろいろなアイテムが出た! これはアレか? もしかしてここで運使っちゃった系か!?

▲はい、予想通り、討伐報酬は“まほうのせいすい”でした(´Д⊂

 そんな感じで、計4戦(コイン1枚は購入)して全勝しましたが、まほうのせいすい×3が3回、銀のロザリオが1個でした。全部まほうのせいすいじゃなかっただけマシだけど、悪霊の仮面が欲しかった……。

 やはり出ないとなると、意地でもゲットしたくなりますね(笑)。コインを入手したら、またフレンドと挑戦しにいきたいと思います。

 以下、余談です。悪霊の神々と戦っていて思い出したのですが、ファミコン版『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』が発売された当時(※1987年)、俺は小学6年生でした。ゲーム大好き少年だった俺は、もちろんリアルタイムで楽しんでいました。そんなある日、「できるだけ低レベルでロンダルキアに行ってみよう!」と思い、最初から冒険をスタートしました。そして速攻でサマルトリアの王子とムーンブルクの王女を仲間にし、王女がレベル4でバギを覚えたら船を取りに。そこからは、“邪神の像”の中ボスなど、絶対に戦う必要のあるモンスターを除いてすべて逃げまくりです。命からがら“ロンダルキアのほこら”にたどり着いたときは、ローレシアの王子がレベル9、サマルトリアの王子がレベル7、ムーンブルクの王女がレベル5でした。子どもながらに、「どんなことでもがんばれば何とかなるもんなんだなぁ」と実感した瞬間でしたね。……と、ファミコン版『ドラゴンクエストII』を知らない人には、さっぱり意味のわからないことを書いてすみません!

 それでは、また次回!

■過去のプレイリポートはコチラ
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10
その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20
その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27 その28 その29 その30
その31 その32 その33 その34 その35 その36 その37 その38 その39 その40
その41 その42 その43 その44 その45 その46 


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 WiiWii / Wii UWii U / PCWindows
発売日 ●Wii U版:2013年3月30日発売 ●Wii版:2012年8月2日発売 ●Windows版:2013年9月26日発売予定
価格 ●Wii U版:通常版、ダウンロード版ともに6980円[税込] (Wii版ですでにオンラインモードをプレイしている方は、SQUARE ENIX e-STOREで販売中のダウンロード版に限り、3490円[税込]で購入可能)、『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン Wii Uプレミアムセット』は42000円[税込] ●Wii版:通常版は6980円[税込]、Wii USBメモリー同梱版は8980円[税込] ●Windows版:通常版、ダウンロード版ともに3990円[税込]、スペシャルパックは980
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ●ネットワーク対応 ●Wii UベーシックセットまたはWiiで遊ぶ場合は16GB以上のUSBメモリー必須 ●製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁

(C)2012, 2013 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2013年7月16日時点のものです。