『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』プレイリポート その28

2012年8月2日に発売された『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』(以下、『DQX』)をプレイして、おもしろかった出来事や日々感じたことを、気ままに綴ります!

●皆さんは、やり忘れていませんか?

 皆さんこんにちは、ゴジラ太田です。

 大型アップデート(3月5日予定)の実施まで秒読み段階に入り、ワクワクが止まらない今日このごろですが、ここにきて大事なことを思い出しました。

 そう、昨年末の大型アップデート時に実装されたクエスト“終を告げる姫”を、まだクリアーしていなかったのです! “終を告げる姫”は、次回の大型アップデート後には受注できなくなるという、期間限定クエストです。今後の新たなストーリーのプロローグ的な内容らしいので、絶対にプレイしておかなければ!

 さっそく、オルフェア地方西(C-4)のほら穴まで行き、そこにいる人物“マガメ”に話しかけてクエストを受注しました。ちなみに、“終を告げる姫”を受けるためには、同じくマガメから受けられるクエスト“やさしさのクスリ”をクリアーしておく必要があります(“やさしさのクスリ”も、期間限定クエストです)。

 受注後は、同じオルフェア地方西の東端にいる人物“サテラ”へ会いにいきましょう。

▲座標で説明すると、サテラは(G-4)の右下付近にいます。

▲チョッピ荒野に棲息しているヘルジュラシックから、大事なもの“星霜のしずく”を取ってきてほしいとのこと。

 チョッピ荒野には、メギストリス領の南東から移動できます。そこまでの道のりは、下の2通りあります。

<チョッピ荒野への行きかた>
・オルフェアの町→オルフェア地方西→風車の丘→メギストリス領→チョッピ荒野
・メギストリスの都→メギストリス領→チョッピ荒野

▲ヘルジュラシックは、かなりの強さのモンスターです。強力なブレス攻撃も使ってくるので、回復、蘇生、フバーハを使える僧侶は必須でしょう。

▲1匹倒したら、大事なもの“星霜のしずく”をゲットできました!

 運がよかったのか、それとも1匹倒せば必ず“星霜のしずく”を落とすのかはわかりませんが、チョッピ荒野には宿屋があるので、ルーラストーンを用意しておけば連戦も簡単だと思います。

 “星霜のしずく”を持ってサテラに話すと、これからアストルティアに起こる謎の予言を聞くことができます。気をつけたいのは、サテラと話した後、最後にマガメに報告しないとクエストクリアーにならない点でしょうか。忘れずに、マガメのところに戻りましょう。

●金策手段のひとつ、"強ボス"ツアー!

昨年末の大型アップデートで、強ボスからオーブを入手しやすくなる代わりに、それぞれの強ボスで入手できるオーブの数が1日1個までとなりました(それ以前は、オーブの出現率が低い代わりに、1日何回でも入手できました)。この変更のおかげで、短時間でも気楽に強ボスに挑めるようになり、オーブを旅人バザーに売ってゴールドも稼げるので、非常に多くのプレイヤーで賑わっています。

 そんなわけで、俺も金策手段として強ボスに挑戦してみました!

 強ボスに挑むときの一般的なパーティ構成は、大きく分けると“物理パーティ”、“魔法パーティ”の2種類があります。

■物理パーティの場合■
 一般的な構成は、武闘家、盗賊、魔法戦士、僧侶。武闘家と盗賊は、魔法戦士にバイキルトをかけてもらいタイガークローを連打。腕装備の錬金には、一定確率でルカニが発動するものがオススメ。魔法戦士は、バイキルトをかけたらMPパサーで仲間にMPを振り分けながら補助役に徹します。必殺技“マジックルーレット”でMPを回復できるチャンスもあるので、戦闘が安定します。

■魔法パーティの場合■
 一般的な構成は、パラディン、僧侶、魔法使い、魔法使い。パラディンが“ヘヴィチャージ”と“ウェイトブレイク”を使い、強ボスをひとりで押し込みながら、魔法使いが“魔力かくせい”をしつつの攻撃呪文で攻めていくというスタイルです。

 最近は物理パーティが流行っているのかよく見かけますが、今回は魔法パーティで挑んでみました。まず最初のターゲットは、怪蟲アラグネ強です!

 魔法パーティで怖いのは、戦闘開始後、パラディンがモンスターを押し込める状況に持ち込む前に、打たれ弱い魔法使いが倒されてしまうこと。今回、いきなりその状況に陥って大ピンチになりましたが、なんとか持ち直しました。

▲“ヘヴィチャージ”を使ったところで、いきなり魔法使いが戦闘不能に!

 態勢が安定した後は、パラディンがアラグネを押し込みながら“ウェイトブレイク”を当てていきます。

▲“ウェイトブレイク”はモンスターの重さを半分にする効果がある特技ですが、必ず発動するわけではありません。発動するまで、何回も当てていきます。

▲ついに“ウェイトブレイク”が発動!

▲“ウェイトブレイク”が発動したら、パラディンひとりでアラグネを簡単に押し込めるようになりました。このときのパラディンの重さは230ほどでしたが、スイスイ押しまくりです!

 ここまでくれば、アラグネをバトルエリアの隅まで押し込んで足止めしつつ、魔法使いに攻撃してもらうだけです。このときのパラディンは、コントローラーの左スティックを倒し続けてモンスターを押すよりも、オートラン状態にしておくと楽チンです。行動するとき以外は、自動で敵を押し続けてくれるので!(笑)

▲戦闘序盤は少し危なっかしいところもありましたが、持ち直してからは安定し、無事に撃破! 怒り状態の攻撃だけは非常に危険なので、“ロストアタック”で素早く怒りを鎮めましょう。

 そして、「意外と楽に倒せるぞ!」と調子に乗り、つぎは暴君バサグランデ強に挑戦。ところが……。

▲アラグネと同様、“ヘヴィチャージ”と“ウェイトブレイク”が決まれば、ひとりで押し込めることはできましたが、“闇のいなずま”でダウンを奪われ、その隙にバサグランデに動かれてしまいます。アラグネに比べると、安定して戦うのがかなり難しい感じ。

▲バサグランデのHPは、アラグネの2倍近くあるようなので、こちらのMPも足りなくなり、“まほうのせいすい”をガブ飲みしました。

▲なんとか勝利を収め、運よく1回でオーブを入手できたのでよかったですが、暴君バラグランデは倒すのが大変ですね……。

 強ボス戦は、とても緊張感のある戦いが楽しめるので、「まだやったことがないよ!」という人は、ぜひ挑戦してみてください!

 それでは、また次回!

■過去のプレイリポートはコチラ
その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17 その18 その19 その20 その21 その22 その23 その24 その25 その26 その27


ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン
メーカー スクウェア・エニックス
対応機種 WiiWii / Wii UWii U
発売日 WiiU版:2013年3月30日発売予定 Wii版:2012年8月2日発売
価格 Wii U版:6980円[税込] Wii版:通常版は6980円[税込]、Wii USBメモリー同梱版は8980円[税込]
ジャンル RPG / 冒険・ファンタジー
備考 ネットワーク対応、USBメモリー16GB以上必須、製作・開発:スクウェア・エニックス、ゼネラルディレクター:堀井雄二、キャラクターデザイン:鳥山明、音楽:すぎやまこういち、プロデューサー:齊藤陽介、ディレクター:藤澤仁

(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
※データはすべて2013年3月1日時点のものです。
※画面は開発中のものです。