だいだいは、PlayStation Vita向けダウンロード専用ソフト『Cure Mate Club』を、2013年3月に発売することを発表した。

●お嬢様と“男の娘”の学園クラブアドベンチャーがPS Vitaに登場!

 だいだいは、PlayStation Vita向けダウンロード専用ソフト『Cure Mate Club』を、2013年3月に発売することを発表した。
 本作は、PCゲームメーカー“あてゅ・わぁくす”が作成した同名のWindows用ソフトが原作の、学園を舞台とした純愛系のアドベンチャーゲーム。最大の特徴は“男の娘”になってしまった主人公と、学園内に存在する“クラブ”。ドキドキハラハラの女装シチュエーションと、クラブでのお嬢様たちとのふれあいの物語が楽しめる内容となっている。

<あらすじ>

 「私立秋桜女学院」 ――日本有数のお嬢様学園である。主人公の塚原浩人は、産休教師に代わって臨時に雇用された。
 赴任前日、彼は学院内で1つの改造教室を目撃してしまう。
 学生の、学生による、学生のための、憩いの場所。豪華絢爛、ハイソサエティな乙女の社交場「キュアメイトクラブ」。
 そのクラブのオーナーである少女、高嶺エリナとの不幸な出会いから、主人公の受難と、女装……?の日々が始まる。

<登場人物>

◆塚原 浩人(つかはら・ひろと)
本編の主人公。線が細く、女顔。秋桜女学院の臨時現国教師。別に化粧もしてないのに、女性のような綺麗な肌をしている。タバコは吸わない。運転免許持ち。たまたまキュアメイトクラブに踏み込んでしまったところから、無理やり加入させられ、女装する羽目となる。

◆高嶺 エリナ(たかみね・えりな)
2年A組。日本有数の資産家の娘で、キュアメイトクラブの設立者。頭脳明晰、容姿端麗、基本的には何でもできる。猪突猛進で、自分の思いや信念に忠実で、そのために周りを巻き込むのも厭わない。そのため、敵も少なくはないが、凛とした態度で臨む。思い立ったが吉日的な行動力は目を見張るものがあり、しかもそれをやり抜くパワーの持ち主。

◆藤沢 綾音(ふじさわ・あやね)
2年A組。音楽家の家系。金持ち度合は中の上程度。他の面々のような資産家ではないため、周りの金銭感覚にはついていけてない部分がある。エリナと共にキュアメイトクラブ初期メンバー。家庭的で、料理をはじめとした家事全般が上手。キュアクラ内で出されるクッキーやマフィン、スコーンなどといったお菓子は彼女の手製。

◆マリィ・ロンデルスタット・ハインブルーム
3年A組。学園内でも一、二を争う金持ち。キング・オブ・世間知らず。海外からの留学生であり、日本語はとても上手なのだが、誤用が多く、日本の認識もちょっと変。実はロンデルスタットという公国のお姫様なのだが。そのことは学院の上層部とエリナ以外は知らない。持ち前のポヤポヤ加減で、来る者全てを癒してくれる。

◆長谷部 巴(はせべ・ともえ)
2年B組。学園の風紀委員長。生真面目。擬似キャバクラであるキュアクラの存在を否定している。憎まれ口を叩き続けるものの、1回無料でご招待したところ、キュアクラの雰囲気に呑まれてしまい、すっかり常連に。


Cure Mate Club
メーカー だいだい
対応機種 PSVPlayStation Vita
発売日 2013年3月発売予定
価格 2500円[税込]
ジャンル アドベンチャー / 恋愛
備考 ダウンロード販売専用( PlayStation Store )